AWS Schema Conversion Tool
ユーザーガイド (Version 1.0)

Amazon Redshift を使用した AWS Schema Conversion Tool の最適化

AWS Schema Conversion Tool を使用して Amazon Redshift データベースを最適化できます。Amazon Redshift データベースをソースとして、テスト Amazon Redshift データベースをターゲットとして使用する場合、AWS SCT では、データベースを最適化するための並べ替えキーおよびディストリビューションキーが推奨されます。

Amazon Redshift データベースの最適化

次の手順に従い、Amazon Redshift データベースを最適化します。

Amazon Redshift データベースを最適化するには

  1. バックアップとして、手動で Amazon Redshift クラスターのスナップショットを撮ります。Amazon Redshift クラスターを最適化し、変更のテストが完了したら、スナップショットを削除できます。詳細については、「Amazon Redshift スナップショット」を参照してください。

  2. プロジェクトの左側のパネルから、変換するスキーマオブジェクトを選択します。オブジェクトのコンテキスト (右クリック) メニューを開き、[Collect Statistics] を選択します。

    AWS SCT は統計を使用して、並べ替えキーとディストリビューションキーを提案します。

  3. プロジェクトの左側のパネルから、最適化するスキーマオブジェクトを選択します。オブジェクトのコンテキスト (右クリック) メニューを開き、[Run Optimization] を選択します。

    AWS SCT は並べ替えキーとディストリビューションキーを提案します。

  4. 提案を確認するには、プロジェクトの左側のパネルのスキーマにあるテーブルのノードを展開し、テーブルを選択します。次に示されているように、[Key Management] タブを選択します。

    
                            [Key Management (キーの管理)] タブ

    左側のペインにはキーの提案が含まれ、各提案の信頼性に関する評価が含まれています。いずれかの提案を選択するか、右側のペインで編集してキーをカスタマイズできます。

  5. 最適化の提案が記載されているレポートを作成できます。レポートを作成するには、次の手順に従います。

    1. プロジェクトの左側のパネルから、最適化したスキーマオブジェクトを選択します。オブジェクトのコンテキスト (右クリック) メニューを開き、[Create Report] を選択します。

      メインウィンドウでレポートが開き、[Summary] タブが表示されます。最適化の提案があるオブジェクトの数がレポートに記載されます。

    2. [Action Items] タブを選択して、レポートフォーマットにある主要な提案を確認します。

    3. 最適化レポートのローカルコピーは PDF ファイルまたはカンマ区切り値 (CSV) ファイルとして保存できます。CSV ファイルには、アクション項目の情報のみが含まれます。PDF ファイルには、要約とアクション項目の情報の両方が含まれます。

  6. 提案された最適化をデータベースに適用するには、プロジェクトの右側パネルでオブジェクトを選択します。オブジェクトのコンテキスト (右クリック) メニューを開き、[Apply to database] を選択します。