S3 バッチオペレーション の実行 - Amazon Simple Storage Service

S3 バッチオペレーション の実行

S3 バッチオペレーションを使用すると、Amazon S3 のオブジェクトに対して大規模なバッチオペレーションを実行できます。S3 バッチオペレーションは、指定した Amazon S3 のオブジェクトのリストに対して 1 つのオペレーションを実行できます。単一のジョブは、エクサバイトのデータがある何十億というオブジェクトで指定したオペレーションを実行できます。Amazon S3 は、進捗状況の追跡、通知の送信、全アクションの詳細な完了レポートの保存を行い、完全マネージド型で監査可能なサーバーレスのサービスを提供します。AWS マネジメントコンソール、AWS CLI、AWS SDK、または REST API から、S3 バッチオペレーション を使用できるようになりました。

S3 バッチオペレーション を使用して、オブジェクトのコピーやオブジェクトのタグ付けあるいはアクセスコントロールリスト (ACL) を設定します。また、Amazon S3 Glacier からオブジェクトの復元を開始したり、AWS Lambda 関数を呼び出してオブジェクトを使用してカスタムアクションを実行することもできます。オブジェクトのカスタムリストに対してこれらのオペレーションを実行したり、Amazon S3 インベントリレポートを使用してオブジェクトの最大リストを生成することもできます。Amazon S3 バッチオペレーション は Amazon S3 ですでに使用したものと同じ Amazon S3 API を使用するため、使い慣れたインターフェイスを使用できます。

用語

このセクションでは、次のように定義されるジョブオペレーション、およびタスクの用語を使用します。

ジョブ

ジョブは、S3 バッチオペレーション の機能の基本単位です。ジョブには、マニフェストにリストされているオブジェクトに対して指定されたオペレーションを実行するために必要なすべての情報が含まれています。この情報を入力してからジョブの開始をリクエストすると、ジョブはマニフェスト内の各オブジェクトにおいてオペレーションを実行します。

オペレーション

オペレーションは、バッチオペレーションのジョブで実行する API アクションのタイプ (オブジェクトのコピーなど) です。各ジョブは、マニフェストで指定されているすべてのオブジェクトに対して 1 種類のオペレーションを実行します。

タスク

タスクは、ジョブ実行の単位です。タスクは、単一のオブジェクトでジョブのオペレーションを実行するための Amazon S3 または AWS Lambda API オペレーションへの単一の呼び出しを表します。ジョブが存続している間、S3 バッチオペレーション は、マニフェストで指定された各オブジェクトに対して 1 つのタスクを作成します。