Amazon Simple Storage Service
開発者ガイド (API バージョン 2006-03-01)

リクエスト率およびパフォーマンスのガイドライン

Amazon S3 は高いリクエスト率に自動的にスケールされます。たとえば、アプリケーションでバケット内のプレフィックスごとに 1 秒あたり 3,500 回以上の PUT/POST/DELETE リクエストと 5,500 回以上の GET リクエストを達成できます。バケット内のプレフィックスの数に制限はありません。読み取り/書き込みパフォーマンスを指数関数的に上げるのは簡単です。たとえば、Amazon S3 バケットに 10 個のプレフィックスを作成して読み取りを並列化すると、読み取りパフォーマンスを 1 秒あたり 55,000 回の読み取りリクエストにスケールできます。

Amazon S3 ワークロードで AWS Key Management Service (SSE-KMS) によるサーバー側暗号化を使用している場合、ユースケースでサポートされるリクエスト率については、AWS Key Management Service Developer Guide の「AWS KMS の制限」を参照してください。

大量の GET を使用するワークロード

お客様のワークロードが主に GET リクエストを送信することである場合は、パフォーマンスを最適化するために、前述のガイドラインに加えて、Amazon CloudFront の使用を検討してください。CloudFront を Amazon S3 と合わせて使用することで、短いレイテンシーと速いデータ転送速度でユーザーにコンテンツを配信することができます。また、Amazon S3 に送信する直接リクエストが少なくなり、コストが削減されます。

たとえば、使用頻度の高い少数のオブジェクトがあるとします。CloudFront は、このようなオブジェクトを Amazon S3 から取得してキャッシュします。これにより、CloudFront はキャッシュを使用してオブジェクトに対する後続のリクエストを処理できるようになるため、Amazon S3 に送信する GET の数が削減されます。詳細については、Amazon CloudFront の製品詳細ページを参照してください。