メニュー
Amazon DynamoDB
開発者ガイド (API Version 2012-08-10)

ステップ 2: データモデルと実装の詳細を調べる

2.1: 基本的なデータモデル

このサンプルアプリケーションでは、次の DynamoDB データモデルの概念を説明します。

  • テーブル – DynamoDB では、テーブルは項目(レコード)の集合であり、各項目は属性と呼ばれる名前と値のペアの集合です。

    この Tic-Tac-Toe の例では、アプリケーションは、Games テーブル内のすべてのゲームデータを格納します。アプリケーションはゲームごとにテーブルで 1 つの項目を作成し、すべてのゲームデータを属性として格納します。Tic-Tac-Toe ゲームでは最大 9 回の移動が可能です。DynamoDB テーブルは、プライマリキーのみが必須属性である場合はスキーマを持たないので、アプリケーションは 1 ゲーム項目あたり異なる数の属性を格納できます。

    Games テーブルには、文字列型の 1 つの属性 GameId で構成されるシンプルなプライマリキーがあります。アプリケーションは各ゲームに一意の ID を割り当てます。DynamoDB プライマリキーの詳細については、「プライマリキー」を参照してください。

    ユーザーが他のユーザーを招待して Tic-Tac-Toe ゲームを開始すると、アプリケーションは、次のようなゲームメタデータを格納する属性で、Games テーブルに新しい項目を作成します。

    • ゲームを開始したユーザーである HostId

    • ゲームに招待されたユーザーである Opponent

    • プレイする番のユーザー。最初にゲームを開始したユーザー。

    • ボードで O 記号を使用するユーザー。ゲームを開始するユーザーは O 記号を使用します。

    さらに、アプリケーションは StatusDate 連結属性を作成し、ゲームの初期状態を PENDING としてマークします。次のスクリーンショットは、DynamoDB コンソールに表示されるサンプル項目を示しています。

    アプリケーションは、ゲームの進行に合わせて、ゲームで動きがあるたびに 1 つの属性をテーブルに追加します。属性名はボードの位置(TopLeftBottomRight など)です。たとえば、動きには値 OTopLeft 属性、値 OTopRight 属性、および値 XBottomRight 属性があるなどです。属性値は、動いたユーザーに応じて、O または X になります。たとえば、次のボードを考えてみます。

  • 連結属性値StatusDate 属性が、連結値属性を示します。この手法では、ゲームのステータス(PENDINGIN_PROGRESSFINISHED)および日付(最後の動き)を格納する個別の属性を作成する代わりに、IN_PROGRESS_2014-04-30 10:20:32 などの単一の属性としてそれらを組み合わせます。

    次に、アプリケーションは、インデックスのソートキーとして StatusDate を指定して、セカンダリインデックスの作成で StatusDate 属性を使用します。StatusDate 連結値属性を使用する利点について、さらに次のインデックスの説明で示します。

  • グローバルセカンダリインデックス - テーブルのプライマリキー GameId を使用すると、テーブルを効率的に照会してゲーム項目を検索できます。プライマリキー属性以外の属性でテーブルを照会するため、DynamoDB はセカンダリインデックスの作成をサポートしています。このサンプルアプリケーションでは、次の 2 つのセカンダリインデックスを構築します。

    • HostId-StatusDate-index. このインデックスはパーティションキーとして HostId を、ソートキーとして StatusDate を持ちます。このインデックスを使用して、たとえば特定のユーザーによってホストされたゲームを検索するなど、HostId でクエリを実行できます。

    • OpponentId-StatusDate-index. このインデックスはパーティションキーとして OpponentId を、ソートキーとして StatusDate を持ちます。たとえば、特定のユーザーが対戦相手であるゲームを検索するなど、このインデックスを使用して Opponent でクエリを実行できます。

    これらのインデックスは、グローバルセカンダリインデックスと呼ばれます。これは、インデックスのパーティションキーが、テーブルのプライマリキーで使用されるパーティションキー (GameId) とは同じでないためです。

    両方のインデックスがソートキーとして StatusDate を指定することに注意してください。これを行うと、次のことが可能になります。

    • BEGINS_WITH 比較演算子を使用してクエリを実行できます。たとえば、特定のユーザーによってホストされた IN_PROGRESS 属性を持つすべてのゲームを検索できます。この場合、BEGINS_WITH 演算子は、IN_PROGRESS で始まる StatusDate 値を確認します。

    • DynamoDB は、インデックスでソートキー値によってソートして項目を保存します。したがって、すべてのステータスのプレフィックスは同じ(たとえば、IN_PROGRESS)になり、日付部分に使用される ISO 形式には、最も古いものから最も新しいものの順にソートされた項目が含まれます。この手法により、たとえば次のように特定のクエリを効率的に実行できるようになります。

      • ログインしているユーザーによってホストされている最新の IN_PROGRESS のゲームを最大 10 個取得します。このクエリでは、HostId-StatusDate-index インデックスを指定します。

      • ログインしているユーザーが対戦相手である最新の IN_PROGRESS のゲームを最大 10 個取得します。このクエリでは、OpponentId-StatusDate-index インデックスを指定します。

セカンダリインデックスの詳細については、「セカンダリインデックスを使用したデータアクセス性の向上」を参照してください。

2.2: 実行中のアプリケーション(コードのウォークスルー)

このアプリケーションには 2 つのメインページがあります。

  • ホームページ – このページには、簡単なログイン、新しい Tic-Tac-Toe ゲームを作成する [CREATE] ボタン、進行中のゲームのリスト、ゲームの履歴、およびアクティブな保留中のゲームの招待が表示されます。

    ホームページは自動的に更新されません。リストを更新するには、ユーザーがページを更新する必要があります。

  • ゲームページ - このページには、ユーザーがプレイする Tic-Tac-Toe グリッドが表示されます。

    アプリケーションは、毎秒ゲームページを自動的に更新します。ブラウザの JavaScript が毎秒 Python ウェブサーバーを呼び出して、テーブルのゲーム項目が変更されたかどうかを Games テーブルに照会します。変更された場合、JavaScript はページ更新をトリガーし、更新されたボードがユーザーに表示されるようにします。

アプリケーションの動作について詳細に説明します。

ホームページ

ユーザーがログインすると、アプリケーションには、以下の 3 つの情報のリストが表示されます。

  • 招待 – このリストには、ログインしているユーザーが受け入れを保留中の、他のユーザーからの最新の招待が最大 10 個表示されます。前のスクリーンショットで、user1 は user5 および user2 からの招待を保留中です。

  • 進行中のゲーム - このリストには、進行中の最新のゲームが最大 10 個表示されます。これらは、ユーザーがアクティブに実行中のゲームで、そのステータスは IN_PROGRESS です。スクリーンショットでは、user1 は user3 および user4 と Tic-Tac-Toe ゲームをアクティブにプレイ中です。

  • 最近の履歴 – このリストには、ユーザーが終了した最近のゲームが最大 10 個表示されます。そのステータスは FINISHED です。スクリーンショットに示したゲームで、user1 は以前に user2 とプレイしています。完了した各ゲームについて、ゲームの結果がリストに表示されます。

コードで、index 関数は(application.py で)次の 3 つの呼び出しを行い、ゲームのステータス情報を取得します。

Copy
inviteGames = controller.getGameInvites(session["username"]) inProgressGames = controller.getGamesWithStatus(session["username"], "IN_PROGRESS") finishedGames = controller.getGamesWithStatus(session["username"], "FINISHED")

これらは呼び出しはそれぞれ、Game オブジェクトでラップされた、DynamoDB からの項目のリストを返します。ビューでこれらのオブジェクトからデータを抽出することは簡単です。インデックス関数は、HTML を表示するため、これらのオブジェクトリストをビューに渡します。

Copy
return render_template("index.html", user=session["username"], invites=inviteGames, inprogress=inProgressGames, finished=finishedGames)

Tic-Tac-Toe アプリケーションは、主に DynamoDB から取得したゲームデータを格納するため、Game クラスを定義します。これらの関数は、Amazon DynamoDB 項目に関連するコードからアプリケーションの他の部分を分離できるようにする Game オブジェクトのリストを返します。これらの関数により、このようにしてデータストア層の詳細からアプリケーションコードを切り離すことができます。

ここで説明するアーキテクチャーパターンは、model-view-controller(MVC)UI パターンとも呼ばれます。この場合、Game オブジェクトのインスタンス(データを表す)はモデルで、HTML ページはビューです。コントローラーは 2 つのファイルに分割されます。application.py ファイルには Flask フレームワーク用のコントローラーロジックがあり、ビジネスロジックは gameController.py ファイルに分離されます。つまり、アプリケーションは、DynamoDB SDK で行う必要があるすべてを、dynamodb フォルダの独自の個別ファイルに格納します。

3 つの関数と、それらが該当データを取得するためにグローバルセカンダリインデックスを使用して Games テーブルを照会する方法について説明します。

getGameInvites を使用した保留中のゲームの招待リストの取得

getGameInvites 関数は保留中の最新の 10 個の招待リストを取得します。これらのゲームはユーザーによって作成されましたが、対戦相手はゲームの招待を受け入れていません。これらのゲームの場合、対戦相手が招待を受け入れるまでステータスは PENDING のままになります。対戦相手が招待を辞退した場合、アプリケーションは、対応する項目をテーブルから削除します。

関数は、以下のようなクエリを指定します。

  • 関数は、以下のキー値および比較演算子とともに使用する OpponentId-StatusDate-index インデックスを指定します。

    • パーティションキーは OpponentId で、インデックスキー user ID を受け取ります。

    • ソートキーは StatusDate で、比較演算子およびインデックスキー値 beginswith="PENDING_" を受け取ります。

    OpponentId-StatusDate-index インデックスを使用して、ログインしたユーザーが招待されるゲーム(ログインしたユーザーが対戦相手であるゲーム)を取得します。

  • クエリは結果を 10 項目に制限します。

Copy
gameInvitesIndex = self.cm.getGamesTable().query( Opponent__eq=user, StatusDate__beginswith="PENDING_", index="OpponentId-StatusDate-index", limit=10)

インデックスで、DynamoDB は OpponentId (パーティションキー) ごとに、StatusDate (ソートキー) でソートして項目を保持します。そのため、クエリが返すゲームは最新の 10 個のゲームになります。

getGamesWithStatus を使用した特定のステータスのゲームリストの取得

対戦相手がゲームの招待を受け入れると、ゲームのステータスは IN_PROGRESS に変わります。ゲームが完了すると、ステータスは FINISHED に変わります。

進行中または終了済みのゲームを検索するクエリは、ステータス値が異なる場合を除いて同じです。したがって、アプリケーションは getGamesWithStatus 関数を定義し、この関数はステータス値をパラメータとして受け取ります。

Copy
inProgressGames = controller.getGamesWithStatus(session["username"], "IN_PROGRESS") finishedGames = controller.getGamesWithStatus(session["username"], "FINISHED")

次のセクションでは進行中のゲームについて説明しますが、終了済みのゲームにも同じ説明が当てはまります。

特定のユーザーの進行中のゲームのリストには、次の両方が含まれます。

  • ユーザーによってホストされた進行中のゲーム

  • ユーザーが対戦相手である進行中のゲーム

getGamesWithStatus 関数は、毎回適切なセカンダリインデックスを使用して次の 2 つのクエリを実行します。

  • この関数は HostId-StatusDate-index インデックスを使用して Games テーブルを照会します。インデックスについて、クエリでは比較演算子とともにプライマリキーの値 (パーティションキー (HostId) およびソートキー (StatusDate) の値の両方) を指定します。

    Copy
    hostGamesInProgress = self.cm.getGamesTable ().query(HostId__eq=user, StatusDate__beginswith=status, index="HostId-StatusDate-index", limit=10)

    比較演算子の Python の構文に注意してください。

    • HostId__eq=user は等価比較演算子を指定します。

    • StatusDate__beginswith=statusBEGINS_WITH 比較演算子を指定します。

  • この関数は OpponentId-StatusDate-index インデックスを使用して Games テーブルを照会します。

    Copy
    oppGamesInProgress = self.cm.getGamesTable().query(Opponent__eq=user, StatusDate__beginswith=status, index="OpponentId-StatusDate-index", limit=10)
  • 次に、この関数は 2 つのリストを組み合わせ、ソートし、最初の 0~10 項目について Game オブジェクトのリストを作成して、呼び出し元関数(インデックス)にリストを返します。

    Copy
    games = self.mergeQueries(hostGamesInProgress, oppGamesInProgress) return games

ゲームページ

ゲームページは、ユーザーが Tic-Tac-Toe ゲームをプレイする場所です。このページには、ゲームの関連情報とともに、ゲームグリッドが表示されます。次のスクリーンショットは、進行中のサンプルゲームを示しています。

アプリケーションは次の状況でゲームページを表示します。

  • ユーザーは他のユーザーを招待してゲームを作成します。

    この場合、ページはホストやゲームのステータスを PENDING としてユーザーに表示し、対戦相手が受け入れるのを待ちます。

  • ユーザーは、ホームページで保留中の招待の 1 つを受け入れます。

    この場合、ページではユーザーは対戦相手として、ゲームのステータスは IN_PROGRESS として表示されます。

ボード上でのユーザーによる選択操作により、アプリケーションへのフォーム POST リクエストが生成されます。つまり、Flask は HTML フォームデータとともに selectSquare 関数を(application.py で)呼び出します。次に、この関数は updateBoardAndTurn 関数を(gameController.py で)呼び出して、次のようにゲーム項目を更新します。

  • これにより、動きに固有の新しい属性が追加されます。

  • Turn 属性が、次の番のユーザーに更新されます。

Copy
controller.updateBoardAndTurn(item, value, session["username"])

項目の更新が成功した場合、関数は true を返します。それ以外の場合は、false を返します。updateBoardAndTurn 関数について、以下の点に注意してください。

  • この関数は、既存の項目に対する更新の一定のセットを作成するため、AWS SDK for Python の update_item 関数を呼び出します。この関数は、DynamoDB の UpdateItem オペレーションに対応します。詳細については、「UpdateItem」を参照してください。

    注記

    UpdateItem オペレーションと PutItem オペレーションの違いは、PutItem が項目全体を置き換えることです。詳細については、「PutItem」を参照してください。

update_item 呼び出しでは、コードは以下を識別します。

  • Games テーブルのプライマリキー(ItemId)。

    Copy
    key = { "GameId" : { "S" : gameId } }
  • 現在のユーザーの動きに固有の、追加する新しい属性とその値(例: TopLeft="X")。

    Copy
    attributeUpdates = { position : { "Action" : "PUT", "Value" : { "S" : representation } } }
  • 更新が実行されるために満たされる必要がある条件

    • ゲームは進行中である必要があります。つまり、StatusDate 属性値は IN_PROGRESS で始まる必要があります。

    • 現在の番は、Turn 属性で指定されている有効なユーザーの番である必要があります。

    • ユーザーが選択した四角形は使用可能である必要があります。つまり、四角形に対応する属性は存在していてはなりません。

    Copy
    expectations = {"StatusDate" : {"AttributeValueList": [{"S" : "IN_PROGRESS_"}], "ComparisonOperator": "BEGINS_WITH"}, "Turn" : {"Value" : {"S" : current_player}}, position : {"Exists" : False}}

ここで、関数は update_item を呼び出して項目を更新します。

Copy
self.cm.db.update_item("Games", key=key, attribute_updates=attributeUpdates, expected=expectations)

関数に戻ると、selectSquare 関数呼び出しは次の例に示すようにリダイレクトされます。

Copy
redirect("/game="+gameId)

この呼び出しにより、ブラウザが更新されます。この更新の一環として、アプリケーションはゲームが優勝または引き分けで終了したかどうかを確認します。終了した場合、アプリケーションはそれに応じてゲーム項目を更新します。