Amazon DynamoDB
開発者ガイド (API バージョン 2012-08-10)

DynamoDB 用の高レベルプログラミングインターフェイス

AWS SDK は、Amazon DynamoDB を操作するための低レベルインターフェイスをアプリケーションに提供します。このクライアント側の クラスとメソッドは、低レベルの DynamoDB API に直接対応しています。ただし、多くの開発者は、複雑なデータ型をデータベーステーブルの項目にマッピングする必要があるときに、切断、つまり "インピーダンス不整合" を感じています。低レベルデータベース インターフェイスでは、開発者は、データベーステーブルからオブジェクトデータを読み込むまたは書き込むメソッド、およびその反対の読み込みまたは書き込みを行うメソッドを記述する必要があります。オブジェクト型とデータベーステーブルの組み合わせごとに別途必要なコードの量は、対処しきれないほど多いように思われます。

開発を簡素化するために、AWS SDK for Java と AWS SDK for .NET には、高レベルの抽象化を備えた別のインターフェイスが用意されています。DynamoDB 用の高レベルインターフェイスにより、プログラムのオブジェクトと、そのオブジェクトのデータを格納するデータベーステーブルとの間の関係を定義できます。このマッピングを定義した後に、saveloaddelete などの単純なオブジェクトメソッドを呼び出すと、下位の低レベル DynamoDB オペレーションが自動的に呼び出されます。これにより、データベース中心のコードではなく、オブジェクト中心のコードを記述できます。

DynamoDB 用の高レベルプログラミングインターフェイスは、AWS SDK for Java と AWS SDK for .NET に用意されています。

Java

.NET