トラフィックのルーティング Amazon CloudFront ドメイン名を使用したWeb配信 - Amazonルート53

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

トラフィックのルーティング Amazon CloudFront ドメイン名を使用したWeb配信

Webコンテンツの配信を高速化したい場合は、 Amazon CloudFront、AWSコンテンツ配信ネットワーク(CDN)。 CloudFront Webサイト全体を配信できます—動的、静的、ストリーミング、インタラクティブコンテンツを含む—使用することによって エッジロケーションのグローバルネットワークです。コンテンツのリクエストは、 最低のレイテンシーを実現します。

注記

トラフィックは、 CloudFront パブリック・ホスト・ゾーンでのみ配布されます。

使用するには CloudFront コンテンツを配信するには、Web配信を作成し、 の Amazon S3 バケットまたはHTTPサーバー CloudFront 選択したユーザーだけにしたいかどうかに関わらず、コンテンツの取得元となる コンテンツへのアクセス、およびユーザーに HTTPS の使用を要求するかどうか。

Web配信を作成する場合、 CloudFront は、d1111abcdef8.cloudfront.netなどのドメイン名をディストリビューションに割り当てます。このドメイン名は、コンテンツの URL で使用できます。例:

http://d111111abcdef8.cloudfront.net/logo.jpg

または、URL で独自のドメイン名を使用することもできます。たとえば、

http://example.com/logo.jpg

自分のドメイン名を使用する場合は、 Amazon Route 53 作成するために エイリアスレコード 私達は ポイントを CloudFront 配布。エイリアスレコードは Route 53 DNS の拡張。これはCNAMEと似ています rootドメイン(example.comなど)のエイリアス レコードの両方を作成できます。 サブドメイン(www.example.comなど)については、およびを参照してください。(CNAMEレコードはサブドメインに対してのみ作成できます。) いつ Route 53 は、エイリアス レコードの名前とタイプに一致するDNSクエリーを受信します。 Route 53 は、 配布に関連付けられているドメイン名。

注記

Route 53 はエイリアスクエリの料金を請求しません CloudFront またはAWSのその他のリソース。

Prerequisites

始める前に、以下が必要です。

  • A CloudFront ウェブ配信。配布には、ドメイン名に一致する代替ドメイン名を含める必要があります。 使用するURLを CloudFront 配布に割り当てました。

    たとえば、コンテンツのURLにドメイン名を含める場合、 example.com の例、 の 代替ドメイン名 フィールドには、 example.com の例.

    詳細については、 Amazon CloudFront 開発者ガイド:

  • 登録済みドメイン名。以下を使用できます。 Amazon Route 53 ドメイン登録機関として、または別の登録機関を使用できます。

  • Route 53 ドメインのDNSサービスとして使用されます。を使用してドメイン名を登録する場合 Route 53、 自動的に Route 53 ドメインのDNSサービスとして使用されます。

    使用に関する情報は、 Route 53 ドメインのDNSサービス プロバイダとして、 Amazon Route 53 を既存ドメインの DNS サービスにする.

設定 Amazon Route 53 トラフィックの経路を CloudFront ウェブ配信

設定するには Amazon Route 53 トラフィックの経路を CloudFront 以下の手順を実行します。

注記

変更は通常、すべてに反映されます Route 53 サーバーを60秒以内に収めます。プロパゲーションが完了すると、 トラフィックのルートを CloudFront 作成したエイリアスレコードの名前を使用して配信する 参照してください。

トラフィックを CloudFront ウェブ配信

  1. 次のドメイン名を取得します。 CloudFront 割り当て、IPv6が有効かどうかを判断します。

    1. AWS マネジメントコンソール にサインインし、https://console.aws.amazon.com/cloudfront/ にある、CloudFront コンソールを開きます。

    2. トラフィックをルーティングする配信の名前を選択します。

    3. 一般 ]タブで、 ドメイン名 フィールド。

    4. 以下を確認します。 IPv6 ]フィールドをクリックして、IPv6 が配布に対して有効になっているかどうかを確認します。IPv6が有効な場合、 配布用に2つのエイリアス・レコードを作成する必要があります。1つはIPv4トラフィックを配布にルーティングするレコードです。 IPv6 トラフィックをルーティングする 1 つのアプリケーションです。

      詳細については、以下を参照してください。 IPv6 を有効にする トピックの Web 配信の作成または更新時に指定する値Amazon CloudFront 開発者ガイド.

  2. まだ追加していない場合は、1つ以上の代替ドメイン名を CloudFront 配布。これらはドメイン名です(例: example.comなど)、およびURLに使用するサブドメイン名(acme.example.comなど)。 CloudFront 割り当て済み 配布に。

    詳細については、以下を参照してください。 代替ドメイン名(CNAME)の使用Amazon CloudFront 開発者ガイド.

  3. AWS マネジメントコンソールにサインインし、https://console.aws.amazon.com/route53/ にある Route 53 コンソールを開きます。

  4. ナビゲーションペインで、 ホストされたゾーン.

  5. トラフィックのルーティングに使用するドメインのホストゾーンの名前を選択します。 CloudFront 配布。

  6. 選択 レコードセットの作成.

  7. 次の値を指定します。

    氏名

    トラフィックのルーティングに使用するドメイン名を入力します。 CloudFront 配布。デフォルト値は、ホストされるゾーンの名前です。

    たとえば、ホストゾーンの名前がexample.comで、 acme.example.comをご覧ください。 流通にトラフィックをルーティングするには、 エーエムイー.

    タイプ

    選択 A – IPv4 アドレス.

    IPv6がディストリビューションに対して有効になっており、2番目のレコードを作成している場合、 選択 AAAA(米国自動車協会) – IPv6アドレス.

    別名

    選択 はい.

    エイリアスターゲット

    CloudFront 分配 セクションで、 CloudFront 割り当て済み 配信に配信されます。これはステップ1で得た値です。

    ルーティング ポリシー

    該当するルーティング ポリシーを選択します。詳細については、以下を参照してください。 ルーティングポリシーの選択.

    標的の健康状態の評価

    のデフォルト値を受け入れます いいえ.

  8. 選択 作成.

  9. IPv6がディストリビューションに対して有効になっている場合は、手順6~8を繰り返します。同じ設定を指定します。ただし、タイプ フィールド(手順7で説明)。