メニュー
Amazon DynamoDB
開発者ガイド (API Version 2012-08-10)

UpdateTable

重要

このセクションは、廃止された API バージョン 2011-12-05 についての記述で、新しいアプリケーションで使用することはできません。

現在の低レベル API のドキュメントについては、Amazon DynamoDB API Referenceを参照してください。

説明

指定されたテーブルのプロビジョニングされたスループットを更新します。テーブルのスループットを設定すると、パフォーマンスを管理しやすくなります。スループットの設定は、DynamoDB のプロビジョニングされたスループット機能の一部です。詳細については、「読み取りと書き込みのスループット設定」を参照してください。

プロビジョニングされたスループット値は、「DynamoDB での制限」に記載されている最大値と最小値に基づいてアップグレードまたはダウングレードできます。

このオペレーションを正常に実行するには、テーブルが ACTIVE 状態である必要があります。UpdateTable は非同期オペレーションです。オペレーションを実行している間、テーブルは UPDATING 状態になります。テーブルが UPDATING 状態の間は、テーブルのプロビジョニングされたスループットは、コール前の数値のままです。新しいプロビジョニングされたスループット設定が有効になるのは、UpdateTable オペレーション後にテーブルが ACTIVE 状態に戻ったときだけです。

リクエスト

構文

Copy
// This header is abbreviated. // For a sample of a complete header, see DynamoDB 低レベル API. POST / HTTP/1.1 x-amz-target: DynamoDB_20111205.UpdateTable content-type: application/x-amz-json-1.0 {"TableName":"Table1", "ProvisionedThroughput":{"ReadCapacityUnits":5,"WriteCapacityUnits":15} }

名前 説明 必須
TableName

更新するテーブルの名前。

型: 文字列

はい
ProvisionedThroughput

指定したテーブルの新しいスループット。ReadCapacityUnitsWriteCapacityUnits の値で構成されます。「読み取りと書き込みのスループット設定」を参照してください。

型: 配列

はい
ProvisionedThroughput :ReadCapacityUnits

DynamoDB が他のオペレーションと負荷のバランスをとるまでの、指定したテーブルに関して 1 秒間に消費される整合性のある ReadCapacityUnits の最小数を設定します。

結果整合性のある読み込みオペレーションに必要な処理は、整合性のある読み込みオペレーションよりも少ないので、1 秒あたり 50 個の整合性のある ReadCapacityUnits という設定は、1 秒あたり 100 個の結果整合性のある ReadCapacityUnits に相当します。

型: 数値

はい
ProvisionedThroughput :WriteCapacityUnits

DynamoDB が他のオペレーションと負荷のバランスをとるまでの、指定したテーブルに関して 1 秒間に消費される WriteCapacityUnits の最小数を設定します。

型: 数値

はい

レスポンス

構文

Copy
HTTP/1.1 200 OK x-amzn-RequestId: CSOC7TJPLR0OOKIRLGOHVAICUFVV4KQNSO5AEMVJF66Q9ASUAAJG Content-Type: application/json Content-Length: 311 Date: Tue, 12 Jul 2011 21:31:03 GMT {"TableDescription": {"CreationDateTime":1.321657838135E9, "KeySchema": {"HashKeyElement":{"AttributeName":"AttributeValue1","AttributeType":"S"}, "RangeKeyElement":{"AttributeName":"AttributeValue2","AttributeType":"N"}}, "ProvisionedThroughput": {"LastDecreaseDateTime":1.321661704489E9, "LastIncreaseDateTime":1.321663607695E9, "ReadCapacityUnits":5, "WriteCapacityUnits":10}, "TableName":"Table1", "TableStatus":"UPDATING"}}

名前 説明
CreationDateTime

テーブルが作成された日付。

型: 数値

KeySchema

テーブルのプライマリキー(単純または複合)構造。HashKeyElement の名前と値のペアは必須です。RangeKeyElement の名前と値のペアはオプションです(複合プライマリキーの場合のみ、必須)。ハッシュキーの最大サイズは 2048 バイトです。範囲キーの最大サイズは 1024 バイトです。両方の制限は個別に適用されます(つまり、結合したハッシュ + 範囲 2048 + 1024 キーを使用できます)。プライマリキーの詳細については、「プライマリキー」を参照してください。

型: HashKeyElement のマップ、または複合プライマリキーの場合、HashKeyElementRangeKeyElement のマップ

ProvisionedThroughput

特定のテーブルにおける現在のスループット設定には次の値が含まれます: LastIncreaseDateTime (該当の場合)、LastDecreaseDateTime (該当の場合)、

型: 配列

TableName

更新されたテーブルの名前。

型: 文字列

TableStatus テーブルの現在の状態(CREATINGACTIVEDELETING または UPDATING)。状態は UPDATING のはずです。

DescribeTables オペレーションを使用して、テーブルのステータスを確認します。

型: 文字列

特殊なエラー

エラー 説明
ResourceNotFoundException 指定されたテーブルが見つかりませんでした。
ResourceInUseException テーブルが ACTIVE 状態ではありません。

リクエスト例

Copy
// This header is abbreviated. // For a sample of a complete header, see DynamoDB 低レベル API. POST / HTTP/1.1 x-amz-target: DynamoDB_20111205.UpdateTable content-type: application/x-amz-json-1.0 {"TableName":"comp1", "ProvisionedThroughput":{"ReadCapacityUnits":5,"WriteCapacityUnits":15} }

レスポンス例

Copy
HTTP/1.1 200 OK content-type: application/x-amz-json-1.0 content-length: 390 Date: Sat, 19 Nov 2011 00:46:47 GMT {"TableDescription": {"CreationDateTime":1.321657838135E9, "KeySchema": {"HashKeyElement":{"AttributeName":"user","AttributeType":"S"}, "RangeKeyElement":{"AttributeName":"time","AttributeType":"N"}}, "ProvisionedThroughput": {"LastDecreaseDateTime":1.321661704489E9, "LastIncreaseDateTime":1.321663607695E9, "ReadCapacityUnits":5, "WriteCapacityUnits":10}, "TableName":"comp1", "TableStatus":"UPDATING"} }