最初のレプリケーションルールまたは新しいレプリケート先にバッチレプリケーションジョブを作成する - Amazon Simple Storage Service

最初のレプリケーションルールまたは新しいレプリケート先にバッチレプリケーションジョブを作成する

新しいレプリケーション設定で最初のルールを作成する場合、または AWS Management Consoleを介して新しいレプリケート先を既存の設定に追加する場合は、オプションでバッチレプリケーションジョブを作成できます。

既存の設定に対して、新しいレプリケート先を追加せずにバッチレプリケーションを使用するには、「既存のレプリケーションルールのバッチレプリケーションジョブを作成する」を参照してください。

AWS Management Console を介して新しいレプリケーションルールまたはレプリケート先にバッチレプリケーションを使用する

  1. AWS Management Console にサインインし、Amazon S3 コンソール (https://console.aws.amazon.com/s3/) を開きます。

  2. [Buckets] (バケット) リストで、レプリケートするオブジェクトが含まれるバケットの名前を選択します。

  3. 新しいレプリケーションルールを作成するか、既存のルールを編集するには、[管理] を選択し、下へスクロールして [レプリケーションルール] を選択します。

    • 新しいレプリケーションルールを作成するには、[レプリケーションルールの作成] を選択します。

      注記

      ベーシックレプリケーションルールのセットアップ方法の例については、「チュートリアル: レプリケーションの設定例」を参照してください。

    • 既存のバックアップルールを編集するには、ルールを選択してから、[編集] を選択します。

  4. 新しいレプリケーションルールを作成するか、既存のレプリケーションルールのレプリケーション先を編集して、[保存] を選択します。

    新しいレプリケーション設定で最初のルールを作成した後、または既存の設定を編集して新しいレプリケート先を追加すると、[Replicate existing objects?] (既存のオブジェクトをレプリケーションしますか?) ダイアログが表示され、バッチレプリケーションジョブを作成するオプションが表示されます。

  5. このジョブを今すぐ実行する場合は、[はい、既存のオブジェクトをレプリケートする] を選択します。

    または、[いいえ、既存のオブジェクトをレプリケートしない] を選択すると、このジョブは後ほど実行できます。

  6. S3 Batch レプリケーションジョブを作成します。S3 バッチレプリケーションジョブには、いくつかの設定があります。

    ジョブ実行オプション

    S3 Batch レプリケーションジョブをすぐに実行する場合は、[Job runs automatically when ready] (準備ができたらジョブは自動的に実行) を選択できます。後でジョブを実行する場合は、[Job waits to be run when ready] (ジョブは準備ができるまで実行を待機) を選択します。

    [Job runs automatically when ready] (ジョブは準備ができしだい自動で実行) を選択すると、バッチオペレーションマニフェストを作成および保存することはできません。バッチオペレーションマニフェストを保存するには、[Job waits to be run when ready] (ジョブは準備ができたら実行を待機) を選択します。

    バッチオペレーションマニフェスト

    マニフェストとは、指定されたアクションを実行するすべてのオブジェクトのリストです。バッチオペレーションマニフェストを保存することもできます。S3 インベントリファイルと同様に、マニフェストは CSV ファイルとして保存され、バケットに保存されます。バッチオペレーションマニフェストの詳細については、「マニフェストの指定」を参照してください。

    完了レポート

    S3 バッチオペレーションは、マニフェストで指定された各オブジェクトに対して 1 つのタスクを実行します。完了レポートは、追加の設定を必要としない統合形式でタスクの結果を表示する簡単な方法です。すべてのタスクまたは失敗したタスクについてのみ完了レポートをリクエストできます。完了レポートの詳細については、「完了レポート」を参照してください。

    アクセス許可

    レプリケーション失敗の最も一般的な原因の 1 つは、提供されている AWS Identity and Access Management (IAM) ロールの権限が不十分であることです。このロールの作成の詳細については、「バッチレプリケーション用の IAM ポリシーの設定」を参照してください。

  7. [Create Batch Operations job] (バッチオペレーションジョブを作成) を選択します。