CloudTrail を AWS Certificate Manager に使用する - AWS Certificate Manager

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

CloudTrail を AWS Certificate Manager に使用する

AWS Certificate Manager は AWS CloudTrail と統合されています。このサービスは、ACM 内でユーザーやロール、または AWS のサービスによって実行されたアクションを記録するサービスです。AWS アカウントでは、デフォルトで CloudTrail は有効になっています。CloudTrail は、ACM コンソールからのコールや ACM API オペレーションへのコード呼び出しを含む、ACM の API コールをイベントとしてキャプチャします。証跡を設定する場合は、ACM のイベントなど、Amazon S3 バケットへの CloudTrail イベントの継続的な配信を有効にすることができます。証跡を設定しない場合でも、CloudTrail コンソールの [Event history (イベント履歴)] で最新のイベントを表示できます。

CloudTrail によって収集された情報を使用して、ACM に対するリクエスト、リクエスト元の IP アドレス、リクエスト者、リクエスト日時などの詳細を確認できます。詳細については、「CloudTrail イベント履歴でのイベントの表示」を参照してください。ACM でサポートされるイベントアクティビティが発生すると、そのアクティビティは CloudTrail イベントとして AWS のサービスの他のイベントと共に [Event history (イベント履歴)] に記録されます。最近のイベントは、AWS アカウントで表示、検索、ダウンロードできます。

さらに、より詳細な分析と CloudTrail ログで収集されたデータに基づいた行動のためにその他の AWS サービスを設定できます。

CloudTrail の詳細については、次のドキュメントを参照してください。