AWS SCT のインストール、検証、更新 - AWS Schema Conversion Tool

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SCT のインストール、検証、更新

-AWS Schema Conversion Tool(AWS SCT) は、プロジェクトベースのユーザーインターフェイスを提供するスタンドアロンアプリケーションです。AWS SCTは、Fedora Linux、マイクロソフトウィンドウズ、および Ubuntu Linux バージョン 15.04 で利用できます。AWS SCTは 64 ビットオペレーティングシステムでのみサポートされています。

正しいバージョンのAWS SCTディストリビューションファイル圧縮ファイルのダウンロード後の検証手順が用意されています。この手順を使用してファイルを検証できます。

AWS SCT のインストール

AWS SCT をインストールするには

  1. オペレーティングシステム用のリンクを使って、AWS SCT のインストーラを含む圧縮ファイルをダウンロードします。圧縮されたファイルの拡張子はすべて .zip です。インストーラ AWS SCT インストーラファイルを抽出すると、オペレーティングシステム用の適切な形式になります。

  2. 次に示すように、オペレーティングシステム用の AWS SCT のインストーラファイルを抽出します。

    オペレーティングシステム ファイル名

    Fedora Linux

    aws-schema-conversion-tool-1.0.build-number.x86_64.rpm

    Microsoft Windows

    AWS Schema Conversion Tool-1.0.build-number.msi

    Ubuntu Linux

    aws-schema-conversion-tool-1.0.build-number.deb

  3. 前のステップで抽出した AWS SCT インストーラファイルを実行します。次に示すように、オペレーティングシステムの手順を使用します。

    オペレーティングシステム インストール手順

    Fedora Linux

    ファイルをダウンロードしたフォルダーで、次のコマンドを実行します。

    sudo yum install aws-schema-conversion-tool-1.0.build-number.x86_64.rpm

    Microsoft Windows

    ファイルをダブルクリックしてインストーラを実行します。

    Ubuntu Linux

    ファイルをダウンロードしたフォルダーで、次のコマンドを実行します。

    sudo dpkg -i aws-schema-conversion-tool-1.0.build-number.deb

  4. ソースとターゲット両方のデータベースエンジン用 Java Database Connectivity (JDBC) ドライバをダウンロードします。手順とダウンロードのリンクについては、「必要なデータベースドライバのダウンロード」を参照してください。

これで、AWS SCT アプリケーションのセットアップが完了しました。 アプリケーションのアイコンをダブルクリックして AWS SCT を実行します。

以前のバージョンの AWS SCT のインストール

以前のバージョンのの表示、インストールが可能です。AWS SCT1.0.625から開始します。以前のバージョンをダウンロードするには、次の形式を使用して、バージョンと OS の情報を提供してください。

https://d211wdu1froga6.cloudfront.net/builds/1.0/<version>/<OS>/aws-schema-conversion-tool-1.0.zip

たとえば、ダウンロードするにはAWS SCTバージョン 662 の場合は、次の作業を行います。

AWSは、最新の 3 つのバージョンのAWS SCTアプリケーションをデプロイします。の最新バージョンを使用することをお勧めしますAWS SCT。

AWS SCT ファイルのダウンロードの検証

のディストリビューションファイルを検証するには、複数の方法があります。AWS SCT。最も簡単な方法としては、ファイルのチェックサムを AWS の公表チェックサムと比較します。追加のセキュリティレベルとして、ファイルのインストール先のオペレーティングシステムに応じて、次の手順を使用してディストリビューションを検証できます。

このセクションでは、次のトピックについて説明します。

AWS SCT ファイルのチェックサムの検証

AWS SCT 圧縮ファイルのダウンロード時または保存時に生じた可能性があるエラーを検出するには、ファイルのチェックサムを AWS が提供する値と比較します。AWS はチェックサムに SHA256 アルゴリズムを使用します。

チェックサムを使用して AWS SCT ディストリビューションファイルを検証するには

  1. [Installing] (インストール) セクションのリンクを使用して、AWS SCT ディストリビューションファイルをダウンロードします。

  2. 最新のチェックサムファイル (sha256Check.txt) をダウンロードします。例えば、このファイルは次のように表示されます。

    Fedora b4f5f66f91bfcc1b312e2827e960691c269a9002cd1371cf1841593f88cbb5e6 Ubuntu 4315eb666449d4fcd95932351f00399adb6c6cf64b9f30adda2eec903c54eca4 Windows 6e29679a3c53c5396a06d8d50f308981e4ec34bd0acd608874470700a0ae9a23
  3. ディストリビューションファイルが含まれているディレクトリで、オペレーティングシステムの SHA256 検証コマンドを実行します。例えば、Linux オペレーティングシステムで実行するコマンドは次のとおりです。

    shasum -a 256 aws-schema-conversion-tool-1.0.latest.zip
  4. コマンドの結果と sha256Check.txt ファイルに表示されている値を比較します。2 つの値は一致する必要があります。

Fedora での AWS SCT RPM ファイルの検証

AWS には、ディストリビューションファイルのチェックサムに加えて、別のレベルの検証があります。ディストリビューションファイル内のすべての RPM ファイルは、AWS プライベートキーで署名されます。パブリック GPG キーは、amazon.com.public.gpg-key で表示できます。

Fedora での AWS SCT RPM ファイルを検証するには

  1. [Installing] (インストール) セクションのリンクを使用して、AWS SCT ディストリビューションファイルをダウンロードします。

  2. AWS SCT ディストリビューションファイルのチェックサムを検証します。

  3. ディストリビューションファイルの内容を抽出します。検証する RPM ファイルを見つけます。

  4. amazon.com.public.gpg-key から GPG パブリックキーをダウンロードします

  5. 次のコマンドを使用して、パブリックキーを RPM DB にインポートします (適切なアクセス許可があることを確認してください)。

    sudo rpm --import aws-dms-team@amazon.com.public.gpg-key
  6. 次のコマンドを実行してインポートが成功したことを確認します。

    rpm -q --qf "%{NAME}-%{VERSION}-%{RELEASE} \n %{SUMMARY} \n" gpg-pubkey-ea22abf4-5a21d30c
  7. 次のコマンドを実行して RPM 署名を確認します。

    rpm --checksig -v aws-schema-conversion-tool-1.0.build number-1.x86_64.rpm

Ubuntu での AWS SCT DEB ファイルの検証

AWS には、ディストリビューションファイルのチェックサムに加えて、別のレベルの検証があります。ディストリビューションファイル内のすべての DEB ファイルは、GPG デタッチ済み署名で署名されます。

Ubuntu で AWS SCT DEB ファイルを検証するには

  1. [Installing] (インストール) セクションのリンクを使用して、AWS SCT ディストリビューションファイルをダウンロードします。

  2. AWS SCT ディストリビューションファイルのチェックサムの検証

  3. ディストリビューションファイルの内容を抽出します。検証する DEB ファイルを見つけます。

  4. デタッチ済み署名をaws-schema-conversion-tool-1.

  5. amazon.com.public.gpg-key から GPG パブリックキーをダウンロードします。

  6. 次のコマンドを実行して GPG パブリックキーをインポートします。

    gpg --import aws-dms-team@amazon.com.public.gpg-key
  7. 次のコマンドを実行して署名を検証します。

    gpg --verify aws-schema-conversion-tool-1.0.latest.deb.asc aws-schema-conversion-tool-1.0.build number.deb

Microsoft Windows での AWS SCT MSI ファイルの検証

AWS には、ディストリビューションファイルのチェックサムに加えて、別のレベルの検証があります。MSI ファイルのデジタル署名をチェックし、AWS による署名であることを確認できます。

Windows で AWS SCT MSI ファイルを検証するには

  1. [Installing] (インストール) セクションのリンクを使用して、AWS SCT ディストリビューションファイルをダウンロードします。

  2. AWS SCT ディストリビューションファイルのチェックサムの検証

  3. ディストリビューションファイルの内容を抽出します。検証する MSI ファイルを見つけます。

  4. Windows エクスプローラーで、MSI ファイルを右クリックして [Properties] (プロパティ) を選択します。

  5. [Digital Signatures] (デジタル署名) タブを選択します。

  6. デジタル署名が Amazon Services LLC によるものであることを確認します。

必要なデータベースドライバのダウンロード

を使用する場合AWS SCT正常に動作するためには、ソースとターゲット両方のデータベースエンジン用に、JDBC ドライバをダウンロードします。仮想ターゲットデータベースプラットフォームを使用する場合、ターゲットデータベースエンジン用に、JDBC ドライバをダウンロードする必要はありません。詳細については、「仮想ターゲットの使用」を参照してください。

ドライバをダウンロードしたら、ドライバファイルの場所を指定します。詳細については、「グローバル設定でのドライバパスの保存」を参照してください。

次の場所から、データベースドライバをダウンロードできます。

重要

使用できるドライバの最新バージョンをダウンロードします。次の表には、でサポートされるデータベースドライバーの最低バージョンが含まれていますAWS SCT。

データベースエンジン ドライバ ダウンロード場所

Amazon Aurora MySQL 互換エディション

mysql-connector-java-5.1.6.jar

https://www.mysql.com/products/connector/

Amazon Aurora PostgreSQL 互換エディション

postgresql-42.2.19.jar

https://jdbc.postgresql.org/download/postgresql-42.2.19.jar

Amazon Redshift

redshift-jdbc42-2.1.9.jar

https://s3.amazonaws.com/redshift-downloads/drivers/jdbc/2.1.0.9/redshift-jdbc42-2.1.0.9.zip

Amazon Redshift サーバーレス

redshift-jdbc42-2.1.9.jar

https://s3.amazonaws.com/redshift-downloads/drivers/jdbc/2.1.0.9/redshift-jdbc42-2.1.0.9.zip

Azure SQL データベース

mssql-jdbc-7.2.2.jre11.jar

https://docs.microsoft.com/en-us/sql/connect/jdbc/release-notes-for-the-jdbc-driver? view=sql-server-ver15 #72

Azure Synapse Analy

mssql-jdbc-7.2.2.jre11.jar

https://docs.microsoft.com/en-us/sql/connect/jdbc/release-notes-for-the-jdbc-driver? view=sql-server-ver15 #72

Greenplum データベース

postgresql-42.2.19.jar

https://jdbc.postgresql.org/download/postgresql-42.2.19.jar

z/OS 用 IBM Db2

db2jcc-db2jcc4.jar

https://www.ibm.com/support/pages/db2-jdbc-driver-versions-and-downloads-db2-zos

IBM Db2 LUW

db2jcc-db2jcc4.jar

https://www.ibm.com/support/pages/node/382667

MariaDB

mariadb-java-client-2.

https://downloads.mariadb.com/Connectors/java/connector-java-2.4.1/mariadb-java-client-2.

Microsoft SQL Server

mssql-jdbc-10.2.jar

https://docs.microsoft.com/en-us/sql/connect/jdbc/download-microsoft-jdbc-driver-for-sql-server? view=sql-server-ver15

MySQL

mysql-connector-java-0.15

https://dev.mysql.com/downloads/connector/j/

Netezza

nzjdbc.jar

クライアントツールのソフトウェアを使用します。ドライババージョン 7.2.1 をダウンロードします。これはデータウェアハウスバージョン 7.2.0 と後方互換性があります。

http://www.ibm.com/support/knowledgecenter/SSULQD_7.2.1/com.ibm.nz.datacon.doc/c_datacon_plg_overview.html

Oracle

ojdbc8.jar

ドライババージョン 8 以降がサポートされます。

https://www.oracle.com/database/technologies/jdbc-ucp-122-downloads.html

PostgreSQL

postgresql-42.2.19.jar

https://jdbc.postgresql.org/download/postgresql-42.2.19.jar

SAP ASE (Sybase ASE) jconn4.jar

SAP ASE 製品とともに提供される SDK for SAP Adaptive Server Enterprise 16 に含まれています。この SDK の試用版はhttps://www.sap.com/developer/trials-downloads/additional-downloads/sdk-for-sap-adaptive-server-enterprise-16-13351.html

Snowflake

snowflake-jdbc-3.9.2.jar

詳細については、次を参照してください。JDBC ドライバのダウンロード/統合

https://repo1.maven.org/maven2/net/snowflake/snowflake-jdbc/3.9.2/snowflake-jdbc-3.9.2.jar

Teradata

terajdbc4.jar

tdgssconfig.jar

https://downloads.teradata.com/download/connectivity/jdbc-driver

Vertica

vertica-jdbc-9.1.1-0.jar

ドライババージョン 7.2.0 以降がサポートされます。

https://www.vertica.com/client_drivers/9.1.x/9.1.1-0/vertica-jdbc-9.1.1-0.jar

Linux での JDBC ドライバのインストール

次のステップを使用して、AWS SCT で使用する Linux システムで JDBC ドライバをインストールできます。

JDBC ドライバを Linux システムにインストールするには

  1. JDBC ドライバを保存するディレクトリを作成します。

    PROMPT>sudo mkdir –p /usr/local/jdbc-drivers
  2. 次に示すコマンドを使用して、データベースエンジン用の JDBC ドライバをインストールします。

    データベースエンジン インストールコマンド

    Amazon Aurora (MySQL との互換性あり)

    PROMPT> cd /usr/local/jdbc-drivers PROMPT> sudo tar xzvf /tmp/mysql-connector-java-X.X.X.tar.gz

    Amazon Aurora (PostgreSQL との互換性あり)

    PROMPT> cd /usr/local/jdbc-drivers PROMPT> sudo cp -a /tmp/postgresql-X.X.X.jre7.tar .

    Microsoft SQL Server

    PROMPT> cd /usr/local/jdbc-drivers PROMPT> sudo tar xzvf /tmp/sqljdbc_X.X.X_enu.tar.gz

    MySQL

    PROMPT> cd /usr/local/jdbc-drivers PROMPT> sudo tar xzvf /tmp/mysql-connector-java-X.X.X.tar.gz

    Oracle

    PROMPT> cd /usr/local/jdbc-drivers PROMPT> sudo mkdir oracle-jdbc PROMPT> cd oracle-jdbc PROMPT> sudo cp -a /tmp/ojdbc8.jar .

    PostgreSQL

    PROMPT> cd /usr/local/jdbc-drivers PROMPT> sudo cp -a /tmp/postgresql-X.X.X.jre7.tar .

グローバル設定でのドライバパスの保存

必要な JDBC ドライバをダウンロードしてインストールしたら、AWS SCT の設定でドライバの場所をグローバルに設定できます。ドライバの場所をグローバルに設定しない場合、データベースに接続する際にドライバの場所が尋ねられます。

ドライバファイルの場所を更新するには

  1. In (イン)AWS SCT、選択設定] を選択してから、グローバル設定

    
                            [Choose global settings] (グローバル設定の選択)
  2. [Global settings] (グローバル設定) で、[Drivers] (ドライバー) を選択します。ソースデータベースエンジンとターゲット Amazon RDS DB インスタンスデータベースエンジン用の JDBC ドライバへのファイルパスを追加します。

    
                            [Global settings] (グローバル設定)
  3. ドライバのパスを追加し終えたら、[OK] を選択します。

AWS SCT の更新

AWS定期的に更新するAWS SCT新機能を追加しています。以前のバージョンから更新する場合は、新しい AWS SCT プロジェクトを作成し、使用中のデータベースオブジェクトを再変換します。

の更新プログラムが存在しているかご確認くださいAWS SCT。

AWS SCT の更新プログラムを確認するには

  1. にいる時期AWS SCT、選択ヘルプ[] を選択してから更新プログラムの確認

  2. [Check for Updates] (更新プログラムを確認) ダイアログボックスで、[What's New] (最新情報) を選択します。リンクが表示されない場合は、最新バージョンを使用しています。