Pro*C アプリケーションの SQL コードの変換方法AWS SCT - AWS Schema Conversion Tool

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Pro*C アプリケーションの SQL コードの変換方法AWS SCT

Oracle から PostgreSQL への変換では、AWS Schema Conversion Tool(AWS SCT) を使用して、埋め込まれた SQL コードを Pro*C アプリケーションに変換します。この特定の Pro*C アプリケーションコンバータは、アプリケーションロジックを理解します。関数、パラメータ、ローカル変数など、さまざまなアプリケーションオブジェクトにあるステートメントを収集します。

この詳細な分析により、Pro*C アプリケーションの SQL コードコンバーターは、汎用コンバーターよりも変換結果が優れています。

でのPro*Cアプリケーション変換プロジェクトの作成AWS SCT

Pro*C アプリケーション変換プロジェクトは、Oracle データベーススキーマを PostgreSQL データベーススキーマに変換する場合にのみ作成できます。ソース Oracle スキーマとターゲット PostgreSQL データベースを含むマッピングルールをプロジェクトに追加してください。詳細については、「AWS SCT でのマッピングルールの作成」を参照してください。

複数のアプリケーション変換プロジェクトを 1 つのプロジェクトに追加できますAWS SCTプロジェクト。Pro*C アプリケーション変換プロジェクトを作成するには、以下の手順に従います。

Pro*C アプリケーション変換プロジェクトを作成するには
  1. データベース変換プロジェクトを作成し、ソース Oracle データベースを追加します。詳細については、AWS SCT プロジェクトの作成 および AWS SCT プロジェクトへのデータベースサーバーの追加 を参照してください。

  2. ソース Oracle データベースとターゲット PostgreSQL データベースを含むマッピングルールを追加します。マッピングルールでターゲット PostgreSQL データベースを追加するか、仮想 PostgreSQL ターゲットデータベースプラットフォームを使用できます。詳細については、AWS SCT でのマッピングルールの作成 および 仮想ターゲットの使用 を参照してください。

  3. [View] (ビュー) メニューで、[Main View] (メインビュー) を選択します。

  4. 上にアプリケーションメニュー、選択新しい Pro*C アプリケーション

    -Pro*C アプリケーション変換プロジェクトの作成ダイアログボックスが表示されます。

    
                            新しい Pro*C アプリケーション変換プロジェクト (変換プロジェクト) ダイアログボックス
  5. にとって[Name] (名前)に、Pro*C アプリケーション変換プロジェクトの名前を入力します。各データベーススキーマ変換プロジェクトには 1 つ以上の子アプリケーション変換プロジェクトを含めることができるため、複数のプロジェクトを追加する場合にわかりやすい名前を選択してください。

  6. にとってLocationで、アプリケーションのソースコードの場所を入力します。

  7. ソースツリーで、アプリケーションが使用するスキーマを選択します。このスキーマがマッピングルールに含まれることを確認してください。AWS SCTマッピングルールに含まれるスキーマが、で強調表示されます。

  8. 選択してくださいOKPro*C アプリケーション変換プロジェクトを作成します。

  9. お使いの Pro*C アプリケーション変換プロジェクトはアプリケーションノードは左側のパネルに表示されます。

でのPro*Cアプリケーション変換プロジェクトの管理AWS SCT

複数の Pro*C アプリケーション変換プロジェクトを追加したり、アプリケーションコードをAWS SCTプロジェクト、または Pro*C 変換プロジェクトをAWS SCTプロジェクト。

Pro*C アプリケーション変換プロジェクトを追加するには
  1. 拡張アプリケーションノードは左側のパネルに表示されます。

  2. 選択してくださいCノードを選択し、右クリックによりコンテキストメニューを開きます。

  3. [New application] (新しいアプリケーション) を選択します。

  4. 新しい Pro*C アプリケーション変換プロジェクトを作成するために必要な情報を入力します。詳細については、「Pro*C アプリケーション変換プロジェクトの作成」を参照してください。

ソースアプリケーションコードに変更を加えたら、そのコードをAWS SCTプロジェクト。

更新されたアプリケーションコードをアップロードするには
  1. 拡張Cノード[]アプリケーション左側のパネルに表示されます。

  2. 更新するアプリケーションを選択して、コンテキスト (右クリック) メニューを開きます。

  3. 選択してください更新そしてを選択しますはい

    AWS SCTソースファイルからアプリケーションコードをアップロードし、変換結果を削除します。で行ったコード変更を保存するにはAWS SCTそして変換結果から、新しい Pro*C 変換プロジェクトを作成します。

Pro*C アプリケーション変換プロジェクトを削除するには
  1. 拡張Cノード[]アプリケーション左側のパネルに表示されます。

  2. 削除するアプリケーションを選択して、コンテキスト (右クリック) メニューを開きます。

  3. 選択してください削除そしてを選択しますOK

Pro*C アプリケーションの SQL コードの変換AWS SCT

Pro*C アプリケーションをAWS SCTproject、このアプリケーションの SQL コードを、ターゲットのデータベースプラットフォームと互換性のある形式に変換してください。以下の手順を使用して、Pro*C アプリケーションに埋め込まれている SQL コードをAWS Schema Conversion Tool。

SQL コードを変換するには
  1. 拡張Cノード[]アプリケーション左側のパネルに表示されます。

  2. 変換するアプリケーションを選択し、設定

    1. にとってグローバルヘッダーファイルのパスで、アプリケーションプロジェクトが使用するヘッダーファイルへのパスを入力します。

    2. 選択してください未解決のホスト変数をすべて次のように解釈します変換されたコード内の未解決の変数をすべて表示します。

    3. 選択してください拡張パックの固定幅文字列変換関数を使う変換された SQL コードで拡張パック関数を使用する。AWS SCTアプリケーションプロジェクトにエクステンションパックファイルを含めます。

    4. 選択してください匿名のPL/SQLブロックをスタンドアロンのSQLコールまたはストアド・ファンクションに変換すべての匿名PL/SQLブロック用のストアド・プロシージャをターゲット・データベースに作成します。AWS SCT次に、これらのストアドプロシージャの実行を変換されたアプリケーションコードに含めます。

    5. 選択してくださいカスタムカーソルフローを使用Oracle データベースカーソルの変換を改善します。

  3. 左パネルで変換するアプリケーションを選択し、コンテキスト (右クリック) メニューを開きます。

  4. 選択してくださいCONT。AWS SCTソースコードファイルを分析し、アプリケーションロジックを決定し、コードメタデータをプロジェクトにロードします。このコードメタデータには、Pro*C クラス、オブジェクト、メソッド、グローバル変数、インターフェイスなどが含まれます。

    ターゲットデータベースパネルで、AWS SCTソースアプリケーションプロジェクトと同様のフォルダ構造を作成します。ここで、変換されたアプリケーションコードを確認できます。

    
                            分析する SQL コード
  5. 変換したアプリケーションコードを保存します。詳細については、「変換されたアプリケーションコードの編集と保存」を参照してください。

での Pro*C アプリケーション変換評価レポートの作成AWS SCT

-Pro*C アプリケーション変換評価レポートPro*C アプリケーションに埋め込まれた SQL コードを、ターゲットデータベースと互換性のある形式に変換する方法について説明します。評価レポートには、すべての SQL 実行ポイントとすべてのソースコードファイルのコンバージョンの詳細が表示されます。評価レポートには、次のようなSQLコードのアクションアイテムも含まれています。AWS SCT変換できない。

Pro*C アプリケーション変換評価レポートを作成するには、以下の手順に従います。

Pro*C アプリケーション変換評価レポートを作成するには
  1. 拡張Cノード[]アプリケーション左側のパネルに表示されます。

  2. 変換するアプリケーションを選択して、コンテキスト (右クリック) メニューを開きます。

  3. 選択してくださいCONT

  4. 上にの表示メニュー、選択評価レポートビュー

  5. [Summary] (概要) タブを確認します。

    -概要以下に示している、Pro*C アプリケーション評価レポートのエグゼクティブサマリーが表示されます。すべての SQL 実行ポイントとすべてのソースコードファイルの変換結果が表示されます。

    
                            [Pro*C] (概要) タブ
  6. 選択してくださいステートメントを CSV に保存Pro*C アプリケーションから抽出された SQL コードを、カンマ区切り値 (CSV) ファイルとして保存します。

  7. (オプション) レポートのローカルコピーを PDF ファイルまたはカンマ区切り値 (CSV) のどちらかとして保存します。

    • 選択してくださいCSV に保存右上に表示され、レポートが PDF ファイルとして保存されます。

      PDF ファイルには、エグゼクティブサマリー、アクションアイテム、およびアプリケーション変換に関する推奨事項が含まれています。

    • 選択してくださいCSV に保存右上に表示され、レポートが CSV ファイルとして保存されます。

      CSV ファイルには、アクション項目、推奨アクション、および SQL コードの変換に必要な手作業の見積もりの複雑さが含まれています。

で変換されたアプリケーションコードの編集と保存AWS SCT

変換されたSQL文を編集して使用することができますAWS SCTこの編集したコードを、変換された Pro*C アプリケーションコードに埋め込みます。以下の手順に従って、変換された SQL コードを編集します。

変換された SQL コードを編集するには
  1. 拡張Cノード[]アプリケーション左側のパネルに表示されます。

  2. 変換するアプリケーションを選択し、コンテキスト (右クリック) メニューを開いてからCONT

  3. 上にの表示メニュー、選択評価レポートビュー

  4. 選択してくださいステートメントを CSV に保存Pro*C アプリケーションから抽出した SQL コードを CSV ファイルとして保存します。

  5. 抽出した SQL コードを保存する CSV ファイルの名前を入力し、保存

  6. 抽出した SQL コードを編集します。

  7. [View] (ビュー) メニューで、[Main View] (メインビュー) を選択します。

  8. 拡張Cノード[]アプリケーションターゲットデータベースパネルに表示されます。

  9. 変換されたアプリケーションを選択し、コンテキスト (右クリック) メニューを開いて選択ステートメントを CSV からインポートする

  10. 選択してくださいはい次に、編集した SQL コードを含むファイルを選択し、オープン

AWS SCT変換された SQL 文を部分に分割し、ソースアプリケーションコードの適切なオブジェクトに配置します。以下の手順に従って、変換されたアプリケーションコードを保存します。

変換されたアプリケーションコードを保存するには
  1. 拡張Cノード[]アプリケーションターゲットデータベースパネルに表示されます。

  2. 変換したアプリケーションを選択し、保存

  3. 変換されたアプリケーションコードを保存するフォルダへのパスを入力し、フォルダーの選択