Microsoft SQL Server の AWS SCT のソースとしての使用 - AWS Schema Conversion Tool

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Microsoft SQL Server の AWS SCT のソースとしての使用

AWS SCT を使用して、SQL Server からのスキーマ、データベースコードオブジェクトおよびアプリケーションコードを次のターゲットに変換できます。

  • Amazon RDS for MySQL

  • Amazon Aurora MySQL 互換エディション

  • Amazon RDS for PostgreSQL

  • Amazon Aurora PostgreSQL 互換エディション

  • Amazon RDS for SQL Server

  • Amazon RDS for MariaDB

次を使用できます。AWS SCTを使用してスキーマ、データベースコードオブジェクトおよびアプリケーションコードの SQL Server から Babelfish for Aurora PostgreSQL への移行に関する評価レポートを作成します。

詳細については、次のセクションを参照してください。

ソースとして for Microsoft SQL Server の権限

ソースとして Microsoft SQL Server に必要な特権を以下に示します。

  • VIEW DEFINITION

  • VIEW DATABASE STATE

スキーマを変換する、各データベースの付与を繰り返します。

Microsoft SQL Server をソースとして使用するときの Windows 認証の使用

アプリケーションが Windows ベースのイントラネットで実行されている場合、データベースアクセスに Windows 認証を使用できることがあります。Windows 認証では、オペレーティングシステムのスレッドで確立された最新の Windows ID を使用して SQL Server データベースにアクセスします。次に、Windows ID を SQL Server データベースとアクセス権限にマッピングできます。Windows 認証を使用して SQL Server に接続するには、アプリケーションで使用している Windows ID を指定する必要があります。SQL Server データベースへのアクセス権を Windows ID に付与する必要もあります。

SQL Server には、次の 2 つのアクセスモードがあります。Windows 認証モードと混合モード。Windows 認証モードでは Windows 認証が有効になり、SQL Server 認証が無効になります。混合モードでは、Windows 認証と SQL Server 認証の両方が有効になります。Windows 認証は常に利用可能であり、無効にすることはできません。Windows 認証の詳細については、Microsoft Windows のドキュメントを参照してください。

TEST_DB でユーザーを作成する例を次に示します。

USE [TEST_DB] CREATE USER [TestUser] FOR LOGIN [TestDomain\TestUser] GRANT VIEW DEFINITION TO [TestUser] GRANT VIEW DATABASE STATE TO [TestUser]

JDBC 接続による Windows 認証の使用

JDBC ドライバは、Windows 以外のオペレーティングシステムで使用する場合、Windows 認証をサポートしていません。ユーザー名やパスワードなどの Windows 認証情報は、Windows 以外のオペレーティングシステムから SQL Server に接続するときには自動的に指定されません。このような場合、アプリケーションは代わりに SQL Server 認証を使用する必要があります。

JDBC 接続文字列では、Windows 認証を使用して接続するには、パラメータ integratedSecurity を指定する必要があります。JDBC ドライバは、integratedSecurity 接続文字列パラメータを通じて、Windows オペレーティングシステムで統合 Windows 認証をサポートします。

認証の統合を使用するには

  1. JDBC ドライバをインストールします。

  2. JDBC ドライバがインストールされているコンピュータの Windows システムパス上のディレクトリに、sqljdbc_auth.dll ファイルをコピーします。

    -sqljdbc_auth.dllファイルは次の場所にインストールされます。

    <インストールディレクトリ>\sqljdbc_<バージョン>\<言語>\auth\

Windows 認証を使用して SQL Server データベースへの接続を確立しようとする場合に、次のエラーが発生することがあります。このドライバは、統合認証用に設定されていません。この問題は、次のアクションを実行することで解決できます。

  • JDBC のインストール先パスを指す 2 つの変数を宣言します。

    variable name: SQLJDBC_HOME; variable value: D:\lib\JDBC4.1\enu(sqljdbc4.jar が存在する場所);

    variable name: SQLJDBC_AUTH_HOME; variable value: D\lib\JDBC4.1\enu\auth\x86(32bit OSを稼働している場合) やD\lib\JDBC4.1\enu\auth\x64(64bit OSを実行している場合)。ここがあなたのどこにあるのかsqljdbc_auth.dllが位置しています。

  • コピーsqljdbc_auth.dllJDK/JRE が実行されているフォルダに移動します。lib フォルダ、bin フォルダなどにコピーできます。例えば、次のフォルダにコピーできます。

    [JDK_INSTALLED_PATH]\bin; [JDK_INSTALLED_PATH]\jre\bin; [JDK_INSTALLED_PATH]\jre\lib; [JDK_INSTALLED_PATH]\lib;
  • JDBC ライブラリフォルダに、SQLJDBC4.jar ファイルのみがあることを確認します。このフォルダから、他の sqljdbc*.jar ファイルを削除します (または他のフォルダにコピーします)。ドライバをプログラムの一部として追加する場合は、使用するドライバとして SQLJDBC4.jar のみを追加します。

  • sqljdbc_auth.dll ファイルをアプリケーションのフォルダにコピーします。

注記

32 ビットの Java Virtual Machine (JVM) を実行している場合は、オペレーティングシステムが x64 バージョンであっても、x86 フォルダの sqljdbc_auth.dll ファイルを使用します。64 ビットの JVM を x64 プロセッサで実行している場合は、x64 フォルダの sqljdbc_auth.dll ファイルを使用します。

SQL Server データベースに接続するときは、[Windows Authentication] (Windows 認証) または [SQL Server Authentication] (SQL Server 認証) のどちらかを [Authentication] (認証) オプションで選択できます。

ソースとしての SQL Server への接続

以下の手順を使用して、Microsoft SQL Server ソースデータベースを AWS Schema Conversion Tool に接続します。

Microsoft SQL Server ソースデータベースに接続するには

  1. AWS Schema Conversion Tool で、[Add source] (ソースの追加) を選択します。

  2. [Microsoft SQL Server]、次に [Next] (次へ) を選択します。

    [Add source] (ソースの追加) ダイアログボックスが表示されます。

  3. を使用する場合接続名で、データベースの名前を入力します。AWS SCT左パネルのツリーにこの名前が表示されます。

  4. 次のデータベース認証情報を使用します。AWS Secrets Managerまたは、手動で入力してください。

    • Secrets Manager のデータベース資格情報を使用するには、次の手順を使用します。

      1. を使用する場合AWS シークレットで、シークレットの名前を選択します。

      2. 選択入力をクリックして、Secrets Manager からデータベース接続ダイアログボックスのすべての値を自動的に入力します。

      Secrets Manager のデータベース認証情報の使用の詳細については、「」を参照してください。AWS Secrets Manager を使用する

    • Microsoft SQL Server ソースデータベース接続情報を手動で入力するには、次の表に示す手順に従います。

      このパラメータについて この操作を行います
      [Server name] (サーバー名)

      ソースデータベースサーバーのドメインネームサービス (DNS) 名または IP アドレスを入力します。

      Server port

      ソースデータベースサーバーへの接続に使用するポートを入力します。

      Instance name

      SQL Server データベースのインスタンス名を入力します。インスタンス名を見つけるには、SQL Server データベースに対してクエリ SELECT @@servername; を実行します。

      Authentication

      [Windows Authentication] (Windows 認証) および [SQL Server Authentication] (SQL Server 認証) から認証タイプを選択します。

      [User name] (ユーザー名) と [Password] (パスワード)

      ソースデータベースサーバーへの接続に使用するユーザー名とパスワードを入力します。

      AWS SCT でパスワードを使用して、プロジェクト内のデータベースに接続することを選択する場合にのみソースデータベースに接続します。ソースデータベースのパスワードの漏洩を防ぐため、デフォルトで AWS SCT にパスワードは保存されません。AWS SCT プロジェクトを閉じて再び開いた場合は、必要に応じて、ソースデータベースへの接続に使用するパスワードの入力を求められます。

      SSL の使用

      データベースへの接続に Secure Sockets Layer (SSL) を使用する場合は、このオプションを選択します。[SSL] タブで、必要に応じて、以下の追加情報を提供します。

      • サーバー証明書を信頼する: サーバー証明書を信頼するには、このオプションを選択します。

      • 信頼ストア: 証明書を格納しているトラストストアの場所。この場所を[Global settings] (グローバル設定)セクションで、必ず追加してください。

      Store Password

      AWS SCT は、安全なボールトを作成して、SSL 証明書とデータベースパスワードを保存します。このオプションを有効にすると、データベースのパスワードが保存されるため、パスワードを入力しなくてもデータベースにすばやく接続できます。

      Sql Server Driver Path

      ソースデータベースへの接続に使用するドライバのパスを入力します。詳細については、「必要なデータベースドライバのインストール」を参照してください。

      ドライバパスをグローバルプロジェクト設定に保存する場合、ドライバパスは接続ダイアログボックスに表示されません。詳細については、「グローバル設定でのドライバパスの保存」を参照してください。

      Windows 認証ライブラリ

      sqljdbc_auth.dll ファイルへのパスを入力します。デフォルトでは、このファイルは次の場所にインストールされます。

      <installation directory of the JDBC driver>sqljdbc_<version>\<language>\auth\

  5. [Test Connection] (接続のテスト) を選択して、AWS SCT がソースデータベースに正常に接続できることを確認します。

  6. [Connect] (接続) を選択して、ソースデータベースに接続します。