バケット間での削除マーカーのレプリケーション - Amazon Simple Storage Service

バケット間での削除マーカーのレプリケーション

デフォルトでは、Amazon S3 レプリケーションが有効で、レプリケーション元バケットでオブジェクトが削除されると、Amazon S3 はレプリケート元バケットにのみ削除マーカーを追加します。この動作で、悪意のある削除からデータを保護します。

削除マーカーレプリケーションが有効になっている場合、これらのマーカーはレプリケート先バケットにコピーされ、Amazon S3 はオブジェクトがレプリケート元バケットとレプリケート先バケットの両方で削除されたように動作します。削除マーカーの動作の詳細については、削除マーカーの使用をご参照ください。

注記

削除マーカーレプリケーションは、タグベースのレプリケーションルールではサポートされていません。削除マーカーレプリケーションは、S3 Replication Time Control の使用時に付与された 15 分間の SLA にも準拠しません。

レプリケーション設定の最新バージョンを使用していない場合、削除操作はレプリケーションに異なる影響を与えます。詳細については、「削除オペレーションがレプリケーションに与える影響」を参照してください。

削除マーカーレプリケーションの有効化

新規または既存のレプリケーションルールで、削除マーカーレプリケーションの使用を開始できます。削除マーカーレプリケーションは、S3 バケット全体に適用することも、特定のプレフィックスを持つ Amazon S3 オブジェクトに適用することもできます。

Amazon S3 コンソールを使用して削除マーカーレプリケーションを有効にするには、S3 コンソールの使用をご参照ください。このトピックでは、バケットが同じまたは異なる AWS アカウント によって所有されている場合に、レプリケーション設定で削除マーカーレプリケーションを有効にする手順について説明します。

AWS Command Line Interface (AWS CLI) を使用して削除マーカーレプリケーションを有効にするには、DeleteMarkerReplication が有効になっているレプリケート元バケットにレプリケーション設定を追加する必要があります。

次の設定例では、Tax というプレフィクスの下にあるオブジェクトのレプリケート先バケットである DOC-EXAMPLE-BUCKET に、削除マーカーがレプリケートされます。

{ "Rules": [ { "Status": "Enabled", "Filter": { "Prefix": "Tax" }, "DeleteMarkerReplication": { "Status": "Enabled" }, "Destination": { "Bucket": "arn:aws:s3:::DOC-EXAMPLE-BUCKET" }, "Priority": 1 } ], "Role": "IAM-Role-ARN" }

AWS CLI を使用してレプリケーションルールを作成する手順については、レプリケーションのチュートリアルセクションの 同じアカウントが所有するレプリケート元バケットとレプリケート先バケットのレプリケーションの設定 を参照してください。