加重ルーティング - Amazon Route 53

加重ルーティング

加重ルーティングにより、単一のドメイン名 (example.com) またはサブドメイン名 (acme.example.com) に複数のリソースを関連付け、各リソースにルーティングされるトラフィックの数を選択できます。これは負荷分散や新しいバージョンのソフトウェアのテストなど、さまざまな目的に有用です。

加重ルーティングを設定するには、各リソース同じ名前とタイプでレコードを作成します。各リソースに送信するトラフィックの数に対応する相対的な重みを各レコードに割り当てます。グループ内のすべてのレコードの重みの合計に対する割合として、Amazon Route 53 はレコードに割り当てられた重みに基づいてリソースにトラフィックを送信します。


					特定のリソースにルーティングされるトラフィック量を表す式: 特定のレコードの重み/すべてのレコードの重みの合計

例えば、トラフィックのごく一部を 1 つのリソースに送信し、残りを別のリソースに送信する場合、重みとして 1 つ 255 を指定します。重みが 1 のリソースは、トラフィックの 1/256 (1/(1+255)) を、他のリソースは 255/256 (255/(1+255)) を取得します。重みを変更するとバランスは徐々に変更できます。リソースへのトラフィックの送信を停止するには、レコードの重みを 0 に変更します。

加重ルーティングポリシーを使用してレコードを作成するときに指定する値の詳細については、以下のトピックを参照してください。