複数値回答ルーティング - Amazon Route 53

複数値回答ルーティング

複数値回答ルーティングにより、Amazon Route 53 が DNS クエリに対する応答として複数の値 (ウェブサーバーの IP アドレスなど) を返すように設定できます。ほとんどすべてのレコードに複数値を指定できますが、複数値回答ルーティングは各リソースが正常かどうかも確認するため、Route 53 は正常なリソースの値のみを返します。これはロードバランサーに置き換わるものではありませんが、正常であることが確認できる複数の IP アドレスを返す機能により、DNS を使用してアベイラビリティーとロードバランシングを向上させることができます。

トラフィックを複数のリソース (ウェブサーバーなど) にほぼランダムにルーティングするには、各リソースに対し複数値回答のレコードを 1 つ作成します。また、オプションで各レコードに Route 53 ヘルスチェックを関連付けます。Route 53 は最大 8 つの正常なレコードを持つ DNS クエリに応答し、DNS リゾルバーごとに異なる回答を返します。リゾルバーが応答をキャッシュした後にウェブサーバーが使用できなくなる場合、クライアントソフトウェアは応答内の別の IP アドレスを試ことができます。

次の点に注意してください。

  • ヘルスチェックを複数値回答のレコードと関連付けている場合、Route 53 はヘルスチェックの結果が正常である場合にのみ、対応する IP アドレスを DNS クエリに返します。

  • ヘルスチェックを複数値回答レコードと関連付けない場合、Route 53 は常にレコードを正常であると見なします。

  • 8 つ以下の正常なレコードがある場合、Route 53 はすべての DNS クエリに正常なすべてのレコードを返します。

  • すべてのレコードが異常である場合、Route 53 は DNS クエリに最大 8 つの異常なレコードを返します。

複数値回答ルーティングポリシーを使用してレコードを作成するときに指定する値の詳細については、複数値回答レコードに固有の値 および すべてのルーティングポリシーに共通する値 を参照してください。