Amazon Simple Storage Service
開発者ガイド (API バージョン 2006-03-01)

クロスリージョンレプリケーション

クロスリージョンレプリケーション (CRR) は、異なる AWS リージョンにあるバケット間でオブジェクトを自動的に非同期コピーできます。クロスリージョンレプリケーション用に設定されたバケットは、同じ AWS アカウントが所有することも、異なるアカウントが所有することもできます。

クロスリージョンレプリケーションはバケットレベルの設定で有効になります。レプリケーション設定をソースバケットに追加します。最小設定では、以下の項目を指定します。

  • Amazon S3 にオブジェクトをレプリケートするレプリケート先バケット。

  • Amazon S3 がユーザーに代わってオブジェクトをレプリケートするために引き受けることができる AWS IAM ロール

追加の設定オプションが利用可能です。

CRR を使用する場合

クロスリージョンレプリケーションは、次のことに役立ちます。

  • コンプライアンス要件への準拠 — Amazon Amazon S3 はデフォルトで地理的に離れた複数のアベイラビリティーゾーンにデータを保存しますが、コンプライアンス要件によっては、さらに離れた場所にデータを保存することが要求される場合があります。クロスリージョンレプリケーションでは、データを遠く離れた AWS リージョンにレプリケートできるため、そのような要件を満たせるようになります。

     

  • レイテンシーの最小化 — 顧客が地理的に別々の 2 つの場所にいる場合は、地理的にユーザーにより近い AWS リージョンにオブジェクトのコピーを保持することで、オブジェクトにアクセスする際のレイテンシーを最小にすることができます。

     

  • 運用効率の向上 — コンピューティングクラスターが 2 つの異なる AWS リージョンに存在していて同じオブジェクトセットを分析している場合、それらのリージョンでオブジェクトコピーを維持することができます。

     

  • 異なる所有者のもとでオブジェクトのコピーを保持する — ソースオブジェクトの所有者に関係なく、レプリカの所有権をレプリケート先バケットを所有する AWS アカウントに変更するように Amazon S3 に指示できます。これは所有者オーバーライドオプションと呼ばれます。このオプションを使用すると、オブジェクトのレプリカへのアクセスを制限できます。

CRR の要件

クロスリージョンレプリケーションには以下が必要です。

  • ソースバケットの所有者は、自分のアカウントに対して送信元と送信先の AWS リージョンを有効にする必要があります。送信先バケットの所有者は、自分のアカウントに対して送信先リージョンを有効にする必要があります。AWS リージョンを有効または無効にする方法の詳細については、「AWS General Reference」の「 リージョンとエンドポイント 」を参照してください。

  • レプリケート元とレプリケート先の両方のバケットで、バージョニングを有効にする必要があります。

  • レプリケート元とレプリケート先のバケットは、異なる AWS リージョンに存在する必要があります。

  • Amazon S3 には、ユーザーに代わってレプリケート元バケットのオブジェクトをレプリケート先バケットにレプリケートするアクセス許可が必要です。

  • ソースバケット所有者がバケット内のオブジェクトを所有していない場合、オブジェクト所有者は、オブジェクトアクセス今ロールリスト ( ACL) を使用して、バケット所有者に READ 権限と READ_ACP 権限を付与する必要があります。詳細については、「ACL によるアクセス管理」を参照してください。

詳細については、「CRR 設定の概要」を参照してください。

異なる AWS アカウントがレプリケート元バケットとレプリケート先バケットを所有しているクロスアカウントのシナリオでレプリケーション設定を設定している場合は、次の追加の要件が適用されます。

このページの内容: