レコードの編集 - Amazon Route 53

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

レコードの編集

以下の手順では、Amazon Route 53 コンソールを使用してレコードを編集する方法について説明します。For information about how to edit records using the Route 53 API, see ChangeResourceRecordSets in the Amazon Route 53 API Reference.

注記

レコードの変更が Route 53 DNS サーバーに伝達されるまでにしばらく時間がかかります。現在、変更が伝達されたことを確認する唯一の方法は、GetChange API アクションを使用することです。通常、変更は 60 秒以内にすべての Route 53 ネームサーバーに伝達されます。

Route 53 コンソールを使用してレコードを編集するには

  1. エイリアスレコードを編集しない場合は、ステップ 2 に進みます。

    ELB Classic Load Balancer、Application Load Balancer、または Network Load Balancer にトラフィックをルーティングするエイリアスレコードを編集する場合、別のアカウントで Route 53 ホストゾーンとロードバランサーを作成していたら、手順「ELB ロードバランサーの DNS 名の取得」を実行してロードバランサーの DNS 名を取得します。

    他の AWS リソースに対してエイリアスレコードを編集する場合は、ステップ 2 に進みます。

  2. AWS マネジメントコンソールにサインインし、https://console.aws.amazon.com/route53/ にある Route 53 コンソールを開きます。

  3. ナビゲーションペインで [Hosted zones.] を選択します。

  4. On the Hosted Zones page, choose the row for the hosted zone that contains the records that you want to edit.

  5. Choose the row for the record that you want to edit, and choose Edit.

  6. 適切な値を入力します。詳細については、「」を参照してください。Amazon Route 53 レコードの作成時または編集時に指定する値.

  7. Save changes.] を選択します。

  8. レコードを複数編集する場合は、ステップ 5 ~ 7 を繰り返します。