DynamoDB テーブルのバックアップ - Amazon DynamoDB

DynamoDB テーブルのバックアップ

このセクションでは、Amazon DynamoDB コンソールまたは AWS Command Line Interface を使用してテーブルをバックアップする方法について説明します。

テーブルバックアップの作成 (コンソール)

MusicBackup を使用して既存のテーブル Music のバックアップ AWS Management Console を作成するには、以下のステップに従います。

テーブルのバックアップを作成するには

  1. AWS Management Console にサインインして DynamoDB コンソール (https://console.aws.amazon.com/dynamodb/) を開きます。

  2. バックアップを作成するには、次のいずれかを行います。

    • Music テーブルの [Backups (バックアップ)] タブで、[Create backup (バックアップの作成)] を選択します。

    • コンソールの左側のナビゲーションペインで、[Backups (バックアップ)] を選択します。続いて、[Create backup (バックアップを作成)] を選択します。

  3. Music がテーブル名であることを確認し、バックアップ名として MusicBackup を入力します。続いて、[作成] を選択してバックアップを作成します。

    
                        テーブル名とバックアップ名が入力されたテーブルバックアップ作成画面のスクリーンショット。
    注記

    ナビゲーションペインの [Backups (バックアップ)] セクションでバックアップを作成した場合、テーブルは事前に選択されていません。バックアップ用のソーステーブルは、手動で選択する必要があります。

    バックアップ作成中、バックアップステータスは [作成中] に設定されます。バックアップが完了すると、バックアップステータスは [利用可能] に変わります。

    
                        利用可能なステータスである MusicBackup のスクリーンショット。

テーブルバックアップの作成 (AWS CLI)

Music を使用して既存のテーブル AWS CLI のバックアップを作成するには、以下のステップに従います。

テーブルのバックアップを作成するには

  • MusicBackup テーブルのバックアップ (Music) を作成します。

    aws dynamodb create-backup --table-name Music \ --backup-name MusicBackup

    バックアップ作成中、バックアップステータスは CREATING に設定されます。

    { "BackupDetails": { "BackupName": "MusicBackup", "BackupArn": "arn:aws:dynamodb:us-east-1:123456789012:table/Music/backup/01489602797149-73d8d5bc", "BackupStatus": "CREATING", "BackupCreationDateTime": 1489602797.149 } }

バックアップが完了すると、その BackupStatusAVAILABLE に変更されます。これを確認するには、describe-backup コマンドを使用します。入力値 (backup-arn) は、前のステップの出力から、または list-backups コマンドを使用して取得できます。

aws dynamodb describe-backup \ --backup-arn arn:aws:dynamodb:us-east-1:123456789012:table/Music/backup/01489173575360-b308cd7d

バックアップを追跡するには、list-backups コマンドを使用できます。これにより、CREATING ステータスまたは AVAILABLE ステータスのバックアップがすべて表示されます。

aws dynamodb list-backups

バックアップのソーステーブルに関する情報を確認するには、list-backups コマンドおよび describe-backup コマンドが便利です。