メニュー
Amazon Simple Storage Service
開発者ガイド (API Version 2006-03-01)

署名付き URL を使用したオブジェクトのアップロード

署名付き URL の作成者がそのオブジェクトへのアクセス許可を持っている場合、署名付き URL を使用して、URL で識別されるオブジェクトにアクセスすることができます。つまり、オブジェクトをアップロードするための署名付き URL を受け取った場合、オブジェクトをアップロードすることができるのは、署名付き URL の作成者がそのオブジェクトをアップロードするのに必要な権限を持っている場合のみです。

デフォルトでは、すべてのオブジェクトおよびバケットはプライベートです。署名付き URL は、ユーザー/顧客が特定のオブジェクトをバケットにアップロードできるようにする必要があるが、AWS セキュリティ証明書またはアクセス許可を持つことを求めない場合に有用です。署名付き URL を作成するときは、セキュリティ認証情報を提供し、バケット名、オブジェクトキー、HTTP メソッド(オブジェクトのアップロードの PUT)、および有効期限の日時を指定する必要があります。署名付き URL は、指定した期間のみ有効です。

AWS SDK for Java または AWS SDK for .NET のプログラムを使用して、署名付き URL を生成することができます。Visual Studio を使用する場合は、AWS Explorer を使用して、コードを記述せずに署名付きオブジェクト URL を生成することもできます。有効な署名付き URL を受け取ったすべてのユーザーが、オブジェクトをプログラムでアップロードすることができます。

詳細については、「Using Amazon S3 from AWS Explorer」を参照してください。

AWS Explorer をインストールする方法については、「AWS SDK と Explorer の使用」を参照してください。

注記

有効なセキュリティ認証情報を持つすべてのユーザーが、署名付き URL を作成できます。ただし、オブジェクトを正常にアップロードするには、署名付き URL の基となるオペレーションを実行する権限を持つユーザーが、署名付き URL を作成する必要があります。