Amazon WorkMail へのトラフィックのルーティング - Amazon Route 53

Amazon WorkMail へのトラフィックのルーティング

ビジネス用メールに Amazon WorkMail を使用し、DNS サービスとして Amazon Route 53 を使用している場合は、Route 53 を使用して Amazon WorkMail メールドメインにトラフィックをルーティングできます。Route 53 ホストゾーンの名前 (example.com など) は、Amazon WorkMailドメインの名前と一致する必要があります。

注記

Amazon WorkMailドメインにトラフィックをルーティングできるのは、パブリックホストゾーンの場合のみです。

Amazon WorkMail にトラフィックをルーティングするには、次の 4 つの手順を実行します。

Amazon Route 53 を DNS サービスとして設定し、Amazon WorkMail 組織およびメールドメインを追加するには

  1. メールアドレス (john@example.com など) に使用するドメイン名を登録していない場合、ドメインが利用可能であることはわかっているため、ドメインを今すぐ登録します。詳細については、「新しいドメインの登録」を参照してください

    Amazon Route 53 が Amazon WorkMail に追加したメールドメインの DNS サービスでない場合は、該当するドメインの DNS サービスを Route 53 に移行します。詳細については、「Amazon Route 53 を既存ドメインの DNS サービスとして使用する」を参照してください

  2. Amazon WorkMail 組織およびメールドメインを追加します。詳細については、Amazon WorkMail 管理者ガイドの「新規ユーザーの利用開始」を参照してください。

Amazon WorkMail の Route 53 TXT レコードを作成するには

  1. Amazon WorkMail コンソールのナビゲーションペインで、[ドメイン] を選択します。

  2. Amazon WorkMail へのトラフィックのルーティングに使用するメールドメインの名前 (example.com など) を選択します。

  3. 別のブラウザタブで、[Route 53 コンソール] を開きます。

  4. Route 53 コンソールで次の操作を行います。

    1. ナビゲーションペインで [Hosted zones] を選択します。

    2. Amazon WorkMail メールドメインに使用するホストゾーンの名前を選択します。

  5. Amazon WorkMail コンソールの [ステップ 1: ドメイン所有者の確認] セクションで、[ホスト名] 列に移動し、値のメールドメイン名より前の部分をコピーします。

    例えば、Amazon WorkMail メールドメインが example.com で、[ホスト名] の値が _amazonses.example.com である場合は、_amazonses をコピーします

  6. Route 53 コンソールで次の操作を行います。

    1. 選択レコードを作成を選択し、シンプルルーティング

    2. [レコード名] に、ステップ 5 でコピーした値を貼り付けます。

    3. [レコードタイプ] で、[TXT – テキスト] を選択します。

  7. Amazon WorkMail コンソールで、該当する TXT レコードの [] 列の値 (引用符を含む) をコピーします。

  8. Route 53 コンソールで次の操作を行います。

    1. [値/トラフィックのルーティング先] で、IP アドレス、またはレコードタイプに応じた別の値を選択し、ステップ 7 でコピーした値を貼り付けます。

      その他の設定は変更しないでください。

    2. [作成] を選択します。

Amazon WorkMail の Route 53 MX レコードを作成するには

  1. Amazon WorkMail コンソールの [ステップ 2: ドメインセットアップのファイナライズ] セクションで、[レコードタイプ] の値が [MX] である行に移動し、[] 列の値をコピーします。

  2. Route 53 コンソールで次の操作を行います。

    1. [Create record (レコードを作成)] を選択します。

    2. [値/トラフィックのルーティング先] で、IP アドレス、またはレコードタイプに応じた別の値を選択し、ステップ 1 でコピーした値を貼り付けます。

    3. [レコードタイプ] で、[MX – Mail Exchange] を選択します。

      その他の設定は変更しないでください。

    4. [レコードを作成] を選択します。

Amazon WorkMail 用に 4 つの Route 53 CNAME レコードを作成するには

  1. Amazon WorkMail コンソールの [ステップ 2: ドメインセットアップのファイナライズ] セクションで、[レコードタイプ] の値が [CNAME] である最初の行に移動します。[Hostname] 列で、値のメールドメイン名より前の部分をコピーします。

    例えば、Amazon WorkMail メール ドメインが example.com で、[Hostname] の値が autodiscover.example.com である場合は、autodiscover をコピーします。

  2. Route 53 コンソールで次の操作を行います。

    1. [Create record (レコードを作成)] を選択します。

    2. [レコード名] に、ステップ 1 でコピーした値を貼り付けます。

    3. [レコードタイプ] で、[CNAME - 正規化名] を選択します。

  3. Amazon WorkMail コンソールの [レコードタイプ] が [CNAME] である最初の行で、[] 列の値をコピーします。

  4. Route 53 コンソールで次の操作を行います。

    1. [値/トラフィックのルーティング先] で、IP アドレス、またはレコードタイプに応じた別の値を選択し、ステップ 3 でコピーした値を貼り付けます。

      その他の設定は変更しないでください。

    2. [レコードを作成] を選択します。

  5. Amazon WorkMail コンソールにリストされている残りの CNAME レコードに対して、ステップ 1 から 4 を繰り返します。