DynamoDB 有効期限 (TTL) を使用して項目を失効させる - Amazon DynamoDB

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

DynamoDB 有効期限 (TTL) を使用して項目を失効させる

Amazon DynamoDB 有効期限 (TTL) では、項目ごとのタイムスタンプを定義して、項目が不要になるタイミングを特定できます。指定されたタイムスタンプの日付と時刻の直後に、DynamoDB は書き込みスループットを消費することなく、テーブルから項目を削除します。TTL は、ワークロードのニーズに合わせて最新の状態に保たれている項目のみを保持することで、保存されたデータボリュームを削減する手段として、追加料金なしで提供されます。

TTL は、特定の時間後に関連性が失われる項目を保存する場合に役立ちます。TTL ユースケースの例を次に示します。

  • アプリケーションで 1 年間非アクティブ状態が続いた後、ユーザーまたはセンサーのデータを削除します。

  • Streams および AWS Lambda を使用して、期限切れの項目を Amazon S3 データレイクにアーカイブします。DynamoDB

  • 契約上の義務または規制上の義務に従って、機密データを一定期間保持します。

TTL の詳細については、次のトピックを参照してください。