CloudWatch を使用したヘルスチェックのモニタリング - Amazon Route 53

CloudWatch を使用したヘルスチェックのモニタリング

Route 53 ヘルスチェックは CloudWatch メトリクスと統合されており、次のことを実行できます。

  • ヘルスチェックが適切に設定されているかどうかを確認できます。

  • 指定した期間のヘルスチェックのステータスを確認できます。

  • ヘルスチェックのステータスに不具合がある場合に Amazon SNS アラートを送信するように CloudWatch を設定できます。ただし、ヘルスチェックで不合格となってから、関連する SNS 通知が届くまでには、数分かかる場合があります。

詳細については、「」を参照してくださいAmazon Route 53 でヘルスチェックの正常性を判断する方法

ヘルスチェックのステータスを表示するには (コンソール)

  1. AWS Management Console にサインインし、Route 53 コンソール (https://console.aws.amazon.com/route53/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Health Checks (ヘルスチェック)] を選択します。

  3. 目的のヘルスチェックの行を選択します。

  4. 下部のペインで、[Monitoring] タブを選択します。

    2 つのグラフに、1 分間隔で過去 1 時間のステータスが表示されます。i

    ヘルスチェックステータス

    グラフには、エンドポイントの正常性に対する Route 53 の診断結果が (1は正常、0は異常として) 表示されます

    エンドポイントの健全性をレポートするヘルスチェッカー (パーセント)

    エンドポイントのみをモニタリングするヘルスチェックについて、グラフには、選択されたエンドポイントを正常であると見なしている Route 53 ヘルスチェッカーの割合が示されます。

    ヘルスチェックが無効になっている場合、このメトリクスは使用できません。

    正常な子ヘルスチェックの数

    計算されたヘルスチェックについてのみ、グラフに正常である子ヘルスチェックの数が表示されます。

    注記

    複数のヘルスチェックを選択した場合、グラフには、各ヘルスチェックに対応する行が色分けして表示されます。

  5. グラフを拡大表示したり、異なる設定を指定するには、グラフをクリックします。以下の設定を指定することができます。

    Statistic – 。

    CloudWatch がデータに対して実行する計算内容を変更します。

    時間範囲

    夜間、過去 1 週間など、期間ごとのヘルスチェックのステータスを表示します。

    間隔

    グラフのデータポイントの間隔を変更します。

    次の点に注意してください。

    • ヘルスチェックを作成した直後は、グラフにデータが表示されたり、利用可能なメトリクスのリストにヘルスチェックのメトリクスが表示されたりするまでに数分かかる場合があります。

    • グラフは自動的には更新されません。表示を更新するには、更新 ( 
									Icon to refresh the CloudWatch graph
								) アイコンを選択します。

ヘルスチェックのステータスに不具合がある場合に Amazon SNS 通知を受け取るには (コンソール)

  1. Route 53 コンソールのナビゲーションペインで、[Health Checks (ヘルスチェック)] を選択します。

  2. 該当するヘルスチェックの行を選択します。

  3. 下部のペインで、[Alarms] タブを選択します。

    テーブルには、このヘルスチェック用に作成したアラームが表示されます。

  4. [Create Alarm] を選択します。

  5. 次の値を指定します。

    アラーム名

    [Alarms (アラーム)] タブの [Name (名前)] 列に、Route 53 が表示する名前を入力します。

    Alarm Description

    (オプション) アラームの説明を入力します。この値は、CloudWatch コンソールに表示されます。

    Send Notification

    このヘルスチェックのステータスがアラームをトリガーした場合に、Route 53 から通知を送信するかどうかを選択します。

    Notification Target ([Send notification] が [Yes] の場合のみ)

    既存の SNS トピックに CloudWatch から通知を送信する場合は、リストからトピックを選択します。

    既存の SNS トピック以外に CloudWatch から通知を送信する場合は、次のいずれかを実行します。

    • CloudWatch からメール通知を送信する場合 – [New SNS topic (新しい SNS トピック)] を選択してこの手順を続行します。

    • 他の手段で CloudWatch から通知を送信する場合 – 新しいブラウザタブを開き、Amazon SNS コンソールに移動し、新しいトピックを作成します。その後 Route 53 コンソールに戻り、[Notification target (通知ターゲット)] のリストから新しいトピックの名前を選択し、この手順を続行します。

    トピック名 (新しい Amazon SNS トピックを作成する場合のみ)

    新しい Amazon SNS トピックの名前を入力します。

    受信者の E メールアドレス (新しい Amazon SNS トピックを作成する場合のみ)

    ヘルスチェックがアラームをトリガーした場合に、Route 53 から SNS 通知を送信する宛先の E メールアドレスを入力します。

    Alarm Target

    このヘルスチェックについて Route 53 に評価させる値を次から選択します。

    • [Health check status (ヘルスチェックのステータス)] – Route 53 ヘルスチェッカーは、ヘルスチェック結果が正常か異常かをレポートします

    • [Health checkers that report the endpoint healthy (%) (エンドポイントが正常であるとレポートするヘルスチェッカー)] (エンドポイントのみをモニタリングするヘルスチェック) – ヘルスチェックのステータスが正常であるとレポートする Route 53 ヘルスチェッカーの割合

    • [Number of healthy child health checks (結果が正常な子ヘルスチェックの数) (計算されたヘルスチェックのみ)] – ヘルスチェックのステータスが正常であるとレポートする計算されたヘルスチェックの子ヘルスチェックの数

    • [TCP connection time (TCP 接続時間) (HTTP および TCP ヘルスチェックのみ)] – Route 53 ヘルスチェッカーがエンドポイントとの TCP 接続を確立するのにかかった時間 (ミリ秒)

    • [Time to complete SSL handshake (SSL ハンドシェイクが完了する時間) (HTTPS ヘルスチェックのみ)] – Route 53 ヘルスチェッカーが SSL/TLS ハンドシェイクを完了するのにかかった時間 (ミリ秒)

    • [Time to first byte (先頭バイトまでの時間) (HTTP および HTTPS ヘルスチェックのみ)] – Route 53 ヘルスチェッカーが HTTP および HTTPS リクエストの応答の先頭バイトを受信するのにかかった時間 (ミリ秒)

    Alarm Target

    レイテンシー (TCP 接続時間SSL ハンドシェイクが完了する時間先頭バイトまでの時間) に基づくアラームターゲットでは、CloudWatch がレイテンシーを計算する対象を、特定のリージョンの Route 53 ヘルスチェッカーにするか、すべてのリージョンのヘルスチェッカーにするかを選択します (グローバル)。

    1 つのリージョンを選択した場合、Route 53 は 1 分につきレイテンシーを 2 回測定するだけで、すべてのリージョンを選択した場合に比べるとサンプル数は少なくなります。結果的に、極端な値になっている可能性があります。誤ったアラーム通知を防ぐには、CloudWatch が通知を送信する前にヘルスチェックの失敗を検知できるように、より多くの期間が連続する設定にすることをお勧めします。

    Fulfill Condition

    次の設定を使用して、CloudWatch によってアラームがトリガーされるタイミングを指定します。

    Alarm Target 推奨状態 説明

    ヘルスチェックステータス

    最小 < 1

    Route 53 ヘルスチェッカーは、いつエンドポイントに不具合が生じたかをレポートします。

    エンドポイントの健全性をレポートするヘルスチェッカー (パーセント)

    平均 < 必要なパーセント

    エンドポイントのみをモニタリングするヘルスチェック – ヘルスチェッカーの 18% 未満が、ステータスが正常であるとレポートしている場合には、Route 53 はヘルスチェックのステータスを異常と見なします。このメトリクスでは、[Sample Count (サンプル数)] を選択しないでください。Route 53 がさらに多くのヘルスチェックリージョンを追加する際に、サンプル数の範囲が変わる可能性があるためです。[平均] は、ヘルスチェックのステータスをレポートしているチェッカーの割合を常に正確に表します。

    正常な子ヘルスチェックの数

    最小 < 必要な正常な子ヘルスチェック数

    最小の統計は、控えめな値を返し、最悪なシナリオ値を表します。

    TCP 接続時間

    平均 > 必要な時間 (ミリ秒)

    平均は、他の統計よりも一貫性のある値です。

    SSL ハンドシェイクが完了する時間

    平均 > 必要な時間 (ミリ秒)

    平均は、他の統計よりも一貫性のある値です。

    先頭バイトまでの時間

    平均 > 必要な時間 (ミリ秒)

    平均は、他の統計よりも一貫性のある値です。

    最低発生数 x 回 次の間隔で発生: y 分/時間/日の期間

    指定した値が基準を満たした状態の期間が、連続して何回続いた場合に Route 53 から通知を送信するかを指定します。次に、期間の長さを指定します。

  6. [Create (作成)] を選択している場合、新しい SNS トピックに関する情報を記載した E メールが Amazon SNS から送信されます。

  7. E メールに記載されている [Confirm subscription] を選択します。ユーザーが CloudWatch 通知の受信を開始するには、サブスクリプションを完了する必要があります。

CloudWatch アラームのステータスを表示したり Amazon Route 53 のアラームを編集したりするには (コンソール)

  1. Route 53 コンソールのナビゲーションペインで、[Health Checks (ヘルスチェック)] を選択します。

  2. ヘルスチェックの行を選択します。

  3. 詳細ペイン ([x Health Checks Selected (x 個のヘルスチェックを選択)] の後) の右向きキャレット ( 
							Icon to expand the list of CloudWatch alarms
						) アイコンを選択します。

    [CloudWatch Alarms (CloudWatch アラーム)] リストには、現在の AWS アカウントを使用して作成したすべての Route 53 アラームが表示されます。

    [State] 列には、各アラームの最新のステータスが表示されます。

    OK

    Route 53 ヘルスチェックから、エンドポイントがアラームのしきい値を満たしていないと判断できるだけの統計が CloudWatch によって収集されました。

    データ不足

    エンドポイントがアラームのしきい値を満たしているかどうかを判断できるだけの統計が、まだ CloudWatch によって収集されていません。新しいアラームの初期状態はこれに該当します。また、CloudWatch メトリクスが使用できなくなった場合、あるいは関連付けられたアラームを削除せずにヘルスチェックを削除した場合には、アラームの状態が INSUFFICIENT DATA に変化します。

    アラーム

    Route 53 ヘルスチェックから CloudWatch によって、エンドポイントがアラームのしきい値を満たしていると判断でき、かつ指定された E メールアドレスに通知を送信できるだけの統計が収集されました。

  4. アラームの設定を表示したり編集したりするには、目的のアラームの名前を選択します。

  5. CloudWatch コンソールでアラームを表示し、アラームに関するさらに詳しい情報 (アラームに対するアップデートの履歴、ステータスの変化など) を取得するには、アラームの [More Options (その他のオプション)] 列の [View (表示)] を選択します。

  6. 他の AWS サービスのアラームを含め、現在の AWS アカウントを使用して作成したすべての CloudWatch アラームを表示するには、[View All CloudWatch Alarms (すべての CloudWatch アラームを表示)] を選択します。

  7. 現在の AWS アカウントで使用されていないメトリクスも含め、利用可能なすべての CloudWatch メトリクスを表示するには、[View All CloudWatch Metrics (すべての CloudWatch メトリクスを表示)] を選択します。

CloudWatch コンソールで Route 53 メトリクスを表示するには

  1. AWS Management Console にサインインして、CloudWatch コンソール (https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/) を開きます。

  2. 現在のリージョンを米国東部 (バージニア北部) に変更します。それ以外のリージョンを現在のリージョンとして選択した場合、Route 53 のメトリクスは利用できません。

  3. ナビゲーションペインで [Metrics (メトリクス)] を選択します。

  4. [All metrics] タブで、[Route 53] を選択します。

  5. [Health Check Metrics] を選択します。