メトリクスとディメンション - Amazon Simple Storage Service

メトリクスとディメンション

Amazon S3 が CloudWatch に送信するストレージメトリクスとディメンションを以下に示します。

CloudWatch のバケットの Amazon S3 デイリーストレージメトリクス。

AWS/S3 名前空間には、バケットの以下の日次ストレージメトリクスが含まれます。

メトリクス 説明
BucketSizeBytes

次のストレージクラスのバケットに保存されているデータ量 (バイト単位):

  • S3 Standard (STANDARD)

  • S3 Intelligent-Tiering (INTELLIGENT_TIERING)

  • S3 Standard-Infrequent Access (STANDARD_IA)

  • S3 OneZone-Infrequent Access (ONEZONE_IA)

  • S3 低冗長ストレージ (RRS) (REDUCED_REDUNDANCY)

  • S3 Glacier Instant Retrieval (GLACIER_IR)

  • S3 Glacier Deep Archive (DEEP_ARCHIVE)

  • S3 Glacier Flexible Retrieval (GLACIER)

この値は、バケット内のすべてのオブジェクト (現行オブジェクトと旧オブジェクトの両方) とメタデータのサイズを合計することによって計算され、これにはバケットに対する未完了のすべてのマルチパートアップロードのすべてのパートのサイズも含まれます。

有効なストレージタイプのフィルター: StandardStorageIntelligentTieringFAStorageIntelligentTieringIAStorageIntelligentTieringAAStorageIntelligentTieringAIAStorageIntelligentTieringDAAStorageStandardIAStorageStandardIASizeOverheadStandardIAObjectOverheadOneZoneIAStorageOneZoneIASizeOverheadReducedRedundancyStorageGlacierInstantRetrievalSizeOverheadGlacierInstantRetrievalStorageGlacierStorageGlacierStagingStorageGlacierObjectOverheadGlacierS3ObjectOverheadDeepArchiveStorageDeepArchiveObjectOverheadDeepArchiveS3ObjectOverhead、および DeepArchiveStagingStorage (「StorageType ディメンション」を参照)

単位: バイト

有効な統計: Average

NumberOfObjects

すべてのストレージクラスのバケットに保存されたオブジェクトの総数。この値を計算するには、バケット内のすべてのオブジェクト (最新のオブジェクトと最新でないオブジェクトの両方) と、バケットに対するすべての不完全なマルチパートアップロードの合計パート数をカウントします。

有効なストレージタイプのフィルター: AllStorageTypes (StorageType ディメンションを参照)

単位: 個

有効な統計: Average

CloudWatch の Amazon S3 リクエストメトリクス

AWS/S3 名前空間には、次のリクエストメトリクスが含まれます。

メトリクス 説明
AllRequests

タイプに関係なく、Amazon S3 バケットに対して行われた HTTP リクエストの総数。フィルターでメトリクス設定を使用している場合、このメトリクスはフィルターの要件を満たす HTTP リクエストのみを返します。

単位はカウント

有効な統計: Sum

GetRequests

Amazon S3 バケット内のオブジェクトに対して行われた HTTP GET リクエストの数。これには、リストオペレーションは含まれません。

単位: 個

有効な統計: Sum

注記

マルチパートアップロードのリストパートのリストバケットオブジェクトバージョンの取得など、ページ分割されたリスト指向のリクエストは、このメトリクスに含まれません。

PutRequests

Amazon S3 バケット内のオブジェクトに対して行われた HTTP PUT リクエストの数。

単位はカウント

有効な統計: Sum

DeleteRequests

Amazon S3 バケット内のオブジェクトに対して行われた HTTP DELETE リクエストの数。このメトリクスには、複数オブジェクトの削除リクエストも含まれます。このメトリクスは、削除されるオブジェクトの数ではなく作成されたリクエストの数を示します。

単位はカウント

有効な統計: Sum

HeadRequests

Amazon S3 バケットに対して行われた HTTP HEAD リクエストの数。

単位はカウント

有効な統計: Sum

PostRequests

Amazon S3 バケットに対して行われた HTTP POST リクエストの数。

単位はカウント

有効な統計: Sum

注記

Delete Multiple Objects リクエストと SELECT Object Content リクエストは、このメトリクスに含まれません。

SelectRequests

Amazon S3 バケットのオブジェクトに対して行われた Amazon S3 の SELECT Object Content リクエストの数。

単位: 個

有効な統計: Sum

SelectBytesScanned

Amazon S3 バケットの Amazon S3 の SELECT Object Content リクエストでスキャンされたデータのバイト数。

単位: バイト

有効な統計: Average (リクエストあたりのバイト数)、Sum (期間あたりのバイト数)、Sample Count、Min、Max (p100 と同じ)、p0.0~p99.9 のパーセンタイル

SelectBytesReturned

Amazon S3 バケットの Amazon S3 の SELECT Object Content リクエストで返されたデータのバイト数。

単位: バイト

有効な統計: Average (リクエストあたりのバイト数)、Sum (期間あたりのバイト数)、Sample Count、Min、Max (p100 と同じ)、p0.0~p99.9 のパーセンタイル

ListRequests

バケットの内容をリストする HTTP リクエストの数。

単位: 個

有効な統計: Sum

BytesDownloaded

Amazon S3 バケットに対する、レスポンスに本文が含まれるリクエストに対してダウンロードしたバイト数。

単位: バイト

有効な統計: Average (リクエストあたりのバイト数)、Sum (期間あたりのバイト数)、Sample Count、Min、Max (p100 と同じ)、p0.0~p99.9 のパーセンタイル

BytesUploaded

Amazon S3 バケットに対する、リクエストに本文が含まれるリクエストに対してアップロードしたバイト数。

単位: バイト

有効な統計: Average (リクエストあたりのバイト数)、Sum (期間あたりのバイト数)、Sample Count、Min、Max (p100 と同じ)、p0.0~p99.9 のパーセンタイル

4xxErrors

Amazon S3 バケットに対して行われた、値が 0 または 1 の HTTP 4xx クライアントエラーステータスコードリクエストの数。Average 統計はエラーレートを示し、Sum 統計は各期間中のそのタイプのエラー数を示します。

単位はカウント

有効な統計: Average (リクエストあたりの報告数)、Sum (期間あたりの報告数)、Min、Max、Sample Count

5xxErrors

Amazon S3 バケットに対して行われた、値が 0 または 1 の HTTP 5xx サーバーエラーステータスコードリクエストの数。Average 統計はエラーレートを示し、Sum 統計は各期間中のそのタイプのエラー数を示します。

単位はカウント

有効な統計: Average (リクエストあたりの報告数)、Sum (期間あたりの報告数)、Min、Max、Sample Count

FirstByteLatency

Amazon S3 バケットがリクエスト全体を受信してからレスポンスの返信が開始するまでのリクエストあたりの時間。

単位: ミリ秒

有効な統計: Average、Sum、Min、Max (p100 と同じ)、Sample Count、p0.0~p100 のパーセンタイル

TotalRequestLatency

最初のバイトが受信されてから Amazon S3 バケットに最後のバイトが送信されるまでのリクエストあたりの経過時間。このメトリクスには、FirstByteLatency には含まれない、リクエストボディの受信とレスポンス本文の送信にかかった時間が含まれます。

単位: ミリ秒

有効な統計: Average、Sum、Min、Max (p100 と同じ)、Sample Count、p0.0~p100 のパーセンタイル

CloudWatch の S3 レプリケーションメトリクス

保留中のバイト数、保留中のオペレーション、およびレプリケーションのレイテンシーを追跡することにより、S3 レプリケーションメトリクスを使用してレプリケーションの進行状況をモニタリングできます。詳細については、「レプリケーションメトリクスによる進捗状況のモニタリング」をご参照ください。

注記

Amazon CloudWatch でレプリケーションメトリクスのアラームを有効にできます。レプリケーションメトリクスのアラームを設定する場合は、[Missing data treatment (欠落データの処理)] フィールドを [Treat missing data as ignore (maintain the alarm state) (欠落データの処理方法: 無視 (アラームの状態を維持)] に設定します。

メトリクス 説明
ReplicationLatency

特定のレプリケーションルールについて、レプリケート先リージョンがレプリケート元リージョンより遅れる最大秒数。

単位: 秒

有効な統計: Max

BytesPendingReplication

特定のレプリケーションルールについて、レプリケーションが保留中のオブジェクトの合計バイト数。

単位: バイト

有効な統計: Max

OperationsPendingReplication

特定のレプリケーションルールについて、レプリケーションが保留中のオペレーションの数。

単位はカウント

有効な統計: Max

CloudWatch での S3 Storage Lens のメトリクス

S3 StorageLens の使用状況とアクティビティのメトリクスを Amazon CloudWatch に公開して、CloudWatch ダッシュボードで運用状態の統一されたビューを作成できます。CloudWatch 内の AWS/S3/Storage-Lens 名前空間 S3 Storage Lens メトリクスを公開します。CloudWatch 公開オプションは、アドバンストメトリクスとレコメンデーションにアップグレードされている S3 StorageLens ダッシュボードで利用できます。

CloudWatch に公開された S3 Storage Lens メトリクスの一覧については、「Amazon S3 Storage Lens のメトリクスに関する用語集」を参照してください。ディメンションの詳細なリストについては、ディメンション を参照してください。

CloudWatch の S3 Object Lambda リクエスト

S3 Object Lambda には、次のリクエストメトリクスが含まれます。

メトリクス 説明
AllRequests

Object Lambda アクセスポイントを使用して Amazon S3 バケットに対して行われた HTTP リクエストの総数。

単位はカウント

有効な統計: Sum

GetRequests

Object Lambda アクセスポイントを使用してオブジェクトに対して行われた HTTP GET リクエストの数。このメトリクスにはリストオペレーションは含まれません。

単位はカウント

有効な統計: Sum

BytesUploaded

Object Lambda アクセスポイントを使用して Amazon S3 バケットにアップロードされたバイト数。リクエストには本文が含まれます。

単位: バイト

有効な統計: Average (リクエストあたりのバイト数)、Sum (期間あたりのバイト数)、Sample Count、Min、Max (p100 と同じ)、p0.0~p99.9 のパーセンタイル

PostRequests

Object Lambda アクセスポイントを使用して Amazon S3 バケットに対して行われた HTTP POST リクエストの数。

単位はカウント

有効な統計: Sum

PutRequests

Object Lambda アクセスポイントを使用して Amazon S3 バケット内のオブジェクトに対して行われた HTTP PUT リクエストの数。

単位はカウント

有効な統計: Sum

DeleteRequests

Object Lambda アクセスポイントを使用して Amazon S3 バケット内のオブジェクトに対して行われた HTTP DELETE リクエストの数。このメトリクスには、複数オブジェクトの削除リクエストも含まれます。このメトリクスは、削除されるオブジェクトの数ではなく作成されたリクエストの数を示します。

単位はカウント

有効な統計: Sum

BytesDownloaded

Amazon S3 バケットに対する、レスポンスに本文が含まれる Object Lambda のアクセスポイントを使用したリクエストに対してダウンロードしたバイト数。

単位: バイト

有効な統計: Average (リクエストあたりのバイト数)、Sum (期間あたりのバイト数)、Sample Count、Min、Max (p100 と同じ)、p0.0~p99.9 のパーセンタイル

FirstByteLatency

Amazon S3 バケットが Object Lambda を経由してリクエスト全体を受信してからレスポンスの返信が開始するまでのリクエストあたりの時間。このメトリクスは、AWS Lambda 関数が Object Lambda アクセスポイントにバイトを返すまでにオブジェクトを変換する関数の実行時間によって異なります。

単位: ミリ秒

有効な統計: Average、Sum、Min、Max (p100 と同じ)、Sample Count、p0.0~p100 のパーセンタイル

TotalRequestLatency

最初のバイトが受信されてから Object Lambda アクセスポイントに最後のバイトが送信されるまでのリクエストあたりの経過時間。このメトリクスには、FirstByteLatency には含まれない、リクエストボディの受信とレスポンス本文の送信にかかった時間が含まれます。

単位: ミリ秒

有効な統計: Average、Sum、Min、Max (p100 と同じ)、Sample Count、p0.0~p100 のパーセンタイル

HeadRequests

Object Lambda アクセスポイントを使用して Amazon S3 バケットに対して行われた HTTP HEAD リクエストの数。

単位はカウント

有効な統計: Sum

ListRequests

Amazon S3 バケットの内容をリストする HTTP GET リクエストの数。このメトリクスには、List および ListV2 オペレーションの両方が含まれます。

単位はカウント

有効な統計: Sum

4xxErrors

Object Lambda アクセスポイントを使用して Amazon S3 バケットに対して行われた、値が 0 または 1 の HTTP 4xx サーバーエラーステータスコードリクエストの数。Average 統計はエラーレートを示し、Sum 統計は各期間中のそのタイプのエラー数を示します。

単位はカウント

有効な統計: Average (リクエストあたりの報告数)、Sum (期間あたりの報告数)、Min、Max、Sample Count

5xxErrors

Object Lambda アクセスポイントを使用して Amazon S3 バケットに対して行われた、値が 0 または 1 の HTTP 5xx サーバーエラーステータスコードリクエストの数。AAverage 統計はエラーレートを示し、Sum 統計は各期間中のそのタイプのエラー数を示します。

単位はカウント

有効な統計: Average (リクエストあたりの報告数)、Sum (期間あたりの報告数)、Min、Max、Sample Count

ProxiedRequests

標準の Amazon S3 API レスポンスを返す Object Lambda アクセスポイントへの HTTP リクエストの数。(このようなリクエストには Lambda 関数は設定されていません。)

単位はカウント

有効な統計: Sum

InvokedLambda

Lambda 関数が呼び出された S3 オブジェクトへの HTTP リクエストの数。

単位はカウント

有効な統計: Sum

LambdaResponseRequests

Lambda 関数によって行われた WriteGetObjectResponse リクエストの数。このメトリクスは、GetObject リクエストにのみ適用されます。

LambdaResponse4xx

Lambda 関数から WriteGetObjectResponse を呼び出すときに発生する HTTP 4xx クライアントエラーの数。このメトリクスは 4xxErrors 呼び出しと同じ情報を提供しますが、対象は WriteGetObjectResponse 呼び出しのみです。

LambdaResponse5xx

Lambda 関数から WriteGetObjectResponse を呼び出すときに発生する HTTP 5xx サーバーエラーの数。このメトリクスは 5xxErrors 呼び出しと同じ情報を提供しますが、対象は WriteGetObjectResponse 呼び出しのみです。

CloudWatch のアウトポトス・メトリックのAmazon S3

S3Outposts 名前空間には、Amazon S3 on Outposts バケットのための以下のメトリクスが含まれます。プロビジョニングされた S3 on Outposts バイトの合計数、オブジェクトで使用可能な合計空きバイト数、および特定のバケットのすべてのオブジェクトの合計サイズをモニタリングできます。

注記

S3 on Outposts は、次のメトリクスのみをサポートし、他の Amazon S3 メトリクスはサポートしません。

S3 on Outposts の容量は限られているため、ストレージ使用率が特定の閾値を超えたときに警告する CloudWatch アラートを作成できます。

メトリクス 説明
OutpostTotalBytes

Outpost のプロビジョニングされた合計キャパシティー (バイト単位)。

単位: バイト

期間: 5 分

OutpostFreeBytes

お客様のデータを保存するために Outpost で使用可能な空きバイト数。

単位: バイト

期間: 5 分

BucketUsedBytes

指定されたバケットのすべてのオブジェクトの合計サイズ。

単位: カウント

期間: 5 分

AccountUsedBytes

指定された Outposts アカウントのすべてのオブジェクトの合計サイズ。

単位: バイト

期間: 5 分

CloudWatch の Amazon S3 ディメンション

以下のディメンションは、Amazon S3 メトリクスをフィルタリングするために使用されます。

ディメンション

説明

BucketName

このディメンションを指定すると、リクエストしたデータがフィルタリングされて、指定のバケットのものだけになります。

StorageType

このディメンションは、バケットに保存されたデータを、以下のストレージタイプでフィルターリングします。

  • StandardStorage - STANDARD ストレージクラスのオブジェクトに使用されているバイト数。

  • IntelligentTieringAAStorage - INTELLIGENT_TIERING ストレージクラスのアーカイブアクセス層にあるオブジェクトに使用されているバイト数。

  • IntelligentTieringAIAStorage - INTELLIGENT_TIERING ストレージクラスの アーカイブインスタントアクセス層のオブジェクトに使用されているバイト数。

  • IntelligentTieringDAAStorage - INTELLIGENT_TIERING ストレージクラスのアーカイブアクセス層にあるオブジェクトに使用されているバイト数。

  • IntelligentTieringFAStorage - INTELLIGENT_TIERING ストレージクラスの高頻度アクセス層のオブジェクトに使用されているバイト数。

  • IntelligentTieringIAStorage - INTELLIGENT_TIERING ストレージクラスの低頻度アクセス層のオブジェクトに使用されているバイト数。

  • StandardIAStorage – 標準低頻度アクセス (STANDARD_IA) ストレージクラスのオブジェクトに使用されているバイト数。

  • StandardIASizeOverheadSTANDARD_IA ストレージクラスの 128 KB 未満のオブジェクトに使用されているバイト数。

  • IntAAObjectOverhead - アーカイブアクセス層の INTELLIGENT_TIERING ストレージクラスの各オブジェクトについて、S3 Glacier はインデックスと関連メタデータ用に 32 KB のストレージを追加します。この追加データは、オブジェクトを特定して復元するのに必要です。この追加ストレージには、S3 Glacier の料金が請求されます。

  • IntAAS3ObjectOverhead - アーカイブアクセス層の INTELLIGENT_TIERING ストレージクラスの各オブジェクトについて、Simple Storage Service (Amazon S3) はオブジェクトの名前とその他のメタデータに 8 KB のストレージを使用します。この追加のストレージに対しては、S3 Standard 料金が発生します。

  • IntDAAObjectOverhead - ディープアーカイブアクセス階層の INTELLIGENT_TIERING ストレージクラスの各オブジェクトについて、S3 Glacier はインデックスと関連メタデータ用に 32 KB のストレージを追加します。この追加データは、オブジェクトを特定して復元するのに必要です。この追加ストレージに対しては、S3 Glacier Deep Archive のストレージ料金が課金されます。

  • IntDAAS3ObjectOverhead - ディープアーカイブアクセス階層の INTELLIGENT_TIERING ストレージクラスの各オブジェクトについて、Amazon S3 はインデックスと関連メタデータ用に 8 KB のストレージを追加します。この追加データは、オブジェクトを特定して復元するのに必要です。この追加のストレージに対しては、S3 Standard 料金が発生します。

  • OneZoneIAStorage - S3 One Zone 低頻度アクセス (ONEZONE_IA) ストレージクラスのオブジェクトに使用されているバイト数。

  • OneZoneIASizeOverheadONEZONE_IA ストレージクラスの 128 KB 未満のオブジェクトに使用されているバイト数。

  • ReducedRedundancyStorage – 低冗長化ストレージ (RRS) クラスのオブジェクトに使用されているバイト数。

  • GlacierInstantRetrievalSizeOverhead – S3 Glacier Instant Retrieval ストレージクラスの 128 KB より小さなオブジェクトに使用されているバイト数。

  • GlacierInstantRetrievalStorage – S3 Glacier Instant Retrieval ストレージクラスのオブジェクトに使用されているバイト数。

  • GlacierStorage – S3 Glacier Flexible Retrieval ストレージクラスのオブジェクトに使用されているバイト数。

  • GlacierStagingStorage - S3 Glacier Flexible Retrieval ストレージクラスのオブジェクトの CompleteMultipartUpload リクエストが完了する前に、マルチパートオブジェクトのパートに使用されていたバイト数。

  • GlacierObjectOverhead - アーカイブされたオブジェクトごとに、S3 Glacier は、インデックスおよび関連するメタデータ用に 32 KB のストレージを追加します。この追加データは、オブジェクトを特定して復元するのに必要です。この追加ストレージに対しては、S3 Glacier Flexible Retrieval のレートが課金されます。

  • GlacierS3ObjectOverhead - S3 Glacier Flexible Retrieval にアーカイブされたオブジェクトごとに、Simple Storage Service (Amazon S3) はオブジェクトの名前とその他のメタデータに 8 KB のストレージを使用します。この追加のストレージに対しては、S3 Standard 料金が発生します。

  • DeepArchiveStorage – S3 Glacier ディープアーカイブストレージクラスのオブジェクトに使用されているバイト数。

  • DeepArchiveObjectOverhead - アーカイブされたオブジェクトごとに、S3 Glacier は、インデックスおよび関連するメタデータ用に 32 KB のストレージを追加します。この追加データは、オブジェクトを特定して復元するのに必要です。この追加ストレージに対しては、S3 Glacier または S3 Glacier Deep Archive の料金が課金されます。

  • DeepArchiveS3ObjectOverhead − S3 Glacier ディープアーカイブにアーカイブされたオブジェクトごとに、Simple Storage Service (Amazon S3) はオブジェクトの名前とその他のメタデータに 8 KB のストレージを使用します。この追加のストレージに対しては、S3 Standard 料金が発生します。

  • DeepArchiveStagingStorage − S3 Glacier Deep Archive ストレージクラスのオブジェクトの CompleteMultipartUpload (複数アップロード完了) リクエストが完了する前に、マルチパートオブジェクトに使用されているバイト数。

FilterId

このディメンションは、バケットに対するリクエストメトリクスに対して指定するメトリクス設定をフィルタリングします。メトリクス設定を作成するときは、フィルター ID(プレフィックス、タグ、アクセスポイントなど)を指定します。詳細については、メトリクス設定の作成を参照してください。

CloudWatch の S3 Storage Lens のディメンション。

CloudWatch で S3 Storage Lens メトリクスのフィルタリングに使用されるディメンションのリストについては、「ディメンション」を参照してください。

CloudWatch の S3 Object Lambda リクエストのディメンション

次のディメンションを使用して、Object Lambda アクセスポイントからのデータをフィルタリングします。

ディメンション 説明
AccessPointName

リクエストが行われているアクセスポイントの名前。

DataSourceARN

Object Lambda アクセスポイントがデータを取得しているソース。リクエストが Lambda 関数を呼び出す場合、これは Lambda ARN を指します。それ以外の場合は、アクセスポイント ARN を指します。