Amazon S3 ストレージレンズを使用してストレージのアクティビティと使用状況を評価する - Amazon Simple Storage Service

Amazon S3 ストレージレンズを使用してストレージのアクティビティと使用状況を評価する

Amazon S3 Storage Lens は、オブジェクトストレージおよびアクティビティを組織全体で可視化するために使用できるクラウドストレージ分析機能です。また、S3 Storage Lens は、メトリクスを分析して、ストレージコストを最適化し、データ保護に関するベストプラクティスを適用するために使用できるコンテキストに応じた推奨事項を提供します。

S3 Storage Lens メトリクスを使用して、概要の分析情報を生成できます。たとえば、組織全体でどれだけのストレージがあるか、または最も急速に成長しているバケットとプレフィックスは何かなどを把握することができます。S3 Storage Lens メトリクスを使用して、コスト最適化の機会を特定し、データ保護とアクセス管理のベストプラクティスを実装し、アプリケーションワークロードのパフォーマンスを向上させることができます。例えば、S3 ライフサイクルルールがないバケットを特定して、7 日以上経過した不完全なマルチパートアップロードを中止できます。また、S3 レプリケーションや S3 バージョニングの使用など、データ保護のベストプラクティスに従っていないバケットを特定することもできます。

S3 ストレージレンズはメトリクスを集約し、Amazon S3 コンソールの [Buckets] (バケット) ページの [Account snapshot] (アカウントスナップショット) セクションにこの情報を表示します。S3 Storage Lens は、インサイトと傾向を可視化したり、外れ値にフラグ付けしたり、ストレージコストの最適化やデータ保護のベストプラクティスの適用に関するレコメンデーション事項を受け取るために使用できるインタラクティブダッシュボードも提供します。ダッシュボードには、組織、アカウント、AWS リージョン、バケット、オブジェクト、またはプレフィックス、または Storage Lens グループレベルでインサイトを生成して可視化できる、ドリルダウンオプションが用意されています。1 日 1 回のメトリクスのエクスポートを CSV 形式または Parquet 形式で S3 バケットに送信することもできます。

S3 ストレージレンズダッシュボードの [Snapshot for date] (日付のスナップショット) セクション。

S3 ストレージレンズのメトリクスと機能

S3 ストレージレンズでは、毎日更新されるインタラクティブなデフォルトダッシュボードが利用できます。S3 ストレージレンズではこのダッシュボードが事前定義されており、アカウント全体の要約されたインサイトとトレンドを視覚化し、S3 コンソールで毎日更新します。このダッシュボードのメトリクスは、[Buckets] (バケット) ページのアカウントスナップショットにも要約されます。詳細については、「デフォルトのダッシュボード」を参照してください。

他のダッシュボードを作成し、AWS リージョン、S3 バケットまたはアカウント (AWS Organizations 用) でスコープを設定するには、S3 ストレージレンズダッシュボード設定を作成します。AmazonS3 コンソール、AWS Command Line Interface、(AWS CLI)、AWS SDK、または Amazon S3 REST API を使用して S3 Storage Lens ダッシュボード設定を作成および管理できます。S3 Storage Lens ダッシュボードを作成または編集するとき、ダッシュボードのスコープとメトリクスの選択を定義します。

S3 ストレージレンズでは、無料のメトリクスと、追加料金でアップグレードできるアドバンストメトリクスとレコメンデーションをご利用になれます。アドバンストメトリクスとレコメンデーションをご利用になれば、ストレージに関するインサイトが得られる追加のメトリクスや機能にアクセスできます。これらの機能には、高度なメトリクスカテゴリ、プレフィックス集約、コンテキストに応じた推奨事項、Amazon CloudWatch パブリッシングなどがあります。プレフィックス集約とコンテキストに応じた推奨事項は、Amazon S3 コンソールでのみ使用できます。S3 Storage Lens の料金の詳細については、Amazon S3 の料金を参照してください。

メトリクスのカテゴリ

無料層とアドバンスト層で、メトリクスはコストの最適化やデータ保護などの主要なユースケースに合わせてカテゴリに分類されます。無料のメトリクスには、概要、コスト最適化、データ保護、アクセス管理、パフォーマンス、イベントメトリクスが含まれます。アドバンストメトリクスとレコメンデーションにアップグレードすると、高度なコスト最適化とデータ保護メトリクスを有効にできます。これらの高度なメトリクスを使用すると、S3 ストレージのコストをさらに削減し、データ保護スタンスを向上させることができます。アクティビティメトリクスと詳細なステータスコードメトリクスを有効にして、S3 バケットにアクセスしているアプリケーションワークロードのパフォーマンスを向上させることもできます。無料のメトリクスと高度なメトリクスのカテゴリの詳細については、「メトリクスの選択」を参照してください。

暗号化、S3 オブジェクトロック、または S3 バージョニングが有効になっているバケットの割合を分析するなど、S3 のベストプラクティスに基づいてストレージを評価できます。また、潜在的なコスト削減の機会を特定することもできます。例えば、S3 ライフサイクルルール数メトリクスを使用して、ライフサイクルの有効期限または移行ルールがないバケットを特定できます。また、バケットごとのリクエストアクティビティを分析して、コストのより低いストレージクラスにオブジェクトの移行が可能なバケットを見つけることもできます。詳細については、「Amazon S3 ストレージレンズメトリクスのユースケース」を参照してください。

メトリクスのエクスポート

S3 コンソールのダッシュボードで表示するだけでなく、メトリクスを CSV または Parquet 形式で S3 バケットにエクスポートして、選択した分析ツールでさらに分析することができます。詳細については、「データエクスポートで Amazon S3 Storage Lens のメトリクスを確認する」を参照してください。

Amazon CloudWatch パブリッシング

S3 ストレージレンズの使用状況とアクティビティメトリクスを Amazon CloudWatch に公開し、CloudWatch ダッシュボードで運用状況を一元的に表示することができます。また、アラームやトリガーアクション、メトリクス計算、異常検出などの CloudWatch 機能を使用して、S3 ストレージレンズメトリクスをモニタリングして対処することができます。さらに CloudWatch API オペレーションにより、サードパーティープロバイダーを含むアプリケーションが S3 ストレージレンズメトリクスにアクセスできるようになります。CloudWatch の公開オプションは、S3 ストレージレンズのアドバンストメトリクスとレコメンデーションにアップグレードされたダッシュボードで利用可能です。CloudWatch での S3 ストレージレンズメトリクスの詳細については、「CloudWatch で S3 Storage Lens のメトリクスをモニタリング」を参照してください。

S3 ストレージレンズの使用の詳細については、次のトピックを参照してください。