サポートされているデータの種類 - Amazon DynamoDB

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

サポートされているデータの種類

ドキュメントモデルは、プリミティブ .NET データ型とコレクションデータ型のセットをサポートします。このモデルでは、次のプリミティブデータ型がサポートされています。

  • bool

  • byte

  • char

  • DateTime

  • decimal

  • double

  • float

  • Guid

  • Int16

  • Int32

  • Int64

  • SByte

  • string

  • UInt16

  • UInt32

  • UInt64

次の表に、前述の .NET 型が DynamoDB の型にどのようにマッピングされるかを示します。

.NET プリミティブ型 DynamoDB の型

すべての数値型

N(数値型)

すべての文字列型

S (文字列型)

MemoryStream、byte[]

B(バイナリ型)

ブール N(数値型)。0 は false、1 は true を表します。
DateTime S (文字列型)。DateTime の値は、ISO-8601 形式の文字列として格納されます。
Guid S (文字列型)。
コレクション型 (リスト、 HashSet 、配列) BS(バイナリセット)型、SS(文字列セット)型、NS(数値セット)型

AWS .NET SDK は、 DynamoDB のブール型、null 型、リスト型、およびマップ型を .NET ドキュメントモデル API にマッピングするための型を定義します。

  • ブール型には DynamoDBBool 使用します。

  • null 型には DynamoDBNull を使用します。

  • リスト型には DynamoDBList を使用します。

  • マップ型には Document を使用します。

注記
  • 空のバイナリ値がサポートされています。

  • 空の文字列値の読み取りがサポートされています。空の文字列属性値は、 への書き込み中に文字列セット型の属性値内でサポートされますDynamoDB。 文字列型の空の文字列属性値と、リスト型またはマップ型に含まれる空の文字列値が書き込みリクエストから削除されます。