Resolver のクエリーログ記録の設定の管理 - Amazon Route 53

Resolver のクエリーログ記録の設定の管理

設定 (Resolver でのクエリログ記録)

VPC で発生する DNS クエリのログ記録は、Amazon Route 53 コンソールで以下のタスクを実行することで開始できます。

Resolver のクエリログ記録を設定するには

  1. AWS Management Console にサインインし、Route 53 コンソール (https://console.aws.amazon.com/route53/) を開きます。

  2. Route 53 コンソールのメニューを展開します。コンソールの左上隅にある 3 本の水平バー ( 
                                Menu icon
                            ) アイコンを選択します。

  3. Resolver メニューから、[Query logging (クエリログ記録)] を選択します。

  4. リージョンのセレクターから、クエリログ記録の設定を作成する AWS リージョンを選択します。これは、DNS クエリを記録する VPC が作成されているリージョンと同じリージョンでなければなりません。VPC が複数のリージョンに存在する場合は、リージョンごとにクエリログ記録の設定を少なくとも 1 つ作成する必要があります。

  5. [クエリログ記録の設定] を選択します。

  6. 次の値を指定します。

    クエリログ記録設定の名前

    クエリログ記録の設定に使用する名前を入力します。この名前は、コンソールのクエリログ記録の設定リストに表示されます。この設定では、後で検索する際に便利な名前を入力します。

    クエリログの保存先

    Resolver が クエリログを送信する先の、AWS リソースのタイプを選択します。各オプション (CloudWatch Logs ロググループ、S3 バケット、および Kinesis Data Firehose 配信ストリーム) から選択する方法については、「Resolver のクエリログの送信先となる AWS リソース」を参照してください。

    リソースのタイプを選択した後は、そのタイプの別のリソースを作成するか、現在の AWS アカウントで作成された既存のリソースを選択することができます。

    注記

    ステップ 4 で選択した AWS リージョン (クエリログ記録の設定を作成するリージョン) で作成されたリソースのみを選択できます。新しいリソースを作成することを選択した場合、そのリソースは同じリージョンに作成されます。

    クエリをログに記録する VPC

    このクエリログ記録の設定では、選択した VPC で発生した DNS クエリがログに記録されます。Resolver にクエリをログ記録させたい (現在のリージョンに置かれている) 各 VPC のチェックボックスをオンにし、[Choose (選択)] をクリックします。

    注記

    VPC ログの配信は、特定の送信先タイプに対して 1 回だけ有効にすることができます。ログを同じタイプの複数の送信先に配信することはできません。例えば、VPC ログを Amazon S3 にある 2 つの送信先に配信することはできません。

  7. [クエリログ記録の設定] を選択します。

注記

クエリログ記録の設定が正常に作成されてから数分以内に、VPC 内のリソースによって作成された DNS クエリがログ内に表示されるようになります。