Amazon S3 レプリカの変更同期によるメタデータ変更のレプリケート - Amazon Simple Storage Service

Amazon S3 レプリカの変更同期によるメタデータ変更のレプリケート

Amazon S3 レプリカの変更を同期することで、タグ、ACL、オブジェクトロック設定などのオブジェクトメタデータをレプリカとレプリケート元オブジェクト間でレプリケートできます。デフォルトでは、Amazon S3 はレプリケート元オブジェクトからレプリカにのみメタデータをレプリケートします。レプリカの変更同期を有効にすると、Amazon S3 はレプリカコピーに加えられたメタデータの変更をレプリケート元オブジェクトにレプリケートし、レプリケーションを双方向にします。

レプリカ変更の同期の有効化

Amazon S3 レプリカの変更同期は、新規または既存のレプリケーションルールで使用できます。削除マーカーレプリケーションは、S3 バケット全体に適用することも、特定のプレフィックスを持つ Amazon S3 オブジェクトに適用することもできます。

Amazon S3 コンソールを使用してレプリカ変更の同期を有効にするには、チュートリアル: レプリケーションの設定をご参照ください。このトピックでは、バケットが同じまたは異なる AWS アカウント によって所有されている場合に、レプリケーション設定でレプリカ変更の同期を有効にする手順について説明します。

AWS Command Line Interface (AWS CLI) を使用してレプリカ変更の同期を有効にするには、ReplicaModifications が有効になっているレプリカを含むバケットにレプリケーション設定を追加する必要があります。双方向でのレプリケーションを有効にするには、レプリカを含むバケットとレプリケート元オブジェクトを含むバケットで、レプリカ変更の同期を有​​効にします。

以下の設定例では、Amazon S3 は Tax というプレフィックスのメタデータの変更をバケットである DOC-EXAMPLE-BUCKET (このバケットにはレプリケート元オブジェクトが含まれます) にレプリケートします。

{ "Rules": [ { "Status": "Enabled", "Filter": { "Prefix": "Tax" }, "SourceSelectionCriteria": { "ReplicaModifications":{ "Status": "Enabled" } }, "Destination": { "Bucket": "arn:aws:s3:::DOC-EXAMPLE-BUCKET" }, "Priority": 1 } ], "Role": "IAM-Role-ARN" }

AWS CLI を使用してレプリケーションルールを作成する手順については、同じアカウントが所有するレプリケート元バケットとレプリケート先バケットのレプリケーションの設定 を参照してください。