メニュー
Amazon Simple Storage Service
開発者ガイド (API Version 2006-03-01)

レプリケートするものと、しないもの

このセクションでは、バケットにレプリケーション設定を追加した後、Amazon S3 が何をレプリケートし、何をレプリケートしないかを説明します。

レプリケートするもの

Amazon S3 は以下をレプリケートします。

  • レプリケーション設定を追加した後、作成された新しいオブジェクト。例外については、次のセクションで説明します。

     

  • 暗号化されていないオブジェクトに加えて、Amazon S3 は Amazon S3 で管理された暗号化キーを使用し、サーバー側の暗号化で作成されたオブジェクトをレプリケートします。オブジェクトのレプリケートされたコピーは、Amazon S3 で管理された暗号化キーを使用してサーバー側の暗号化で暗号化されます。

     

  • Amazon S3 は、オブジェクトとともにオブジェクトメタデータもレプリケートします。

     

  • Amazon S3 は、バケット所有者がオブジェクトの読み取り権限とアクセスコントロールリスト (ACL) の読み取り権限を持つ、レプリケート元バケットのオブジェクトのみをレプリケートします。リソース所有者の詳細については「リソース所有者について」を参照してください。

     

  • クロスアカウントのシナリオでレプリカの所有権を変更するよう Amazon S3 に指示しない限り、オブジェクト ACL の更新はすべてレプリケートされます (「クロスリージョンレプリケーション追加設定: レプリカの所有者の変更」を参照してください)。

     

    ただし、Amazon S3 が 2 つの ACL を同期するまでに遅延が生じる可能性があります。これは、バケットにレプリケーション設定を追加した後に作成されたオブジェクトにのみ適用されます。

     

  • オブジェクトタグがある場合、Amazon S3 はオブジェクトタグをレプリケートします。

削除オペレーションとクロスリージョンレプリケーション

レプリケート元バケットからオブジェクトを削除した場合、クロスリージョンレプリケーションの動作は次のようになります。

  • DELETE リクエストでオブジェクトバージョン ID が指定されていない場合、Amazon S3 は削除マーカーを追加し、クロスリージョンレプリケーションはそれをレプリケート先バケットにレプリケートします。 バージョニングと削除マーカーの詳細については、「バージョニングの使用」を参照してください。

     

  • DELETE リクエストで削除する特定のオブジェクトバージョン ID が指定されている場合、Amazon S3 はレプリケート元バケットにあるそのオブジェクトバージョンを削除しますが、その削除はレプリケート先バケットにレプリケートされません(言い換えれば、レプリケート先バケットから同じオブジェクトバージョンは削除されません)。 この動作は悪意のある削除からデータを保護します。

レプリケートしないもの

Amazon S3 は以下をレプリケートしません。

  • Amazon S3 は、レプリケーション設定を追加する前に存在したオブジェクトをさかのぼってレプリケートしません。

     

  • 次の暗号化されたオブジェクトはレプリケートされません。

    • お客様が用意した (SSE-C) 暗号化キーを使用し、サーバー側の暗号化で作成されたオブジェクト。

    • このオプションを明示的に有効にしない限り、AWS KMS で管理された暗号化 (SSE-KMS) キーを使用して、サーバー側の暗号化で作成されたオブジェクト。

    サーバーサイドの暗号化の詳細については、「サーバー側の暗号化を使用したデータの保護」を参照してください。

     

  • バケット所有者にアクセス権限が付与されていないレプリケート元バケットのオブジェクト。これは、オブジェクト所有者がバケット所有者と異なる場合に起こります。オブジェクト所有者がバケット所有者に許可を付与する方法の詳細については、「バケット所有者はフルコントロール権限を持ちながら、オブジェクトをアップロードするクロスアカウントアクセス許可を付与する」を参照してください。

     

  • バケットレベルのサブリソースの更新はレプリケートされません。 たとえば、レプリケート元バケットでライフサイクル設定を変更するか、またはレプリケート元バケットに通知設定を追加することができます。これらの変更はレプリケート先バケットには適用されません。このため、レプリケート元バケットとレプリケート先バケットでバケット設定を変えることができます。

     

  • 顧客のアクションだけレプリケートされます。 ライフサイクル設定で実行されたアクションはレプリケートされません。 ライフサイクル設定についての詳細は、「オブジェクトのライフサイクル管理」を参照してください。

     

    たとえば、ライフサイクル設定がレプリケート元バケットでのみ有効である場合、Amazon S3 は失効したオブジェクトに削除マーカーを作成しますが、その削除マーカーはレプリケートされません。 ただし、両方のバケットに同じライフサイクル設定を適用する場合は、レプリケート元バケットとレプリケート先バケットの両方で同じライフサイクル設定にすることができます。

     

  • レプリケート元バケットのオブジェクトが、別のクロスリージョンレプリケーションによって作成されたレプリカである場合、そのオブジェクトはレプリケートされません。

     

    バケット A がレプリケート元でバケット B がレプリケート先であるクロスリージョンレプリケーションを設定したとします。ここで、バケット B がレプリケート元でバケット C がレプリケート先である別のクロスリージョンレプリケーションを追加したとします。この場合、バケット A のオブジェクトのレプリカであるバケット B のオブジェクトは、バケット C にレプリケートされません。

クロスリージョンレプリケーション (CRR)

クロスリージョン レプリケーションのセットアップ

クロスリージョンレプリケーションのステータスの検索