Amazon EventBridge を有効にします - Amazon Simple Storage Service

Amazon EventBridge を有効にします

S3 コンソール AWS Command Line Interface (AWS CLI)、または Amazon S3 REST API を使用して Amazon EventBridge を有効にできます。

S3 コンソールで EventBridge イベント配信を有効にします。
  1. AWS Management Console にサインインし、Amazon S3 コンソール (https://console.aws.amazon.com/s3/) を開きます。

  2. [Buckets (バケット)] リストで、イベントを有効にするバケットの名前を選択します。

  3. [Properties] (プロパティ) を選択します。

  4. イベント通知セクションに移動し、Amazon EventBridge サブセクションを見つけます。[編集] を選択します。

  5. このバケット内のすべてのイベント用の Amazon EventBridge に通知を送信するの下にある On を選択します。

    注記

    EventBridge を有効にすると、変更が適用されるまで約 5 分かかります。

次の例では、DOC-EXAMPLE-BUCKET1 Amazon EventBridge が有効であるバケットのバケット通知設定を作成します。

aws s3api put-bucket-notification-configuration --bucket DOC-EXAMPLE-BUCKET1 --notification-configuration='{ "EventBridgeConfiguration": {} }'

Amazon S3 REST API を呼び出して、バケット上で Amazon EventBridge をプログラムで有効にできます。詳細については、Amazon S3 API リファレンスPutBucketNotificationConfiguration を参照してください。

次の例は、Amazon EventBridge を有効にしたバケット通知設定を作成するために使用される XML を示しています。

<NotificationConfiguration xmlns="http://s3.amazonaws.com/doc/2006-03-01/"> <EventBridgeConfiguration> </EventBridgeConfiguration> </NotificationConfiguration>

EventBridge ルールの作成

有効にすると、特定のタスクに対して Amazon EventBridge ルールを作成できます。例えば、オブジェクトが作成されたときに電子メール通知を送信できます。完全なチュートリアルについては、Amazon EventBridge ユーザーガイドチュートリアル: Amazon S3 オブジェクトが作成されたとき通知を送信するを参照してください。