Amazon RDS: RDS データベースの復元をプログラムによりコンソールで許可する - AWS Identity and Access Management

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

Amazon RDS: RDS データベースの復元をプログラムによりコンソールで許可する

この例では、次のような IAM ポリシーを作成する方法を示します。 は、RDS データベースの復元を許可します。このポリシーでは、このアクションをコンソールで実行するために必要なアクセス許可も付与されます。

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Action": [ "ec2:Describe*", "rds:CreateDBParameterGroup", "rds:CreateDBSnapshot", "rds:DeleteDBSnapshot", "rds:Describe*", "rds:DownloadDBLogFilePortion", "rds:List*", "rds:ModifyDBInstance", "rds:ModifyDBParameterGroup", "rds:ModifyOptionGroup", "rds:RebootDBInstance", "rds:RestoreDBInstanceFromDBSnapshot", "rds:RestoreDBInstanceToPointInTime" ], "Resource": "*" } ] }