PostgreSQL をソースとして使用する AWS SCT - AWS Schema Conversion Tool

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

PostgreSQL をソースとして使用する AWS SCT

AWS SCT を使用して、PostgreSQL から次のターゲットにデータを変換できます。

  • Amazon RDS for MySQL

  • Amazon Aurora (MySQL)

  • Amazon RDS for PostgreSQL

  • Amazon Aurora (PostgreSQL)

詳細については、次のセクションを参照してください。

ソースデータベースとしてのPostgreSQLの権限

ソースとして PostgreSQL に必要な特権を以下に示します。

  • データベースの接続 <database_name>

  • SCHEMA の使用 <database_name>

  • SCHEMAのすべてのテーブルを選択 <database_name>

  • SCHEMAですべてのシーケンスを選択 <database_name>

ソースとしてPostgreSQLに接続中

以下の手順を使用して、AWS Schema Conversion Tool を使用する PostgreSQL ソースデータベースに接続します。

PostgreSQL ソースデータベースに接続するには

  1. AWS Schema Conversion Tool で、[Connect to PostgreSQL (PostgreSQL に接続)] を選択します。

    
                            ソースデータベースへの接続

    [Connect to PostgreSQL] ダイアログボックスが表示されます。

    
                            PostgreSQL の接続情報
  2. PostgreSQL ソースデータベースの接続情報を提供します。以下の表の手順を使用してください。

    パラメーター 操作
    サーバー名

    ソースデータベースサーバーの DNS 名または IP アドレスを入力します。

    Server port

    ソースデータベースサーバーへの接続に使用するポートを入力します。

    データベース。

    PostgreSQL データベースの名前を入力します。

    User namePassword

    ソースデータベースサーバーへの接続に使用するユーザー名とパスワードを入力します。

    注記

    AWS SCT は、プロジェクトを作成するか、 接続先 source オプション、ここで source ソースデータベースです。ソースデータベースのパスワードの漏洩を防ぐため、AWS SCT によってパスワードは保存されません。AWS SCT プロジェクトを閉じて再び開いた場合は、必要に応じて、ソースデータベースへの接続に使用するパスワードの入力を求められます。

    SSL の使用

    データベースへの接続に SSL を使用する場合は、このオプションを選択します。[SSL] タブで、必要に応じて、以下の追加情報を提供します。

    • サーバー証明書の確認: トラスト ストアを使用してサーバー証明書を検証するには、このオプションを選択します。

    • トラストストア: 証明書を含むトラスト ストアの場所。

    • Trust Store パスワード: 信頼ストアのパスワード。

    Store Password

    AWS SCT は、安全なボールトを作成して、SSL 証明書とデータベースパスワードを保存します。このオプションを有効にすると、データベースのパスワードが保存されるため、パスワードを入力しなくてもデータベースにすばやく接続できます。

    PostgreSQL Driver Path

    ソースデータベースへの接続に使用するドライバのパスを入力します。詳細については、必要なデータベース ドライバのインストール を参照してください。

    ドライバパスをグローバルプロジェクト設定に保存する場合、ドライバパスは接続ダイアログボックスに表示されません。詳細については、グローバル設定でのドライバ パスの保存 を参照してください。

  3. [Test Connection] を選択して、ソースデータベースに正常に接続できることを確認します。

  4. [OK] を選択して、ソースデータベースに接続します。