AWS SCT を使用した移行評価レポートの作成 - AWS Schema Conversion Tool

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SCT を使用した移行評価レポートの作成

AWS Schema Conversion Tool の重要な点は、スキーマの変換に役立つレポートが生成されることです。このデータベース移行評価レポートは、ターゲット DB インスタンスの DB エンジンに変換できないスキーマに関する、すべてのスキーマ変換タスクやアクション項目の詳細をまとめたものです。レポートはアプリケーションで表示するか、カンマ区切り値 (CSV) または PDF ファイルとしてエクスポートできます。

複数のソースとターゲットデータベースを単一のプロジェクトに追加すると、AWS SCTは、すべてのコンバージョンペアのレポートを 1 つのデータベース移行評価レポートに集約します。

仮想ターゲットデータベースプラットフォームを使用して、評価レポートを生成し、選択したデータベースプラットフォームへの移行の複雑さを把握できます。この場合、ターゲットデータベースプラットフォームに接続する必要はありません。たとえば、Babelfish for Aurora PostgreSQL を仮想ターゲットデータベースプラットフォームとして使用して、データベース移行評価レポートを作成できます。仮想ターゲットデータベースプラットフォームの詳細については、を参照してください。仮想ターゲットの使用

移行評価レポートには、次のものが含まれます。

  • エグゼクティブサマリー

  • ライセンス評価

  • クラウドサポート。ソースデータベースの機能のうちターゲットで使用できないものを示します。

  • 推奨事項。サーバーオブジェクトの変換、バックアップの提案、リンクされたサーバーの変更などです。

このレポートには、自動的に変換できないため、ターゲット DB インスタンスで同等のコードを記述するために必要な労力の予測も含まれます。

AWS SCT を使用して、Amazon RDS DB インスタンスに既存のスキーマを移行する場合は、レポートを出力して、AWS クラウドへの移動やライセンスタイプの変更に関する要件を分析できます。