Amazon DynamoDB
開発者ガイド (API バージョン 2012-08-10)

DynamoDB テーブルのバックアップ

このセクションでは、Amazon DynamoDB コンソールまたは AWS Command Line Interface を使用してテーブルをバックアップする方法について説明します。

テーブルバックアップの作成 (コンソール)

AWS マネジメントコンソール を使用して既存のテーブル MusicCollection のバックアップ MusicCollectionBackup を作成するには、以下のステップに従います。

  1. AWS マネジメントコンソール にサインインし、DynamoDB コンソール (https://console.aws.amazon.com/dynamodb/) を開きます。

  2. バックアップを作成するには、次のいずれかを行います。

    • [MusicCollection] テーブルの [Backups (バックアップ)] タブで、[Create backup (バックアップを作成)] を選択します。

    • コンソールの左側のナビゲーションペインで、[Backups (バックアップ)] を選択します。続いて、[Create backup (バックアップを作成)] を選択します。

  3. [MusicCollection] がテーブル名であることを確認し、バックアップ名として MusicCollectionBackup と入力します。続いて、[作成] を選択してバックアップを作成します。

    
                        テーブル名とバックアップ名が入力されたテーブルバックアップ作成画面のスクリーンショット。

    注記

    ナビゲーションペインの [Backups (バックアップ)] セクションでバックアップを作成した場合、テーブルは事前に選択されていません。バックアップ用のソーステーブルは、手動で選択する必要があります。

    バックアップ作成中、バックアップステータスは [作成中] に設定されます。バックアップが完了すると、バックアップステータスは [利用可能] に変わります。

    
                        利用可能なステータスである MusicCollectionBackup のスクリーンショット。

テーブルバックアップの作成 (AWS CLI)

AWS CLI を使用して既存のテーブル MusicCollection のバックアップを作成するには、以下のステップに従います。

  • MusicCollectionBackup テーブルのバックアップ (MusicCollection) を作成します。

    aws dynamodb create-backup --table-name MusicCollection \ --backup-name MusicCollectionBackup

    バックアップ作成中、バックアップステータスは CREATING に設定されます。

    { "BackupDetails": { "BackupName": "MusicCollectionBackup", "BackupArn": "arn:aws:dynamodb:us-east-1:123456789012:table/MusicCollection/backup/01489602797149-73d8d5bc", "BackupStatus": "CREATING", "BackupCreationDateTime": 1489602797.149 } }

バックアップが完了すると、BackupStatusAVAILABLE に変わります。これを確認するには、describe-backup コマンドを使用します。入力値 (backup-arn) は、前のステップの出力から、または list-backups コマンドを使用して取得できます。

aws dynamodb describe-backup \ --backup-arn arn:aws:dynamodb:us-east-1:123456789012:table/MusicCollection/backup/01489173575360-b308cd7d

バックアップを追跡するには、list-backups コマンドを使用できます。これにより、CREATING ステータスまたは AVAILABLE ステータスのバックアップがすべて表示されます。

aws dynamodb list-backups

バックアップのソーステーブルに関する情報を確認するには、list-backups コマンドおよび describe-backup コマンドが便利です。