既存のアプリケーションを DAX を使用するように変更する - Amazon DynamoDB

既存のアプリケーションを DAX を使用するように変更する

Amazon DynamoDB を使用している Java アプリケーションが既にある場合、DynamoDB Accelerator (DAX) クラスターにアクセスできるように変更できます。DAX Java クライアントは、AWS SDK for Java 2.x に含まれる DynamoDB 低レベルクライアントとよく似ているため、アプリケーション全体を書き換える必要はありません。詳細については、「DynamoDB での項目の操作」を参照してください。

注記

この例では AWS SDK for Java 2.x を使用します。レガシー SDK for Java 1.x バージョンの場合は、「既存の SDK for Java 1.x アプリケーションを DAX を使用するように変更する」を参照してください。

プログラムを変更するには、DynamoDB クライアントを DAX クライアントに置き換えます。

Region region = Region.US_EAST_1; // Create an asynchronous DynamoDB client DynamoDbAsyncClient client = DynamoDbAsyncClient.builder() .region(region) .build(); // Create an asynchronous DAX client DynamoDbAsyncClient client = ClusterDaxAsyncClient.builder() .overrideConfiguration(Configuration.builder() .url(<cluster url>) // for example, "dax://my-cluster.l6fzcv.dax-clusters.us-east-1.amazonaws.com" .region(region) .addMetricPublisher(cloudWatchMetricsPub) // optionally enable SDK metric collection .build()) .build();

また、AWS SDK for Java 2.x の一部である高レベルのライブラリも使用できます。DynamoDB クライアントを DAX クライアントに置き換えてください。

Region region = Region.US_EAST_1; DynamoDbAsyncClient dax = ClusterDaxAsyncClient.builder() .overrideConfiguration(Configuration.builder() .url(<cluster url>) // for example, "dax://my-cluster.l6fzcv.dax-clusters.us-east-1.amazonaws.com" .region(region) .build()) .build(); DynamoDbEnhancedClient enhancedClient = DynamoDbEnhancedClient.builder() .dynamoDbClient(dax) .build();

詳細については、「DynamoDB テーブル内の項目のマッピング」を参照してください。