Amazon DynamoDB
開発者ガイド (API バージョン 2012-08-10)

レガシー条件パラメータ

このセクションでは、DynamoDB のレガシー条件パラメータを式パラメータと比較します。

式パラメーター (「DynamoDB での式の使用」を参照) の導入に伴って、旧パラメーターがいくつか廃止されました。新しいアプリケーションでは、これらのレガシーパラメーターではなく、式パラメーターを使用する必要があります。(詳しくは、DynamoDB での式の使用 を参照してください)。

注記

DynamoDB では、単一の 呼び出しにレガシー条件パラメータと式パラメータを混在させることはできません。たとえば、Query オペレーションの呼び出しで AttributesToGetConditionExpression を使用すると、エラーになります。

次の表に、これらのレガシーパラメーターを引き続きサポートしている DynamoDB API と、代わりに使用される式パラメーターを示します。この表は、アプリケーションを更新して式パラメーターを使用することを検討する際に役立ちます。

この API を使用する場合 使用しているレガシーパラメーター 代わりに使用する式パラメーター
BatchGetItem AttributesToGet ProjectionExpression
DeleteItem Expected ConditionExpression
GetItem AttributesToGet ProjectionExpression
PutItem Expected ConditionExpression
Query AttributesToGet ProjectionExpression
KeyConditions KeyConditionExpression
QueryFilter FilterExpression
Scan AttributesToGet ProjectionExpression
ScanFilter FilterExpression
UpdateItem AttributeUpdates UpdateExpression
Expected ConditionExpression

以下のセクションでは、レガシー条件パラメータについて詳しく説明します。