メニュー
Amazon DynamoDB
開発者ガイド (API Version 2012-08-10)

ステップ 5: DynamoDB にデータをコピーします。

このステップでは、Hive テーブル (hive_features) から DynamoDB の新しいテーブルにデータをコピーします。

  1. https://console.aws.amazon.com/dynamodb/ にある DynamoDB コンソールを開きます。

  2. [Create Table] を選択します。

  3. [DynamoDB テーブルの作成] ページで、次の操作を行います。

    1. [テーブル] で、「地物」を入力します。

    2. [パーティションキー] フィールドの、[プライマリキー] に、「ID」を入力します。データ型を [Number] に設定します。

      [デフォルト設定の使用] をクリアします。[プロビジョニングされた容量] に、次を入力します。

      • 読み込みキャパシティーユニット10

      • 書き込みキャパシティーユニット10

    [Create] を選択します。

  4. Hive プロンプトでは、次の HiveQL ステートメントを入力します。

    Copy
    CREATE EXTERNAL TABLE ddb_features (feature_id BIGINT, feature_name STRING, feature_class STRING, state_alpha STRING, prim_lat_dec DOUBLE, prim_long_dec DOUBLE, elev_in_ft BIGINT) STORED BY 'org.apache.hadoop.hive.dynamodb.DynamoDBStorageHandler' TBLPROPERTIES( "dynamodb.table.name" = "Features", "dynamodb.column.mapping"="feature_id:Id,feature_name:Name,feature_class:Class,state_alpha:State,prim_lat_dec:Latitude,prim_long_dec:Longitude,elev_in_ft:Elevation" );

    これで、Hive と DynamoDB の地物テーブルとの間のマッピングが確立されました。

  5. 次の HiveQL ステートメントを入力して、DynamoDB にデータをインポートします。

    Copy
    INSERT OVERWRITE TABLE ddb_features SELECT feature_id, feature_name, feature_class, state_alpha, prim_lat_dec, prim_long_dec, elev_in_ft FROM hive_features;

    Hive は Amazon EMR クラスターによって処理される MapReduce ジョブを送信します。ジョブを完了するまでに数分かかります。

  6. DynamoDB にデータがロードされたことを確認してください。

    1. DynamoDB コンソールのナビゲーションペインで、[テーブル] を選択します。

    2. 地物テーブルを選択し、[項目] タブを選択してデータを表示します。

次のステップ

ステップ 6: DynamoDB テーブル内のデータにクエリを実行する