Amazon S3: S3 バケットのオブジェクトへの読み取りおよび書き込みアクセスをプログラムによりコンソールで許可する - AWS Identity and Access Management

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

Amazon S3: S3 バケットのオブジェクトへの読み取りおよび書き込みアクセスをプログラムによりコンソールで許可する

この例では、次のような IAM ポリシーを作成する方法を示します。 は、Read および Write に特定の S3 バケット内のオブジェクトへのアクセスを許可します。このポリシーは、プログラムによるアクセスおよびコンソールアクセスのアクセス許可を定義します。 このポリシーを使用するには、ポリシー例の斜体プレースホルダーテキストを自分の情報に置き換えます。次に、「ポリシーの作成」または「ポリシーの編集」の手順に従います。

s3:*Object アクションは、アクション名の一部にワイルドカードを使用します。この AllObjectActions ステートメントでは、GetObjectDeleteObjectPutObject、および「Object」という単語で終わるその他の Amazon S3 アクションを使用できます。

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Sid": "ConsoleAccess", "Effect": "Allow", "Action": [ "s3:GetAccountPublicAccessBlock", "s3:GetBucketAcl", "s3:GetBucketLocation", "s3:GetBucketPolicyStatus", "s3:GetBucketPublicAccessBlock", "s3:ListAllMyBuckets" ], "Resource": "*" }, { "Sid": "ListObjectsInBucket", "Effect": "Allow", "Action": "s3:ListBucket", "Resource": ["arn:aws:s3:::bucket-name"] }, { "Sid": "AllObjectActions", "Effect": "Allow", "Action": "s3:*Object", "Resource": ["arn:aws:s3:::bucket-name/*"] } ] }