Amazon DynamoDB
開発者ガイド (API バージョン 2012-08-10)

Amazon DynamoDB とは

これは Amazon DynamoDB 開発者ガイド です。

Amazon DynamoDB は、フルマネージド型の NoSQL データベースサービスで、高速で予測可能なパフォーマンスとシームレスなスケーラビリティを特長としています。DynamoDB を使用すると、分散データベースの運用とスケーリングに伴う管理作業をまかせることができるため、ハードウェアのプロビジョニング、設定と構成、レプリケーション、ソフトウェアのパッチ適用、クラスタースケーリングなどを自分で行う必要はなくなります。また、DynamoDB も保管時の暗号化を提供し、機密データの保護における負担と複雑な作業を解消します。詳細については、「保管時の Amazon DynamoDB 暗号化」を参照してください。

DynamoDB では、任意の量のデータを保存および取得できるデータベーステーブルを作成し、任意のレベルのリクエストトラフィックを処理できます。ダウンタイムやパフォーマンスの低下を発生させずに、テーブルのスループット容量を拡張または縮小し、AWS マネジメントコンソールを使用して、リソースの利用率とパフォーマンスメトリクスをモニタリングできます。

Amazon DynamoDB では、オンデマンドバックアップ機能を使用できます。この機能により、テーブルの完全なバックアップを作成して、規制やコンプライアンス要件を満たすために長期間の保存とアーカイブを行うことができます。詳細については、「DynamoDB のオンデマンドバックアップおよび復元」を参照してください。

オンデマンドバックアップを作成したり、Amazon DynamoDB テーブルのポイントインタイムリカバリを有効したりできます。ポイントインタイムリカバリを使用することで、オペレーションによって Amazon DynamoDB テーブルが誤って上書きされたり削除されたりしないようにできます。ポイントインタイムリカバリを使用すれば、過去 35 日間の任意の時点にテーブルを復元することができます。詳細については、「ポイントインタイムリカバリ: 仕組み」を参照してください。

DynamoDB では、関連性がなくなったデータのストレージ使用量と保存コストを削減するため、期限切れになった項目を自動的にテーブルから削除することができます。詳細については、「Time To Live」を参照してください。

高い可用性と耐久性

DynamoDB は十分な数のサーバー間でデータとトラフィックを自動的に分散し、一貫した高速なパフォーマンスを維持したまま、スループットとストレージの要件に対応します。すべてのデータは SSD (Solid State Disk) に保存され、1 つの AWS リージョン内の複数のアベイラビリティーゾーン間で自動的にレプリケートすることによって、高い可用性とデータ堅牢性を実現します。グローバルテーブルを使用すると、DynamoDB テーブルを AWS リージョン間で継続して同期することができます。詳細については、「グローバルテーブル」を参照してください。

Getting Started with DynamoDB

最初に以下のセクションを読むことをお勧めします。

DynamoDB の使用を簡単に開始する方法については、「DynamoDB の使用開始」を参照してください。

アプリケーション開発の詳細については、以下を参照してください。

パフォーマンスを最大にしてスループットコストを最小にするための推奨事項をすばやく見つけるには、「DynamoDB のベストプラクティス」を参照してください。DynamoDB リソースにタグ付けする方法については、「DynamoDB のタグ付け」を参照してください。

ベストプラクティス、使用方法、ツールの詳細については、DynamoDB 開発者用リソースページ (http://aws.amazon.com/dynamodb/developer-resources/) を参照してください。

AWS Database Migration Service を使用して、リレーショナルデータベースまたは MongoDB から Amazon DynamoDB テーブルにデータを移行することができます。詳細については、AWS Database Migration Service ユーザーガイドを参照してください。MongoDB を移行ソースとして使用する方法については、「AWS Database Migration Service で MongoDB をソースとして使用する」を参照してください。DynamoDB を移行ターゲットとして使用する方法については、「AWS Database Migration Service のターゲットとしての Amazon DynamoDB データベースの使用」を参照してください。