レプリケーションメトリクスと S3 イベント通知による、進捗状況のモニタリング - Amazon Simple Storage Service

レプリケーションメトリクスと S3 イベント通知による、進捗状況のモニタリング

S3 レプリケーションメトリクス は、レプリケーション設定のレプリケーションルールの詳細なメトリクスを提供します。レプリケーションメトリクスを使って、保留中のバイト数、保留中のオペレーション、レプリケーションに失敗したオペレーション、レプリケーションのレイテンシーを追跡すると、レプリケーションの進行状況を 1 分単位でモニタリングできます。

S3 Replication Time Control (S3 RTC) を有効にすると、S3 レプリケーションメトリクスが自動的にオンになります。ルールを作成または編集するときに、S3 RTC とは独立して S3 レプリケーションメトリクスを有効にすることもできます。S3 RTC には、サービスレベルアグリーメント (SLA) やしきい値の欠落に関する通知など、その他の機能が含まれています。詳細については、「S3 Replication Time Control (S3 RTC) を使用してコンプライアンス要件を満たす」を参照してください。

保留中のバイト数、保留中のオペレーション、およびレプリケーション待ち時間のメトリクスは、S3 クロスリージョンレプリケーション (S3 CRR) または S3 同一リージョンレプリケーション (S3 SRR) でレプリケートされた新しいオブジェクトにのみ適用されます。レプリケーションに失敗したオペレーションメトリクスは、S3 CRR または S3 SRR でレプリケートされた新しいオブジェクトと、S3 Batch レプリケーションでレプリケートされた既存のオブジェクトの両方を追跡します。設定の問題のトラブルシューティングを支援するために、Amazon S3 イベント通知を設定して、レプリケーションの失敗イベントを受信することもできます。

Amazon S3 イベント通知を有効にすると、S3 レプリケーションメトリクスは次のメトリクスを Amazon CloudWatch に発行します。

  • レプリケーションを保留しているバイト – 特定のレプリケーションルールのレプリケーションを保留しているオブジェクトの合計バイト数。

  • [レプリケーションレイテンシー] – 特定のレプリケーションルールで、レプリケート先バケットがレプリケート元バケットの背後にある最大秒数。

  • レプリケーションを保留している操作 – 特定のレプリケーションルールでレプリケーションを保留している操作の数。このメトリクスは、オブジェクト、削除マーカー、タグ、アクセスコントロールリスト (ACL)、S3 オブジェクトロックに関連するオペレーションを追跡します。

  • [レプリケーションに失敗したオペレーション] – 特定のレプリケーションルールでレプリケーションに失敗したオペレーションの数。このメトリクスは、オブジェクト、削除マーカー、タグ、ACL、S3 オブジェクトロックに関連するオペレーションを追跡します。他のレプリケーションメトリクスとは異なり、このメトリクスは S3 CRR または S3 SRR でレプリケートされる新しいオブジェクトと、S3 Batch レプリケーションでレプリケートされる既存のオブジェクトの両方に適用されます。

注記

[レプリケーションに失敗したオペレーション] は、S3 レプリケーションの失敗を 1 分間隔で集計して追跡します。レプリケーションに失敗した特定のオブジェクトとその失敗理由を特定するには、Amazon S3 イベント通知で OperationFailedReplication イベントをサブスクライブしてください。詳細については、「Amazon S3 イベント通知によるレプリケーション失敗イベントの受信」を参照してください。

ジョブがまったく実行されない場合、メトリクスは Amazon CloudWatch に送信されません。例えば、S3 Batch レプリケーションジョブを実行するために必要なアクセス許可がない場合、またはレプリケーション設定のタグまたはプレフィックスが一致しない場合、ジョブは実行されません。

S3 レプリケーションメトリクスの有効化

S3 レプリケーションメトリクスは、新規または既存のレプリケーションルールを使用して開始できます。レプリケーションルールを S3 バケット全体に適用するか、特定のプレフィックスやタグを持つ Amazon S3 オブジェクトに適用するかを選択できます。

このトピックでは、ソースバケットとレプリケーション先バケットが同じまたは異なる AWS アカウント で所有されている場合に、レプリケーション設定で S3 レプリケーションメトリクスを有効にする手順について説明します。

AWS Command Line Interface (AWS CLI) を使用してレプリケーションメトリクスを有効にするには、Metrics が有効になっているレプリケート元バケットにレプリケーション設定を追加する必要があります。この設定例では、Tax というプレフィックスの下にあるオブジェクトがレプリケート先バケットである DOC-EXAMPLE-BUCKET にレプリケートされて、それらのオブジェクトのメトリクスが生成されます。

{ "Rules": [ { "Status": "Enabled", "Filter": { "Prefix": "Tax" }, "Destination": { "Bucket": "arn:aws:s3:::DOC-EXAMPLE-BUCKET", "Metrics": { "Status": "Enabled" } }, "Priority": 1 } ], "Role": "IAM-Role-ARN" }

レプリケーションルールの作成方法の詳細については、「同じアカウントが所有するレプリケート元バケットとレプリケート先バケットのレプリケーションの設定」を参照してください。

S3 コンソールでのレプリケーションメトリクスの表示の詳細については、「Amazon S3 コンソールを使用したレプリケーションメトリクスの表示」を参照してください。

注記

S3 レプリケーションメトリクスは、Amazon CloudWatch カスタムメトリクスと同じ料金レートで請求されます。詳細については、「Amazon CloudWatch の料金」を参照してください。

Amazon S3 イベント通知によるレプリケーション失敗イベントの受信

S3 イベント通知は、オブジェクトがレプリケート先 AWS リージョン にレプリケートされない場合に通知できます。Amazon S3 イベントは、Amazon Simple Queue Service (Amazon SQS)、Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS)、または AWS Lambda を通じて使用できます。詳細については、「Amazon S3 イベント通知」を参照してください。

S3 イベント通知によってキャプチャされた失敗コードのリストについては、「Amazon S3 レプリケーションの失敗の理由」を参照してください。

S3 Storage Lens でのレプリケーションメトリクスの表示

レプリケーションルール数メトリクスを含む S3 レプリケーションの詳細なメトリクスを取得するには、Amazon S3 ストレージレンズを使用できます。S3 ストレージレンズは、オブジェクトストレージの使用状況とアクティビティを組織全体で可視化するために使用できるクラウドストレージの分析機能です。詳細については、「Using S3 Storage Lens to protect your data」(S3 ストレージレンズを使用してデータを保護する) を参照してください。メトリクスの完全なリストについては、「Amazon S3 Storage Lens のメトリクスに関する用語集」を参照してください。