Amazon Route 53 が EDNS0 を使用してユーザーの場所を推定する方法 - Amazon Route 53

Amazon Route 53 が EDNS0 を使用してユーザーの場所を推定する方法

位置情報、地理的近接性、IP ベース、およびレイテンシーに関するルーティングの精度を高めるために、Amazon Route 53 は EDNS0 の edns-client-subnet 拡張をサポートしています (EDNS0 では、DNS プロトコルにオプションの拡張がいくつか追加されています)。Route 53 では、DNS リゾルバーが edns-subnet をサポートしている場合のみ、edns-subnet を使用できます。

  • ブラウザまたは他のビューアが edns-client-subnet をサポートしない DNS リゾルバーを使用している場合、Route 53 は DNS リゾルバーのソース IP アドレスを使ってユーザーのおよその場所を特定し、位置情報クエリにリゾルバーの場所の DNS レコードを返します。

  • ブラウザまたは他のビューアが edns-client-subnet をサポートする DNS リゾルバーを使用している場合、DNS リゾルバーはユーザーの IP アドレスを切り捨てたアドレスを Route 53 に送信します。Route 53 は、DNS リゾルバーのソース IP アドレスではなく切り捨てられた IP アドレスに基づいてユーザーの場所を判断します。通常は、この方がユーザーの場所をより正確に推定できます。Route 53 は、ユーザーの場所の DNS レコードを位置情報クエリに返します。

  • EDNS0 は、プライベートホストゾーンには適用されません。プライベートホストゾーンの場合、Route 53 は、プライベートホストゾーンがある AWS リージョン 内の Route 53 リゾルバーからのデータを使用し、位置情報とレイテンシーによるルーティングの決定を行います。

edns-client-subnet の詳細については、IETF ドラフトの「Client Subnet in DNS Requests」を参照してください。