バージョニングが有効なバケットへのオブジェクトの追加 - Amazon Simple Storage Service

バージョニングが有効なバケットへのオブジェクトの追加

バケットでバージョニングを有効にすると、Amazon S3 は (PUTPOST、または COPY を使用して) バケットに保存されたすべてのオブジェクトに、一意のバージョン ID を自動的に追加します。

次の図は、バージョニングが有効なバケットにオブジェクトが追加されたときに、Amazon S3 がそのオブジェクトに一意のバージョン ID を追加する方法を示しています。

注記

Amazon S3 が割り当てるバージョン ID の値は URL セーフです(URI の一部として含めることができます)。

バージョニングの詳細については、S3 バケットでのバージョニングの使用 を参照してください。バージョニングが有効なバケットにオブジェクトバージョンを追加するときは、コンソール、AWS SDK、REST API を使用します。

手順については、「オブジェクトのアップロード」を参照してください。

AWS SDK for Java、.NET、PHP を使用してオブジェクトをアップロードする例については、「オブジェクトのアップロード」を参照してください。バージョニングが設定されていないバケットでも、バージョニングが有効なバケットでもオブジェクトをアップロードする例は同じです。ただし、バージョニングが有効なバケットでは、Amazon S3 によってバージョン番号が割り当てられます。それ以外の場合、バージョン番号は null になります。

他の AWS SDK の使用の詳細については、「AWS デベロッパーセンター」を参照してください。

バージョニングが有効なバケットにオブジェクトを追加するには

  1. PUT Bucket versioning リクエストを使用して、バケットでバージョニングを有効にします。

    詳細については、Amazon Simple Storage Service API リファレンスの「PutBucketVersioning」を参照してください。

  2. PUTPOST、または COPY リクエストを送信して、バケットにオブジェクトを格納します。

バージョニングが有効なバケットにオブジェクトを追加すると、Amazon S3 は、次の例に示す通り、x-amz-version-id レスポンスヘッダーでオブジェクトのバージョン ID を返します。

x-amz-version-id: 3/L4kqtJlcpXroDTDmJ+rmSpXd3dIbrHY