CloudWatch アラーム設定を変更する場合のヘルスチェックの更新 (CloudWatch アラームのみをモニタリングするヘルスチェック) - Amazon Route 53

CloudWatch アラーム設定を変更する場合のヘルスチェックの更新 (CloudWatch アラームのみをモニタリングするヘルスチェック)

CloudWatch アラームへのデータストリームをモニタリングする Route 53 ヘルスチェックを作成した後に CloudWatch アラームの設定を更新すると、Route 53 ではヘルスチェックのアラーム設定は自動的に更新されません。新しいアラーム設定を使用してヘルスチェックを開始するためには、ヘルスチェックを更新する必要があります。

注記

ヘルスチェックの更新をプログラムするには、UpdateHealthCheck API を使用できます。AlarmIdentifierRegion の現在の値を指定するだけで、Route 53 が CloudWatch から最新の設定を取得します。詳細については、Amazon Route 53 API リファレンスの「UpdateHealthCheck」を参照してください。

新しい CloudWatch アラーム設定があるヘルスチェックを更新するには (コンソール)

  1. AWS Management Console にサインインし、Route 53 コンソール (https://console.aws.amazon.com/route53/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Health Checks (ヘルスチェック)] を選択します。

  3. 更新するヘルスチェックのチェックボックスを選択します。

  4. [Edit health check] を選択します。

    ヘルスチェックの CloudWatch アラームが変更されたことのお知らせが表示されます。[Details] フィールドには、新しいアラーム設定が表示されます。

  5. [Save] を選択します。