Amazon Simple Storage Service
開発者ガイド (API バージョン 2006-03-01)

Amazon S3 での耐障害性

AWS のグローバルインフラストラクチャはリージョンとアベイラビリティーゾーンを中心として構築されます。AWS リージョンでは、複数の物理的に独立して隔離されたアベイラビリティーゾーンが、低レイテンシー、高スループット、高冗長性のネットワークにより接続されています。これらのアベイラビリティーゾーンを利用すると、アプリケーションとデータベースを効率的に設計して運用できます。アベイラビリティーゾーンは、従来の単一データセンターのインフラストラクチャや複数データセンターのインフラストラクチャよりも可用性、耐障害性、および拡張性が優れています。特に地理的に離れた場所間でデータをレプリケートする必要がある場合は、クロスリージョンレプリケーション を使用できます。これにより、さまざまな AWS リージョンにあるバケット間でオブジェクトを自動的に非同期コピーできます。

各 AWS リージョンには、複数のアベイラビリティーゾーンがあります。耐障害性と低レイテンシーのために、同じリージョン内の複数のアベイラビリティーゾーンにアプリケーションをデプロイできます。アベイラビリティーゾーンは高速なプライベート光ファイバーネットワーキングで相互に接続されているため、アプリケーションがアベイラビリティーゾーン間で中断なく自動的にフェイルオーバーできるようなアーキテクチャを簡単に設計できます。

AWS リージョンとアベイラビリティーゾーンの詳細については、「AWS グローバルインフラストラクチャ」を参照してください。

Amazon S3 では、AWS グローバルインフラストラクチャに加えて、データの耐障害性とバックアップのニーズに対応できるように複数の機能を提供しています。

ライフサイクル設定

ライフサイクル設定は、Amazon S3 がオブジェクトのグループに適用するアクションを定義する一連のルールです。ライフサイクル設定ルールを使用すると、オブジェクトのより安価なストレージクラスへの移行、アーカイブ、削除を Amazon S3 に指定できます。詳細については、「オブジェクトのライフサイクル管理」を参照してください。

バージョニング

バージョニングとは、同じバケット内でオブジェクトの複数のバリアントを保持する手段です。バージョニングを使用して、Amazon S3 バケットに保存されたあらゆるオブジェクトのあらゆるバージョンを保存、取得、復元することができます。バージョニングを使用すれば、意図しないユーザーアクションからもアプリケーション障害からも、簡単に復旧できます。詳細については、「バージョニングの使用」を参照してください。

Amazon S3 オブジェクトロック

Amazon S3 では、Write Once Read Many (WORM) モデルを使用してオブジェクトを保存できます。Amazon S3 オブジェクトロックを使用すると、オブジェクトが固定期間または無期限に削除または上書きされるのを防止できます。Amazon S3 オブジェクトロックを使用して、WORM ストレージを必要とする規制要件を満たしたり、オブジェクトの変更や削除に対する保護レイヤーを追加したりできます。詳細については、「Amazon S3 オブジェクトロックを使用したオブジェクトのロック」を参照してください。

ストレージクラス

Amazon S3 では保存するオブジェクト用の幅広いストレージクラスが提供されています。これらのストレージクラスのうちの 2 つ (STANDARD_IA と ONEZONE_IA) は、バックアップなど、存続期間が長くアクセス頻度の低いデータ用に設計されています。GLACIER ストレージクラスを使用して、リアルタイムでアクセスする必要がないオブジェクトをアーカイブすることもできます。詳細については、「Amazon S3 ストレージクラス」を参照してください。

以下のセキュリティのベストプラクティスも耐障害性に対処します。

Amazon S3 バックアップの暗号化

Amazon S3 を使用してバックアップを保存している場合、バックアップの暗号化はそれらのバケットの設定によって異なります。Amazon S3 は、S3 バケットのデフォルトの暗号化動作を設定する手段を提供します。バケットにデフォルト暗号化を設定して、バケットに保存される際すべてのオブジェクトが暗号化されるようにします。デフォルト暗号化は、AWS KMS 管理のキー (SSE-KMS) をサポートしています。詳細については、「 S3 バケットの Amazon S3 デフォルト暗号化」を参照してください。

このページの内容: