IBM Db2 LUW を AWS Schema Conversion Tool のソースとして使用する - AWS Schema Conversion Tool

IBM Db2 LUW を AWS Schema Conversion Tool のソースとして使用する

IBM Db2 LUW から、以下のターゲットにデータを変換するときに、AWS SCT を使用できます。AWS SCT はソースとして、Db2 LUW バージョン 9.1、9.5、9.7、10.1、10.5、および 11.1 サポートしています。

  • Amazon RDS for MySQL

  • MySQL と互換性がある Amazon Aurora

  • Amazon RDS for PostgreSQL

  • PostgreSQL との互換性がある Amazon Aurora

ソースとして Db2 LUW を使用する場合に必要なアクセス権限

DB2LUW データベースに接続して利用可能な特権を確認し、ソースのスキーマメタデータを読み取るために必要な特権を以下に示します。

  • 接続を確立するために必要な特権:

    GRANT CONNECT ON DATABASE TO USER min_privs;

  • SQL ステートメントを実行するために必要な特権:

    GRANT EXECUTE ON PACKAGE NULLID.SYSSH200 TO USER MIN_PRIVS;

  • インスタンスレベルの情報を取得するために必要な特権:

    • GRANT EXECUTE ON FUNCTION SYSPROC.ENV_GET_INST_INFO TO USER MIN_PRIVS;

    • GRANT SELECT ON SYSIBMADM.ENV_INST_INFO TO USER MIN_PRIVS;

    • GRANT SELECT ON SYSIBMADM.ENV_SYS_INFO TO USER MIN_PRIVS;

  • ロール、グループ、および機関を通じて付与された特権を確認するために必要な特権:

    • GRANT EXECUTE ON FUNCTION SYSPROC.AUTH_LIST_AUTHORITIES_FOR_AUTHID TO USER MIN_PRIVS;

    • GRANT EXECUTE ON FUNCTION SYSPROC.AUTH_LIST_GROUPS_FOR_AUTHID TO USER MIN_PRIVS;

    • GRANT EXECUTE ON FUNCTION SYSPROC.AUTH_LIST_ROLES_FOR_AUTHID TO USER MIN_PRIVS;

    • GRANT SELECT ON SYSIBMADM.PRIVILEGES TO USER MIN_PRIVS;

  • システムカタログとテーブルで必要な特権:

    • GRANT SELECT ON SYSCAT.ATTRIBUTES TO USER MIN_PRIVS;

    • GRANT SELECT ON SYSCAT.CHECKS TO USER MIN_PRIVS;

    • GRANT SELECT ON SYSCAT.COLIDENTATTRIBUTES TO USER MIN_PRIVS;

    • GRANT SELECT ON SYSCAT.COLUMNS TO USER MIN_PRIVS;

    • GRANT SELECT ON SYSCAT.DATAPARTITIONEXPRESSION TO USER MIN_PRIVS;

    • GRANT SELECT ON SYSCAT.DATAPARTITIONS TO USER MIN_PRIVS;

    • GRANT SELECT ON SYSCAT.DATATYPEDEP TO USER MIN_PRIVS;

    • GRANT SELECT ON SYSCAT.DATATYPES TO USER MIN_PRIVS;

    • GRANT SELECT ON SYSCAT.HIERARCHIES TO USER MIN_PRIVS;

    • GRANT SELECT ON SYSCAT.INDEXCOLUSE TO USER MIN_PRIVS;

    • GRANT SELECT ON SYSCAT.INDEXES TO USER MIN_PRIVS;

    • GRANT SELECT ON SYSCAT.INDEXPARTITIONS TO USER MIN_PRIVS;

    • GRANT SELECT ON SYSCAT.KEYCOLUSE TO USER MIN_PRIVS;

    • GRANT SELECT ON SYSCAT.MODULEOBJECTS TO USER MIN_PRIVS;

    • GRANT SELECT ON SYSCAT.MODULES TO USER MIN_PRIVS;

    • GRANT SELECT ON SYSCAT.NICKNAMES TO USER MIN_PRIVS;

    • GRANT SELECT ON SYSCAT.PERIODS TO USER MIN_PRIVS;

    • GRANT SELECT ON SYSCAT.REFERENCES TO USER MIN_PRIVS;

    • GRANT SELECT ON SYSCAT.ROUTINEPARMS TO USER MIN_PRIVS;

    • GRANT SELECT ON SYSCAT.ROUTINES TO USER MIN_PRIVS;

    • GRANT SELECT ON SYSCAT.ROWFIELDS TO USER MIN_PRIVS;

    • GRANT SELECT ON SYSCAT.SCHEMATA TO USER MIN_PRIVS;

    • GRANT SELECT ON SYSCAT.SEQUENCES TO USER MIN_PRIVS;

    • GRANT SELECT ON SYSCAT.TABCONST TO USER MIN_PRIVS;

    • GRANT SELECT ON SYSCAT.TABLES TO USER MIN_PRIVS;

    • GRANT SELECT ON SYSCAT.TRIGGERS TO USER MIN_PRIVS;

    • GRANT SELECT ON SYSCAT.VARIABLEDEP TO USER MIN_PRIVS;

    • GRANT SELECT ON SYSCAT.VARIABLES TO USER MIN_PRIVS;

    • GRANT SELECT ON SYSCAT.VIEWS TO USER MIN_PRIVS;

    • GRANT SELECT ON SYSIBM.SYSDUMMY1 TO USER MIN_PRIVS;

  • SQL ステートメントを実行するには、データベースで有効になっているワークロードの少なくとも 1 つを使用する特権がユーザーアカウントに必要です。いずれのワークロードもユーザーに割り当てられていない場合は、デフォルトのユーザーワークロードがユーザーに対してアクセス可能であることを確認します。

    GRANT USAGE ON WORKLOAD SYSDEFAULTUSERWORKLOAD TO USER MIN_PRIVS;

クエリを実行するには、ページサイズが 8K、16K、および 32K であるシステム一時テーブルスペースを作成する必要があります (存在しない場合)。一時テーブルスペースを作成するには、以下のスクリプトを実行します。

CREATE BUFFERPOOL BP8K IMMEDIATE ALL DBPARTITIONNUMS SIZE AUTOMATIC NUMBLOCKPAGES 0 PAGESIZE 8K; CREATE SYSTEM TEMPORARY TABLESPACE TS_SYS_TEMP_8K PAGESIZE 8192 BUFFERPOOL BP8K; CREATE BUFFERPOOL BP16K IMMEDIATE ALL DBPARTITIONNUMS SIZE AUTOMATIC NUMBLOCKPAGES 0 PAGESIZE 16K; CREATE SYSTEM TEMPORARY TABLESPACE TS_SYS_TEMP_BP16K PAGESIZE 16384 BUFFERPOOL BP16K; CREATE BUFFERPOOL BP32K IMMEDIATE ALL DBPARTITIONNUMS SIZE AUTOMATIC NUMBLOCKPAGES 0 PAGESIZE 32K; CREATE SYSTEM TEMPORARY TABLESPACE TS_SYS_TEMP_BP32K PAGESIZE 32768 BUFFERPOOL BP32K;

Db2 LUW ソースへの接続

以下の手順を使用して、Db2 LUW ソースデータベースを AWS Schema Conversion Tool に接続します。

Db2 LUW ソースデータベースに接続するには

  1. AWS Schema Conversion Tool で、[Connect to Source DB2 LUW (ソース DB2 LUW に接続)] を選択します。

    
                                ソースデータベースへの接続

    [Connect to DB2 LUW] (DB2 LUW に接続) ダイアログボックスが表示されます。

    
                                Db2 LUW の接続情報
  2. Db2 LUW ソースデータベースの接続情報を提供します。以下の表の手順を使用してください。

    パラメータ 操作
    サーバー名

    ソースデータベースサーバーの DNS 名または IP アドレスを入力します。

    Server port

    ソースデータベースサーバーへの接続に使用するポートを入力します。

    [データベース]

    Db2 LUW データベースの名前を入力します。

    User namePassword

    ソースデータベースサーバーへの接続に使用するユーザー名とパスワードを入力します。

    注記

    AWS SCT で、パスワードを使用してソースデータベースに接続するのは、プロジェクトを作成するときか、プロジェクトで [Connect to source (ソースに接続)] オプションを選択するときのみです (source はソースデータベース)。ソースデータベースのパスワードの漏洩を防ぐため、AWS SCT によってパスワードは保存されません。AWS SCT プロジェクトを閉じて再び開いた場合は、必要に応じて、ソースデータベースへの接続に使用するパスワードの入力を求められます。

    Use SSL

    データベースへの接続に SSL を使用する場合は、このオプションを選択します。[SSL] タブで、必要に応じて、以下の追加情報を提供します。

    • Verify Server Certificate: 信頼ストアを使用してサーバー証明書を確認するには、このオプションを選択します。

    • Trust Store: 証明書を保存している信頼ストアの場所。この場所は、グローバル設定に追加すると、ここに表示されます。

    • Trust Store Password: 信頼ストアのパスワード。

    Db2 LUW の SSL サポートの詳細については、「接続のセキュリティオプションを設定する」を参照してください。

    Store Password

    AWS SCT は、安全なボールトを作成して、SSL 証明書とデータベースパスワードを保存します。このオプションを有効にすると、データベースのパスワードが保存されるため、パスワードを入力しなくてもデータベースにすばやく接続できます。

    DB2 LUW のドライバのパス

    ソースデータベースへの接続に使用するドライバのパスを入力します。詳細については、「 必要なデータベースドライバのインストール」を参照してください。

    ドライバパスをグローバルプロジェクト設定に保存する場合、ドライバパスは接続ダイアログボックスに表示されません。詳細については、「 グローバル設定でドライバのパスを保存」を参照してください。

  3. [Test Connection] を選択して、ソースデータベースに正常に接続できることを確認します。

  4. [OK] を選択して、ソースデータベースに接続します。