EventBridge イベントメッセージの構造 - Amazon Simple Storage Service

EventBridge イベントメッセージの構造

Amazon S3 がイベントを発行するために送信する通知メッセージは JSON 形式です。Amazon S3 が Amazon EventBridge にイベントを送信すると、次のフィールドが表示されます。

  • バージョン — 現在、すべてのイベントで 0 (ゼロ)。

  • id − イベントごとに生成されるバージョン 4 UUID。

  • 詳細タイプ — 送信されるイベントのタイプ。イベントタイプのリスト化については、EventBridge の使用 を参照してください。

  • source − イベントを生成したサービスを識別します。

  • アカウント — バケット所有者の 12 桁の AWS アカウント ID。

  • 時間 — イベントが発生した時刻。

  • リージョン — バケットの AWS リージョン を識別します。

  • リソース — バケットの Amazon リソースネーム (ARN) を含む JSON 配列。

  • 詳細 − イベントに関する情報を含む JSON オブジェクト。このフィールドに含めることができる内容の詳細については、「イベントメッセージ詳細フィールド」を参照してください。

イベントメッセージの構造の例

Amazon EventBridge に送信できる Amazon S3 イベント通知メッセージの例を次に示します。

オブジェクトの作成

{ "version": "0", "id": "17793124-05d4-b198-2fde-7ededc63b103", "detail-type": "Object Created", "source": "aws.s3", "account": "111122223333", "time": "2021-11-12T00:00:00Z", "region": "ca-central-1", "resources": [ "arn:aws:s3:::DOC-EXAMPLE-BUCKET1" ], "detail": { "version": "0", "bucket": { "name": "DOC-EXAMPLE-BUCKET1" }, "object": { "key": "example-key", "size": 5, "etag": "b1946ac92492d2347c6235b4d2611184", "version-id": "IYV3p45BT0ac8hjHg1houSdS1a.Mro8e", "sequencer": "617f08299329d189" }, "request-id": "N4N7GDK58NMKJ12R", "requester": "123456789012", "source-ip-address": "1.2.3.4", "reason": "PutObject" } }

(DeleteObject を使用して) オブジェクトが削除されました

{ "version": "0", "id": "2ee9cc15-d022-99ea-1fb8-1b1bac4850f9", "detail-type": "Object Deleted", "source": "aws.s3", "account": "111122223333", "time": "2021-11-12T00:00:00Z", "region": "ca-central-1", "resources": [ "arn:aws:s3:::DOC-EXAMPLE-BUCKET1" ], "detail": { "version": "0", "bucket": { "name": "DOC-EXAMPLE-BUCKET1" }, "object": { "key": "example-key", "etag": "d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e", "version-id": "1QW9g1Z99LUNbvaaYVpW9xDlOLU.qxgF", "sequencer": "617f0837b476e463" }, "request-id": "0BH729840619AG5K", "requester": "123456789012", "source-ip-address": "1.2.3.4", "reason": "DeleteObject", "deletion-type": "Delete Marker Created" } }

(ライフサイクルの有効期限切れのため) オブジェクトが削除されました

{ "version": "0", "id": "ad1de317-e409-eba2-9552-30113f8d88e3", "detail-type": "Object Deleted", "source": "aws.s3", "account": "111122223333", "time": "2021-11-12T00:00:00Z", "region": "ca-central-1", "resources": [ "arn:aws:s3:::DOC-EXAMPLE-BUCKET1" ], "detail": { "version": "0", "bucket": { "name": "DOC-EXAMPLE-BUCKET1" }, "object": { "key": "example-key", "etag": "d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e", "version-id": "mtB0cV.jejK63XkRNceanNMC.qXPWLeK", "sequencer": "617b398000000000" }, "request-id": "20EB74C14654DC47", "requester": "s3.amazonaws.com", "reason": "Lifecycle Expiration", "deletion-type": "Delete Marker Created" } }

オブジェクトの復元の完了

{ "version": "0", "id": "6924de0d-13e2-6bbf-c0c1-b903b753565e", "detail-type": "Object Restore Completed", "source": "aws.s3", "account": "111122223333", "time": "2021-11-12T00:00:00Z", "region": "ca-central-1", "resources": [ "arn:aws:s3:::DOC-EXAMPLE-BUCKET1" ], "detail": { "version": "0", "bucket": { "name": "DOC-EXAMPLE-BUCKET1" }, "object": { "key": "example-key", "size": 5, "etag": "b1946ac92492d2347c6235b4d2611184", "version-id": "KKsjUC1.6gIjqtvhfg5AdMI0eCePIiT3" }, "request-id": "189F19CB7FB1B6A4", "requester": "s3.amazonaws.com", "restore-expiry-time": "2021-11-13T00:00:00Z", "source-storage-class": "GLACIER" } }

イベントメッセージ詳細フィールド

詳細フィールドは、イベントに関する情報のある JSON オブジェクトを含みます。詳細フィールドには、次のフィールドが存在する可能性があります。

  • バージョン — 現在、すべてのイベントで 0 (ゼロ)。

  • バケット — イベントに関与した Amazon S3 バケットに関する情報。

  • ターゲット — イベントに関与した Amazon S3 オブジェクトに関する情報。

  • リクエスト ID — S3 レスポンスのリクエスト ID。

  • リクエスタ — AWS アカウント ID または AWS リクエスタのサービスプリンシパル。

  • 送信元 IP アドレス — S3 リクエストの出典 IP アドレス。S3 リクエストによってトリガーされたイベントにのみ存在します。

  • 理由オブジェクトの作成イベントの場合、オブジェクトの作成に使用される S3 API: PutObjectPOST ObjectCopyObjectCompleteMultipartUploadオブジェクトの作成イベントの場合、これは、オブジェクトが S3 API コールによって削除された場合は DeleteObject に設定され、オブジェクトが S3 ライフサイクル有効期限切れルールによって削除された場合は LifecycleExpiration に設定されます。詳細については、「オブジェクトの有効期限」を参照してください。

  • deletion−type (削除タイプ) — オブジェクトの削除イベントの場合、バージョン管理されていないオブジェクトが削除されるか、バージョン管理されたオブジェクトが完全に削除されると、これは完全に削除されます。バージョン化したオブジェクトに削除マーカーが作成されると、これは削除マーカーの作成に設定されます。詳細については、「バージョニングが有効なバケットからのオブジェクトバージョンの削除」を参照してください。

  • restore−expiry−time (保存有効期限) — オブジェクト保存完了 イベントの場合、オブジェクトの一時コピーが S3 から削除される時刻。詳細については、「アーカイブされたオブジェクトの操作」を参照してください。

  • source−storage−class (ソースストレージクラス) — オブジェクト復元開始およびオブジェクト復元完了イベントの場合の、復元されるオブジェクトのストレージクラス。詳細については、「アーカイブされたオブジェクトの操作」を参照してください。

  • destination−storage−class (デスティネーション・ストレージ・クラス) — オブジェクトストレージクラスの変更イベントの場合の、オブジェクトの新しいストレージクラス。詳細については、「Amazon S3 ライフサイクルを使用したオブジェクトの移行」を参照してください。

  • destination−access−tier (宛先アクセス階層) — オブジェクトアクセス階層の変更イベントの場合、オブジェクトの新しいアクセス階層。詳細については、「Amazon S3 Intelligent-Tiering」を参照してください。