Amazon EC2: タグに基づいて EC2 インスタンスに Amazon EBS ボリュームをアタッチまたはデタッチする - AWS Identity and Access Management

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

Amazon EC2: タグに基づいて EC2 インスタンスに Amazon EBS ボリュームをアタッチまたはデタッチする

この例では、次のような IAM ポリシーを作成する方法を示します。 は、EBS ボリュームの所有者が、タグ VolumeUser を使用して定義された EBS ボリュームを、開発インスタンスのタグ (Department=Dev) が付いた EC2 インスタンスにアタッチまたはデタッチすることを許可します。このポリシーでは、AWS API または AWS CLI からのみ、このアクションを実行するために必要なアクセス権限を付与します。 このポリシーを使用するには、ポリシー例の斜体プレースホルダーテキストを自分の情報に置き換えます。次に、「ポリシーの作成」または「ポリシーの編集」の手順に従います。

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Action": [ "ec2:AttachVolume", "ec2:DetachVolume" ], "Resource": "arn:aws:ec2:*:*:instance/*", "Condition": { "StringEquals": {"ec2:ResourceTag/Department": "Development"} } }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "ec2:AttachVolume", "ec2:DetachVolume" ], "Resource": "arn:aws:ec2:*:*:volume/*", "Condition": { "StringEquals": {"ec2:ResourceTag/VolumeUser": "${aws:username}"} } } ] }