S3 Replication Time Control (S3 RTC) を使用してコンプライアンス要件を満たす - Amazon Simple Storage Service

このガイドは更新されていません。最新の情報と手順については、新しい Amazon S3 ユーザーガイドを参照してください。

S3 Replication Time Control (S3 RTC) を使用してコンプライアンス要件を満たす

S3 Replication Time Control (S3 RTC) では、データレプリケーションに関するコンプライアンス要件 (またはビジネス要件) への対応をサポートします。また、Amazon S3 レプリケーション時間を可視化します。S3 RTC は、Amazon S3 にアップロードしたほとんどのオブジェクトを数秒でレプリケートし、これらのオブジェクトの 99.99% を 15 分以内にレプリケートします。

S3 RTC に含まれているレプリケーションメトリクスを使用すると、レプリケーションを保留している S3 API オペレーションの合計数、レプリケーションを保留しているオブジェクトの合計サイズ、レプリケート先リージョンへの最大レプリケーション時間をモニタリングできます。

S3 RTC を使用すると、まれなケースとして、オブジェクトが 15 分以内にレプリケートされなかったとき、またこれらのオブジェクトがレプリケート先リージョンに正常にレプリケートされたときに、Amazon S3 イベントから通知を受け取ることができます。Amazon S3 イベントは、Amazon SQS、Amazon SNS、または AWS Lambda.を通じて利用できます。詳細については、「 Amazon S3 イベント通知の設定」を参照してください。

S3 レプリケーション時間コントロールの有効化

新しいレプリケーションルールまたは既存のレプリケーションルールで S3 Replication Time Control (S3 RTC) の使用を開始できます。レプリケーションルールを S3 バケット全体に適用するか、特定のプレフィックスやタグを持つ Amazon S3 オブジェクトに適用するかを選択できます。S3 RTC を有効にすると、レプリケーションルールでレプリケーションメトリクスも有効になります。

S3 Replication Time Control (S3 RTC) が指定されているレプリケーション設定は、最新の XML V2 に書き込まれます。XML V2 のレプリケーション設定は、ルールの Filter 要素を含む設定です。V2 のレプリケーション設定では、Amazon S3 は削除マーカーをレプリケートしません。したがって、DeleteMarkerReplication 要素を Disabled に設定する必要があります。

注記

レプリケーションメトリクスは、Amazon CloudWatch カスタムメトリクスと同じレートで請求されます。詳細については、「Amazon CloudWatch の料金」を参照してください。

Replication Time Control は、Amazon S3 コンソールAmazon S3 APIAWS SDKAWS コマンドラインインターフェイス (AWS CLI) を使用して設定できます。

S3 RTC を使用したルールの作成の詳細については、「レプリケーションのチュートリアル: S3 RTC の設定」を参照してください。

レプリケーションメトリクスの概要

S3 Replication Time Control (S3 RTC) が有効なレプリケーションルールは、レプリケーションメトリクスをパブリッシュします。レプリケーションメトリクスを使用すると、レプリケーションを保留している S3 API オペレーションの合計数、レプリケーションを保留しているオブジェクトの合計サイズ、およびレプリケート先リージョンへの最大レプリケーション時間をモニタリングできます。次に、個別にレプリケートする各データセットをモニタリングできます。

レプリケーションメトリクスは、S3 RTC が有効になってから 15 分以内に使用できます。レプリケーションメトリクスは、Amazon S3 コンソールAmazon S3 APIAWS SDKAWS コマンドラインインターフェイス (AWS CLI)Amazon CloudWatch から利用できます。詳細については、「Amazon CloudWatch によるメトリクスのモニタリング」を参照してください。

Amazon S3 コンソールを使用したレプリケーションメトリクスの検索の詳細については、Amazon Simple Storage Service コンソールユーザーガイドの「レプリケーションメトリクスの表示方法」を参照してください。

Amazon S3 イベント通知の使用によるレプリケーションオブジェクトの追跡

S3 Replication Time Control (S3 RTC) が発行する特定のイベント通知をモニタリングすることで、15 分以内にレプリケートされなかったオブジェクトのレプリケーション時間を追跡できます。これらのイベントは、S3 RTC を使用したレプリケーションの対象であったオブジェクトが 15 分以内にレプリケートされなかったときや、そのオブジェクトがレプリケート先リージョンにレプリケートされたときに発行されます。

レプリケーションイベントは、S3 RTC が有効になってから 15 分以内に使用できます。Amazon S3 イベントは、Amazon SQS、Amazon SNS、または AWS Lambda.を通じて利用できます。詳細については、「Amazon S3 イベント通知の設定」を参照してください。