ポイントインタイムリカバリ: 仕組み - Amazon DynamoDB

ポイントインタイムリカバリ: 仕組み

Amazon DynamoDB ポイントインタイムリカバリ (PITR) は、DynamoDB テーブルデータを自動バックアップする機能です。このセクションでは、DynamoDB でのプロセスの動作の概要を説明します。

ポイントインタイムリカバリは、AWS Management Console、AWS Command Line Interface (AWS CLI)、または DynamoDB API を使用して有効にできます。有効化されると、ポイントインタイムリカバリは、明示的に無効化するまで、連続バックアップを行います。詳細については、「」を参照してくださいDynamoDB テーブルをポイントインタイムに復元する

ポイントインタイムリカバリを有効にしたら、EarliestRestorableDateTime および LatestRestorableDateTime 内の任意の時点に復元できます。通常 LatestRestorableDateTime は現在の時刻の 5 分前です。

注記

ポイントインタイムリカバリプロセスは、必ず新しいテーブルに復元されます。

EarliestRestorableDateTime では、過去 35 日間の任意の時点にテーブルを復元できます。保持期間は、35 日間 (5 週間) に固定されており、変更することはできません。任意の数のユーザーが、特定のアカウントで最大 4 つの同時復元 (任意のタイプの復元) を実行できます。

重要

ポイントインタイムリカバリを無効にし、後にテーブル上で再度有効にした場合は、そのテーブルで復元可能な開始時間をリセットします。そのため、LatestRestorableDateTime を使用して、すぐにそのテーブルを復元できます。

ポイントインタイムリカバリを使用して復元すると、DynamoDB は、選択された日時 (day:hour:minute:second) に基づく状態でテーブルデータを新しいテーブルに復元します。

テーブルは、テーブルのプロビジョニングされたスループットを消費することなく復元します。ポイントインタイムリカバリを使用してテーブル全体を復元するか、送信先テーブルの設定を構成することができます。復元済みテーブルで次のテーブル設定を変更できます。

  • グローバルセカンダリインデックス (GSI)

  • ローカルセカンダリインデックス (LSI)

  • 請求モード

  • プロビジョニングされた読み込みおよび書き込みキャパシティー

  • 暗号化設定

重要

テーブル全体を復元する場合、復元済みテーブルのすべてのテーブル設定は、復元時の送信元のテーブルの現在の設定から取得されます。たとえば、テーブルのプロビジョニングされたスループットが 50 読み込みキャパシティーユニットおよび 50 書き込みキャパシティーユニットに最近下げられたとします。その後、このテーブルの状態を 3 週間前に復元し、その時点で、プロビジョニングされたスループットは 100 読み込みキャパシティーユニットと 100 書き込みキャパシティーユニットに設定されました。この場合、DynamoDB はテーブルデータをその時点のものに復元しますが、最新のプロビジョンされたスループット (50 読み込み容量単位および 50 書き込み容量単位) を利用します。

また、送信元テーブルが存在する別のリージョンに復元済みテーブルが作成されるように、AWS リージョン全体で DynamoDB テーブルデータを復元することもできます。AWS 商用リージョン、AWS 中国リージョン、および AWS GovCloud (米国) リージョン間でクロスリージョン復元を実行できます。送信元リージョンから転送したデータと、送信先リージョンの新しいテーブルの復元に対してのみ料金が発生します。

注記

送信元または送信先リージョンがアジアパシフィック (香港) または中東 (バーレーン) の場合、クロスリージョン復元はサポートされません。

復元済みテーブルで、一部またはすべてのインデックスの作成を除外すると、復元はより高速でコスト効率が高くなります。

以下は、復元されたテーブルで手動で設定する必要があります。

  • Auto Scaling ポリシー

  • AWS Identity and Access Management (IAM) ポリシー

  • Amazon CloudWatch メトリクスおよびアラーム

  • タグ

  • ストリーム設定

  • 有効期限 (TTL) 設定

  • ポイントインタイムリカバリ設定

テーブルの復元にかかる時間は複数の要因によって異なります。ポイントインタイム復元の時間は必ずしもテーブルのサイズに直接関連していません。詳細については、「」を参照してくださいRestores