メニュー
Amazon Simple Storage Service
開発者ガイド (API Version 2006-03-01)

Amazon S3 オブジェクトの使用

Amazon S3 はできる限り多くのオブジェクトを格納するように設計された、キーと値のためのシンプルなストアです。オブジェクトは 1 つ以上のバケットに格納します。オブジェクトの構成要素を以下に示します。

  • キー – オブジェクトに割り当てる名前です。オブジェクトを取得するには、オブジェクトキーを使用します。

    詳細については、オブジェクトキーとメタデータを参照してください。

  • バージョン ID – バケット内ではキーとバージョン ID によってオブジェクトが一意に識別されます。

    バージョン ID は、バケットにオブジェクトを追加すると Amazon S3 によって生成される文字列です。詳細については、「オブジェクトのバージョニング」を参照してください。

  • – 格納するコンテンツです。

    オブジェクトの値は任意のバイトシーケンスです。オブジェクトのサイズは、0 から 5 TB までの範囲です。詳細については、「オブジェクトのアップロード」を参照してください。

  • メタデータ – オブジェクトに関する情報を格納するために使用できる名前と値のペアのセットです。

    Amazon S3 内のオブジェクトには、ユーザー定義メタデータと呼ばれるメタデータを割り当てることができます。Amazon S3 では、オブジェクトの管理目的で使用されるシステムメタデータもオブジェクトに割り当てられます。詳細については、「オブジェクトキーとメタデータ」を参照してください。

  • サブリソース – Amazon S3 では、オブジェクト固有の追加情報を格納するためにサブリソースメカニズムを使用します。

    サブリソースはオブジェクトの従属物なので、オブジェクトやバケットといった他のエンティティに常に関連付けられます。詳細については、「オブジェクトのサブリソース」を参照してください。

  • アクセスコントロール情報 – Amazon S3 に格納するオブジェクトへのアクセスはコントロールできます。

    Amazon S3 は、アクセスコントロールリスト(ACL)、バケットポリシーなどのリソースベースのアクセスコントロールと、ユーザーベースのアクセスコントロールをサポートしています。詳細については、「Amazon S3 リソースへのアクセス許可の管理」を参照してください。

オブジェクトの操作方法の詳細については、以下のセクションを参照してください。Amazon S3 リソース(バケットやオブジェクトなど)はデフォルトでプライベートです。他のユーザーがそれらのリソースにアクセスできるようにするには、明示的にアクセス許可を与える必要があります。例えば、ウェブサイトで、Amazon S3 バケットに保存されている動画や写真を共有したい場合などです。その場合、オブジェクトをパブリックにするか、ウェブサイトで署名付き URL を使用する必要があります。オブジェクトの共有の詳細については、「他ユーザーとのオブジェクトの共有」を参照してください。