ドメイン名を使用したトラフィックの Amazon CloudFront ウェブディストリビューションへのルーティング - Amazon Route 53

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

ドメイン名を使用したトラフィックの Amazon CloudFront ウェブディストリビューションへのルーティング

ウェブコンテンツの配信を高速化する場合、AWS コンテンツ配信ネットワーク (CDN) の Amazon CloudFront を使用できます。CloudFront は、エッジロケーションのグローバルネットワークを使用することで、ウェブサイト全体—(動的、静的、ストリーミング、インタラクティブコンテンツを含む—)を配信できます。コンテンツのリクエストは、ユーザーから見て最もレイテンシーが小さいエッジロケーションに自動的にルーティングされます。

注記

CloudFront ディストリビューションにトラフィックをルーティングできるのは、パブリックホストゾーンの場合のみです。

CloudFront を使用してコンテンツを配信するには、ウェブディストリビューションを作成し、Amazon S3 がコンテンツを取得する CloudFront バケットまたは HTTP サーバー、選択したユーザーだけがコンテンツにアクセスするかどうか、ユーザーに HTTPS の使用を要求するかどうかなどの設定を指定します。

ウェブディストリビューションを作成すると、CloudFront により ドメイン名が d111111abcdef8.cloudfront.net などのディストリビューションに割り当てられます。このドメイン名は URLs でコンテンツに使用できます。次に例を示します。

http://d111111abcdef8.cloudfront.net/logo.jpg

または、URLs で独自のドメイン名を使用することもできます。次に例を示します。

http://example.com/logo.jpg

独自のドメイン名を使用する場合は、Amazon Route 53 を使用して、 ディストリビューションをポイントするエイリアスレコードCloudFrontを作成します。エイリアスレコードは、DNS への Route 53 拡張です。CNAME レコードに似ていますが、ルートドメイン (example.com など) とサブドメイン (www.example.com など) の両方にエイリアスレコードを作成できます (サブドメインのみに対して CNAME レコードを作成できます)。 エイリアスレコードの名前とタイプに一致する DNS クエリを受け取ると、Route 53 はディストリビューションに関連付けられたドメイン名で応答します。Route 53

注記

Route 53 では、CloudFront ディストリビューションまたは他の AWS リソースへのエイリアスクエリには料金が発生しません。

Prerequisites

開始する前に、以下のものが必要です。

  • CloudFront ウェブディストリビューション。ディストリビューションには、URLs がディストリビューションに割り当てたドメイン名の代わりに CloudFront に使用するドメイン名に一致する代替ドメイン名を含める必要があります。

    たとえば、コンテンツの URLs にドメイン名 example.com を含める場合、ディストリビューションの [Alternate Domain Name (代替ドメイン名)] フィールドには example.com を含める必要があります。

    詳細については、Amazon CloudFront 開発者ガイド の次のドキュメントを参照してください。

  • 登録済みドメイン名 Amazon Route 53 をドメインレジストラとして使用することも、別のレジストラを使用することもできます。

  • Route 53ドメインの DNS サービスとしての Route 53 を使用してドメイン名を登録した場合、Route 53 をドメインの DNS サービスとして自動的に設定します。

    Route 53 をドメインの DNS サービスプロバイダとして使用する方法の詳細については、「Amazon Route 53 を既存ドメインの DNS サービスにする.」を参照してください。

トラフィックが Amazon Route 53 ウェブディストリビューションにルーティングされるように CloudFront を設定

トラフィックが Amazon Route 53 ウェブディストリビューションにルーティングされるように CloudFront を設定するには、以下の手順を実行します。

注記

通常、変更は 60 秒以内にすべての Route 53 サーバーに伝達されます。伝達が完了すると、この手順で作成したエイリアスレコードの名前を使用して CloudFront ディストリビューションにトラフィックをルーティングできるようになります。

CloudFront ウェブディストリビューションにトラフィックをルーティングするには

  1. からウェブディストリビューションに割り当てられたドメイン名を取得し、CloudFront が有効かどうかを確認します。IPv6

    1. AWS マネジメントコンソール にサインインし、https://console.aws.amazon.com/cloudfront/ にある、CloudFront コンソールを開きます。

    2. トラフィックをルーティングする先のディストリビューションの名前を選択します。

    3. [General] タブで、[Domain name] フィールドの値を取得します。

    4. [IPv6] フィールドで、ディストリビューションに対して が有効になっているかどうかを確認します。IPv6が有効になっている場合は、ディストリビューションに対して 2 つのエイリアスレコードを作成する必要があります。1 つは IPv6 トラフィックをディストリビューションにルーティングし、もう 1 つは IPv4 トラフィックをルーティングします。IPv6

      詳細については、IPv6 のトピック「ウェブディストリビューションを作成または更新する場合に指定する値」で「 を有効にする」を参照してください。Amazon CloudFront 開発者ガイド

  2. まだ追加していない場合は、1 つ以上の代替ドメイン名を CloudFront ディストリビューションに追加します。これらは、URLs がディストリビューションに割り当てたドメイン名ではなく、CloudFront に使用するドメイン名 (example.com など) とサブドメイン名 (acme.example.com など) です。

    詳細については、URLs の「CNAMEsCNAME) を追加して ファイルのカスタム Amazon CloudFront 開発者ガイド を使用する」を参照してください。

  3. AWS マネジメントコンソールにサインインし、https://console.aws.amazon.com/route53/ にある Route 53 コンソールを開きます。

  4. ナビゲーションペインで [Hosted zones.] を選択します。

  5. CloudFront ディストリビューションへのトラフィックのルーティングに使用するドメインのホストゾーンの名前を選択します。

  6. Create record (レコードを作成).] を選択します。

  7. 次の値を指定します。

    ルーティングポリシー

    該当するルーティングポリシーを選択します。詳細については、「」を参照してください。ルーティングポリシーの選択.

    レコード名

    CloudFront ディストリビューションへのトラフィックのルーティングに使用するドメイン名を入力します。デフォルト値はホストゾーンの名前です。

    たとえば、ホストゾーンの名前が example.com で、[acme.example.com] を使用してトラフィックをディストリビューションにルーティングする場合、「acme.」と入力します。

    エイリアス

    [Quick create (クイック作成)] レコード作成方法を使用している場合は、[Alias (エイリアス)] を有効にします。

    値/ へのルートトラフィック

    [Alias to CloudFront distributions] を選択します。デフォルトでは、us-east-1 リージョンが選択されています。作成時に CloudFront がディストリビューションに割り当てた名前を選択します。これはステップ 1 で取得した値です。

    レコードタイプ

    [A – IPv4 address] を選択します。

    ディストリビューションに対して IPv6 が有効になっていて、2 番目のレコードを作成する場合は、[AAAA – アドレスIPv6] を選択します。

    ターゲットの正常性の評価

    デフォルト値の [No.] をそのまま使用します。

  8. [レコードの作成] を選択します。

  9. がディストリビューションに対して有効になっている場合は、ステップ 6~8 を繰り返します。IPv6ステップ 7 で説明したように、[レコードタイプ] フィールドを除き、同じ設定を指定します。