AWS マネジメントコンソール と DynamoDB Auto Scaling の使用 - Amazon DynamoDB

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

AWS マネジメントコンソール と DynamoDB Auto Scaling の使用

AWS マネジメントコンソール を使用して新しいテーブルを作成すると、そのテーブルの Amazon DynamoDB Auto Scaling がデフォルトで有効になります。コンソールを使用して既存のテーブルの Auto Scaling を有効にしたり、Auto Scaling の設定を変更したり、Auto Scaling を無効にしたりすることもできます。

注記

クールダウン時間のスケールインとスケールアウトの設定といった、高度な機能の場合、AWS Command Line Interface (AWS CLI) を使用して DynamoDB Auto Scaling を管理します。詳細については、「AWS CLI を使用した DynamoDB Auto Scaling の管理」を参照してください。

開始する前に: DynamoDB Auto Scaling のユーザーアクセス許可の付与

AWS Identity and Access Management (IAM) では、AWS 管理ポリシーの DynamoDBFullAccess に、DynamoDB コンソールを使用するために必要なアクセス許可が含まれています。しかし、DynamoDB Auto Scaling を使用するには、IAM ユーザーには追加の特権が必要です。

重要

Auto Scaling が有効なテーブルを削除するには、application-autoscaling:* アクセス許可が必要です。AWS 管理ポリシー DynamoDBFullAccess にはこのようなアクセス許可が含まれています。

IAM ユーザーを DynamoDB コンソールアクセスおよび DynamoDB Auto Scaling 用にセットアップするには、次のポリシーを追加します。

AmazonDynamoDBFullAccess ポリシーをアタッチするには

  1. AWS マネジメントコンソール にサインインし、IAM コンソール(https://console.aws.amazon.com/iam/)を開きます。

  2. IAM コンソールのダッシュボードで [ユーザー] を選択し、リストから IAM ユーザーを選択します。

  3. [概要] ページで、[Add permissions (アクセス許可の追加)] を選択します。

  4. [Attach existing policies directly] を選択します。

  5. ポリシーのリストから [AmazonDynamoDBFullAccess] を選択し、[Next: Review (次へ: 確認)] を選択します。

  6. [Add permissions (アクセス許可の追加)] を選択します。

Auto Scaling が有効な新しいテーブルの作成

注記

DynamoDB Auto Scaling では、ユーザーの代わりに Auto Scaling アクションを実行する、サービスにリンクされたロール (AWSServiceRoleForApplicationAutoScaling_DynamoDBTable) が必要です。このロールは自動的に作成されます。詳細については、Application Auto Scaling ユーザーガイド の「アプリケーションの Auto Scaling 用にサービスにリンクされたロール」を参照してください。

Auto Scaling が有効な新しいテーブルを作成するには

  1. https://console.aws.amazon.com/dynamodb/ にある DynamoDB コンソールを開きます。

  2. [Create Table (テーブルの作成)] を選択します。

  3. [Create DynamoDB table (DynamoDB テーブルの作成)] ページで、[Table name (テーブル名)] と [Primary key (プライマリキー)] に詳細を入力します。

  4. [Use default settings (デフォルト設定の使用)] が選択されていることを確認します。(AWS アカウントにはすでに AWSServiceRoleForApplicationAutoScaling_DynamoDBTable があります)。

    それ以外のカスタム設定では、

    1. [デフォルト設定の使用] をクリアします。

    2. [Auto scaling (Auto Scaling)] セクションでパラメータ設定を行い、AWSServiceRoleForApplicationAutoScaling_DynamoDBTable が選択されていることを確認します。

  5. すべての設定が正しいことを確認したら、[作成] を選択します。Auto Scaling パラメータを使用したテーブルが作成されます。

既存のテーブルの DynamoDB Auto Scaling の有効化

注記

DynamoDB Auto Scaling では、ユーザーの代わりに Auto Scaling アクションを実行する、サービスにリンクされたロール (AWSServiceRoleForApplicationAutoScaling_DynamoDBTable) が必要です。このロールは自動的に作成されます。詳細については、「アプリケーションの Auto Scaling 用にサービスにリンクされたロール」を参照してください。

これまでに DynamoDB Auto Scaling を使用したことがない場合は、「Auto Scaling が有効な新しいテーブルの作成」を参照してください。

既存のテーブルの DynamoDB Auto Scaling を有効化するには

  1. https://console.aws.amazon.com/dynamodb/ にある DynamoDB コンソールを開きます。

  2. 目的のテーブルを選択し、[容量] を選択します。

  3. [Auto Scaling] セクションで、次の操作を行います。

    1. [読み込みキャパシティー]、[書き込みキャパシティー]、またはその両方を選択します([書き込みキャパシティー] には [読み取りと同じ設定] を選択できます。) それぞれに対して次の操作を行います。

      • [ターゲット使用率] — テーブルのターゲット使用率 (%) を入力します。

      • [プロビジョニングされた最小キャパシティー] — Auto Scaling 範囲の下限を入力します。

      • [プロビジョニングされた最大キャパシティー] — Auto Scaling 範囲の上限を入力します。

      • [同じ設定を グローバルセカンダリインデックス に適用] — このオプションは、デフォルト設定 (有効) のままにします。

        注記

        最適なパフォーマンスを得るために、[同じ設定を グローバルセカンダリインデックス に適用] を有効にすることをお勧めします。このオプションを使用すると、DynamoDB Auto Scaling でベーステーブルのすべての グローバルセカンダリインデックス が均等にスケールされます。これには、既存のグローバルセカンダリインデックスだけでなく、そのテーブルに対して以降に作成されたものも含まれます。

        このオプションが有効な場合は、個々のグローバルセカンダリインデックスに対してスケーリングポリシーを設定することはできません。

      ([書き込みキャパシティー] には [読み取りと同じ設定] を選択できます。)

      [IAM ロール] セクションで、[AWSServiceRoleForApplicationAutoScaling_DynamoDBTable] が選択されていることを確認します。

  4. すべての設定が正しいことを確認したら、[保存] を選択します。

コンソールでの Auto Scaling アクティビティの表示

アプリケーションからテーブルに読み取りと書き込みのトラフィックが送られてくると、DynamoDB Auto Scaling によってテーブルのスループット設定が動的に変更されます。

これらの Auto Scaling アクティビティを DynamoDB コンソールで表示するには、目的のテーブルを選択します。[容量] を選択し、[スケーリングアクティビティ] セクションを展開します。テーブルのスループット設定が変更されると、ここに情報メッセージが表示されます。

DynamoDB Auto Scaling の設定の変更または無効化

AWS マネジメントコンソール を使用して DynamoDB Auto Scaling の設定を変更できます。これを行うには、テーブルの [容量] タブに移動して、[Auto Scaling] セクションの設定を変更します。これらの設定の詳細については、「既存のテーブルの DynamoDB Auto Scaling の有効化」を参照してください。

DynamoDB Auto Scaling を無効にするには、テーブルの [容量] タブに移動して、[読み込みキャパシティー]、[書き込みキャパシティー]、またはその両方をオフにします。