メニュー
Amazon Simple Storage Service
開発者ガイド (API Version 2006-03-01)

AWS CLI を使用したライフサイクル設定の設定

次の AWS CLI コマンドを使用して、ライフサイクル設定を管理できます。

  • put-bucket-lifecycle-configuration

  • get-bucket-lifecycle-configuration

  • delete-bucket-lifecycle

AWS CLI のセットアップ手順については「AWS CLI のセットアップ」を参照してください。

Amazon S3 ライフサイクル設定は XML ファイルである点に注意してください。ただし、CLI を使用する場合、XML を指定できないため、代わりに JSON を指定する必要があります。サンプル XML ライフサイクル設定と、AWS CLI コマンドで指定できる同等の JSON を以下に示します。

  • 次のサンプルライフサイクル設定を検討してください。

    Copy
    <LifecycleConfiguration> <Rule> <ID>ExampleRule</ID> <Filter> <Prefix>documents/</Prefix> </Filter> <Status>Enabled</Status> <Transition> <Days>365</Days> <StorageClass>GLACIER</StorageClass> </Transition> <Expiration> <Days>3650</Days> </Expiration> </Rule> </LifecycleConfiguration>

    同等の JSON は次のとおりです。

    Copy
    { "Rules": [ { "Filter": { "Prefix": "documents/" }, "Status": "Enabled", "Transitions": [ { "Days": 365, "StorageClass": "GLACIER" } ], "Expiration": { "Days": 3650 }, "ID": "TestOnly" } ] }
  • 次のサンプルライフサイクル設定を検討してください。

    Copy
    <LifecycleConfiguration xmlns="http://s3.amazonaws.com/doc/2006-03-01/"> <Rule> <ID>id-1</ID> <Expiration> <Days>1</Days> </Expiration> <Filter> <And> <Prefix>myprefix</Prefix> <Tag> <Key>mytagkey1</Key> <Value>mytagvalue1</Value> </Tag> <Tag> <Key>mytagkey2</Key> <Value>mytagvalue2</Value> </Tag> </And> </Filter> <Status>Enabled</Status> <Transition> <Days>365</Days> <StorageClass>GLACIER</StorageClass> </Transition> </Rule> </LifecycleConfiguration>

    同等の JSON は次のとおりです。

    Copy
    { "Rules": [ { "ID": "id-1", "Filter": { "And": { "Prefix": "myprefix", "Tags": [ { "Value": "mytagvalue1", "Key": "mytagkey1" }, { "Value": "mytagvalue2", "Key": "mytagkey2" } ] } }, "Status": "Enabled", "Expiration": { "Days": 1 } } ] }

次のように put-bucket-lifecycle-configuration をテストできます。

  1. JSON ライフサイクル設定をファイル (lifecycle.json) に保存します。

  2. 次の AWS CLI コマンドを実行して、バケットにライフサイクル設定を指定します。

    Copy
    $ aws s3api put-bucket-lifecycle-configuration  \ --bucket bucketname  \ --lifecycle-configuration file://lifecycle.json
  3. 確認するには、次のように get-bucket-lifecycle-configuration AWS CLI コマンドを使用してライフサイクル設定を取得します。

    Copy
    $ aws s3api get-bucket-lifecycle-configuration  \ --bucket bucketname
  4. ライフサイクル設定を削除するには、次のように delete-bucket-lifecycle AWS CLI コマンドを使用します。

    Copy
    aws s3api delete-bucket-lifecycle \ --bucket bucketname